スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

早池峰山と携帯トイレ

早池峰山から下山後、

河原坊のビジターセンターに立ち寄り、植物から環境までいろいろと話をした。

その中で印象に残った話を一つ。


「携帯トイレですが、登山口でも販売しているのですが、声をかけなければ買ってくれなくて...」


小田越と河原坊の2カ所の登山口にはシーズン中、登山者が多い時に350円で携帯トイレを販売しているのは以前から知っていた。



山頂には避難小屋もある。

090809hayatine4.jpg


ここでは携帯トイレの無人販売ボックスもあるが、

従来型のトイレも併設されているためか

わざわざ料金を払って携帯トイレを購入し、自分で下ろす人はほとんどいないようだ。



時代が変わり、人気山域ではオーバーユースによる、自然への負荷が問題になっている。



高機能な携帯トイレも登場し、利尻山などでは山のトイレは全て携帯トイレ対応に変わり、従来型トイレは無くなった。
アナウンスも徹底していて、登山口のみならず宿泊施設でも扱っているため、ほとんどの登山者は携帯トイレを購入してから登る。



「利尻山のように従来トイレを廃止して、全て携帯トイレブースに切り替え、告知し
登山口で売るようにしなければ難しいのではないでしょうか」

とアドバイス。



先日も北岳の右俣コースで明らかにシカや動物ではない、
“した後”が登山道脇にあり、不快感を感じたが、
実際にこのような場合でも、携帯トイレを持っていれば済むのに...と感じる


ちなみにKAZがザックの底に救急薬セットなどとともにに入れてある携帯トイレ。

サニタクリーン

最近はモンベルなどアウトドアショップでも売っているようです。
(1回分=400円)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

11 : 15 : 24 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<自動車すべてEV、太陽光発電140倍 CO2の80%削減 | ホーム | 8月の早池峰山>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/436-99c209f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。