スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

自動車すべてEV、太陽光発電140倍 CO2の80%削減

自動車すべてEV、太陽光発電140倍 CO2の80%削減、環境省が試算
8月14日20時41分配信 産経新聞


 斉藤鉄夫環境相は14日、日本が経済成長を続けながら、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を2050年までに80%削減することができるとの分析を発表した。実現には、太陽光発電を最大で140倍に拡大させるなど、自然エネルギーを大幅に普及させることが前提。また年率2%の経済成長を維持するには、すべての乗用車を電気自動車に置き換える必要があると試算しており、コスト負担は重い。

 7月の主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)で「先進国全体が排出量を50年までに80%以上削減する」と合意したことを受けたもの。(1)1人当たりの国内総生産(GDP)成長率が年2%を維持(2)地方に人口・資本が分散し成長率が年1%にとどまる-の2ケースで試算した。

 現在、自然エネルギーの割合は6%だが、2%成長の場合で28%、1%成長でも40%まで拡大。CO2を回収して地中に貯留する技術は、2%成長ですべての火力発電所に導入し、1%成長ではCO2排出量が多い石炭火力発電所に導入する。エコカー普及では、1%の場合でもすべての乗用車を半分ずつの割合でハイブリッド車と電気自動車に転換する必要がある。


★☆★☆★☆★☆

本日のニュースより引用

これ実現すればかなり大胆なエネルギー革命ではないだろうか?

ただ、気になった言葉

「コスト負担」

うーん。
短期的な視点でしか見れてないのかな?

ロシアやアラブなど産油国に、
首根っこ捕まれ、「国益」を奪われている状況をしっかりと認識できてないような???。



太陽光発電システムは日本のテクノロジーの結晶、国産エネルギーだし
電気自動車など次世代自動車も、これからの産業分野で日本の技術力は強いから


むしろ長期的な視点で、世界エネルギー戦略的に見ると、
日本再興のチャンスとも言えると思う。


是非とも実現に向けて本気になってほしいですね!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

22 : 14 : 00 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<太陽光発電システムの保証書が届きました | ホーム | 早池峰山と携帯トイレ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/437-c5e3127e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。