スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

北岳:シカ食害:新旧対比

さて、先日このブログでも少し触れた

北岳のシカ食害についてです。




14日、北岳登山の帰りに、芦安の環境省事務所で話をしたきっかけけで、
正式な依頼ではありませんが


右俣コースの二股~御池分岐のほぼ中間にある、樹林帯が開けたお花畑(=高茎草原)で、
昔の写真を当たってみることにしました。


その結果自分でも見比べて驚きました。




2001年7月18日
090719kitadake_kyuu.jpg





2009年7月14日
090718kitadake_shin.jpg





結果は一目瞭然です。

2009年は食べ残されたバイケイソウだけが目立ち、他の植物は食べられ短く刈り込まれたように背が低くなっていますが


2001年はミヤマキンポウゲやシナノキンバイの黄色がもっと目立つほか、ミヤマシシウドなどのセリ科植物やシダ植物(ヤマドリゼンマイか?)、イネ科植物(イワノガリヤスか?)など密度ももっと高く、多種多様な植物が見られます。


うーん。このままでは北岳もヤバイですね。
迅速に対策とらないと...。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 54 : 08 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<NHK趣味悠々 | ホーム | 梅雨に戻り?>>
コメント
7/19~21で北岳へ行ってきました。
高茎草原って、2001年はあのような風景だったのですね。
今回、鹿の姿は見かけませんでしたが、やはり夜間に活動しているのでしょうか。
対策が必要なことに同感です。
入山料を500~1000円くらい設定して、それを対策に充てては?と思ったりします。
by: もくべ * 2009/07/22 07:30 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
コメントありがとうございます。

盗掘問題にやや似ていますが、昔の様子を記録した写真などがないと、今目の前に広がる景色が、「普通ではない」と気づきにくいので、新旧対比は意味のあることと感じます。


シカは警戒心が強いので最初は夜間に活動しますが、そのうち慣れてくると白昼堂々と人間の前に姿を現すと言われています。

※どうも南アルプス南部ではすでにそのような状況らしいです。
by: kaz * 2009/07/22 08:32 * URL [ 編集] | page top↑
ども!。
写真の比較、まさに一目瞭然ですね。
2009年の景色はなんとも寂しいですね。このままだと北岳のお花畑もはげ山になってしまいそうですね。
定点観測は重要ですね。温故知新。今だけ見ても何もわかりませんものね。
by: azm * 2009/07/23 00:10 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
こんにちは。

どうも山梨県庁も調査を始めたらしいのですが、やはり実際に頭数を管理してくれないとね。食圧がかからない程度に

それこそ広河原に食肉加工施設を作ってそこで、加工した肉を山小屋で食べるのもアリかなと思うところではありますが。
by: kaz * 2009/07/23 01:06 * URL [ 編集] | page top↑
猪や鹿などの獣害対策に日本オオカミ協会ホームページの"Q&A"にあるように狼の導入を!
by: 名無し * 2013/01/09 18:48 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/413-b4e78a5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。