スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

2階リビングとソーラーパネル

本日は夏らしい青空となった。

夏らしい日がなかなかない今年の夏。
普段このような日は外出していることが多く珍しい。

そこで家で仕事をしつつ、太陽光発電システムの発電状況を見てみた。

090812taiyoukou1.jpg


正午を中心とした時間帯に雲一つない青空が広がっているのが
発電量アップの重要なポイントとなる。


12時頃の段階で発電量は4.2~4.3kwで安定していた。(三洋HIT5.0kw)
090812taiyoukou4.jpg



それと気づいたこと、以前住んでいた実家では、天気の良い夏の日中。
2階はかなり暑く感じた。



ここを2階リビングにした時も「夏は暑いですからね~」と言われたのだが
、実際エアコンを切っていても、それほど暑く感じない。
090812taiyoukou3.jpg




感覚的なものだけどソーラーパネルのせいかなと考えていた。
屋根とパネルの間は基本的に高さ6cmほどの空間となっていて、風が抜けるような構造になっているのだ。
090812taiyoukou2.jpg



調べてみると、ソーラーパネルには実際に緩和作用があることがわかった。


新エネルギー財団のHPによると、
実験の結果、屋根裏の天井面の温度が「夏場涼しく、冬場暖かい」ことが実証されているという



それによると屋根表面温度は夏場70度に達し、パネル未設置だと屋根裏温度が49.32度

ところがパネルを設置すると38.4度と10.92度も下がったという


また反対に冬は屋根表面温度が-5度の時、パネル未設置だと8.12度が、パネルを設置すると13.35度と今度は逆に5.23度上がったという。



それにしても、環境面はもちろんのこと。
経済効果があるだけでなく、夏涼しく、冬は暖かいというのは都合が良いですね。

2階が夏暑いと感じる方、ソーラーパネルの設置も検討してみるのもいいかもしれません。



※東日本メディコムのHさん、資料ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

21 : 19 : 34 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<鳥海山 | ホーム | 尾瀬>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/433-fb89742a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。