スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

7月のアポイ岳

4年ぶりで7月のアポイ岳へ登ることになった。

フェリーで苫小牧へ。飛行機で行くのに比べても半日長い程度。
090727apoi0.jpg


着岸後は様似まで2時間程度なので利便性は良い。




前回は4年前「山と渓谷」誌の取材でやはり同じ時期に登った。
企画は「田中澄江と花の百名山」

田中澄江氏が登ったのは夏の8月だったという。
天気は雨だったとある。


この時この山に固有のアポイマンテマが咲いているのを見て、
氏はその著作「花の百名山」でアポイ岳=アポイマンテマと書いた。



4年前の取材時、天気は快晴だった。
暑い中、氏がたどった登山道を進んで取材を進めつつも
企画のメインとなるアポイマンテマはほとんど咲いてなかった。


開花期は外していないはずなのに、理由は解らなかった。

アポイ岳はその時、これが初めてだったので他の写真はない。




その1年後その企画ページのトップ写真は、取材時以外の、道内の写真家の写真を借りて構成することになった。


それからアポイ岳には翌年、5月下旬の春の時期に再訪し、

その後、「温暖化と環境変化の問題」にからめた取材でも2回ほど訪れた。




前回の取材時、知り合った、アポイ岳ファンクラブのTさんとビールを飲みつつ話をしている時、
「アポイマンテマは天気が良すぎると咲かないんですよ。午前中もしくは、霧雨程度の条件が良いと思いますよ」とのこと。

そういえば田中澄江氏の「花の百名山」でも雨と書かれていたことを、その時思い出した。





今回は、その因果な種とも言えるアポイマンテマの撮影を主な目的として来たのだ。

この夏の傾向、幸いなことに雨がちで(?)夜半までずっと雨で、朝の天気も霧雨だった。



登っている最中はあまり雨が降らず、時々山頂がガスのなかから顔を出した。
090727apoi1.jpg


アポイマンテマは意外と多く見られた。
090727apoi3.jpg


※それでも全体的に見ると分布や個体数が限られた絶滅危惧種なのだけど...絶滅危惧ⅠA類(CR)


こちらは群生
090727apoi4.jpg


花色は薄桃色だったが、白いものもあった。
090727apoi7.jpg


そして本州の高山に局所的に分布するミヤマムラサキの仲間のエゾルリムラサキ。
090727apoi6.jpg

ミヤマムラサキより花色が濃く、花の大きさが大きめ
なので見応えがある。
道内でも分布は局所的のようだ。


090727apoi5.jpg

かんらん岩の岩場に群生していた。


ところで「花の百名山」では
“岩の間を縫って先ず黄色のエゾコウゾリナの大群生があちこちに現れてきた”


と書かれている。

エゾコウゾリナは、前回6月12日、学術調査に同行取材した時に咲き始めだった。
090727apoi8.jpg
※6月12日に撮影



そして今回既に多くが咲き終えていた。


「花の百名山」が出版されたのは1983年、その前は8月までエゾコウゾリナが咲いていたのだろうか。

アポイ岳では温暖化の影響でヒダカソウの開花が1~2週間早まっているとされているが、

これもその影響なのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

10 : 51 : 10 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雌阿寒岳 | ホーム | 7月の発電状況>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/426-a51992e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。