スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

林床に光る氷の華

じばらく続いたデスクワーク

山の空気を吸いたくなりブラリと出かけた。

家から1時間半ほど。目的地は三ッ峠。いわずと知れた富士山の展望台。

冷え込んだ森の中を登り始める。森の中にポツポツと輝く氷の結晶。
071123三ッ峠コウシンヤマハッカ3

霜柱?かなり違う。植物の茎、根元から形成されている。


ほら、下に見える霜柱とはこんな違いがあった。
071123三ッ峠コウシンヤマハッカ4



シモバシラ?ちょっと違う。でも原理は同じ。
071123三ッ峠コウシンヤマハッカ2


枯れた地上部へ、まだ生きている根から

吸い上げられた水が地上に出て氷結したという。


だから近寄ってみるとこんなに綺麗。

まさに冬に咲く森の花ならぬ「華」...
071123三ッ峠コウシンヤマハッカ5


その名はコウシンヤマハッカ。シモバシラとは同じシソ科だけどこちらはシモバシラ属ではなく、ヤマハッカ属。
カメバヒキオコシの仲間で葉の先端が3裂しない。長野県と山梨県にだけ分布するそうだ。
071123三ッ峠コウシンヤマハッカ1



登山道沿い「氷の華」を見ながら登り切ると富士山の大展望が待っていた。

清々しい眺め...
071123三ッ峠富士山

その後はお決まりのパターン、展望台に立つ三ッ峠山荘でコーヒーを飲みつつ主人と会話。

植物の話、保護の話、会話は尽きない...。


登り足らず、ついでにもう一山登った。同じ御坂山塊の毛無山。西湖と河口湖の中間から登り始める山。
071123毛無山富士山

日没前の斜光に浮かび上がる足和田山の向こうに富士山。手前にはカヤトの原が印象的だった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

23 : 45 : 44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アバランチビーコンについて | ホーム | 機材・装備のページを更新しました>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/43-4fa17b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。