スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

至仏山

5~6日は尾瀬の至仏山へ。

家を出るのが遅れたため出発が遅くなってしまい、鳩待峠から歩き始めると多くの下山してくる登山者とすれ違う。

撮影しながらなのでペースはゆっくりだ。




「昨日も午後雷だったけど、今日も同じような天気らしい」と気をかけて話してくれた沼田からの人。

確かに空を見るとなんとなくイヤラシイ。
090707shibutusan1.jpg




雷には過去何度か怖い目に遭っているが、数年前三俣蓮華岳の稜線上で岩陰に2~3時間身を潜めていたこともある。

この時は午前中晴れていて、午後2時頃わずか1~2時間で天気が急変したのだ。

そしてその日、帝釈山では複数の登山者が落雷事故で死傷した。




山頂への途中にあるベンチで休憩して、携帯の天気予報を調べていると「雷注意」の表示

山頂付近も黒い雲で覆われ始めていた。

この先は森林限界上なのでリスクが高まる。

なんとなく、直感で行く気がしなくなり、下りてしまった。

「まあ、また明日でいいやと」



しかし結果として
夕方かなり遅くまで雷はなかった。



でもまあいい。
変わりやすい山の天気なのだから。


《6日の撮影》
ホソバヒナウスユキソウ
090707shibutusan2.jpg


ジョウエツキバナノコマノツメ
090707shibutusan3.jpg


他にジョウシュウアズマギク、オゼソウ、クモイイカリソウなど咲いていた
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

08 : 56 : 42 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オゼソウとテシオソウ | ホーム | 高山植物と保護に関する講演>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/402-d619b4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。