スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

崕山取材

19日、3年ぶりに夕張山地、崕山を訪れた。


090619kirigisi2.jpg

この山は希少植物の保護のため、
入山制限という画期的な取り組みをしている。



「山と渓谷」2006年9月号取材で参加した「モニター登山会」の記事を目に通した方なら、
だいたい分かると思うが、



1泊2日のプログラムで1日目は事前学習、2日目に登るが、ルートは沢登りを含む中級で決して易しくない。石灰岩からなる特殊な地質に成立している、希有な植物群落を外来種の種子から守るための方策でもあるのだ。



その代わり参加者はホテイアツモリなど今現在、一般登山道沿いで見ることがまずできなくなった希少種たちを間近で観察することができて
090619kirigisi1.jpg



同時に希少植物保護政策についていろいろと考えて、学び、経験することができる。

他の山ではまずできない貴重な体験といえる。





今回は雑誌の企画「入山制限10年、これまでの成果とこれから」のため学術調査を取材した。

詳細は長くなるので、誌面に出るまで待っていただくとして




前回の取材から今回までの間に変化したことと感じたこと。


入山制限最初の年である1999年、この年の学習登山会は定員の枠に対し19倍の応募があり、抽選で当選した人が参加できたが、2006年の取材時で3.5倍


最初は道内から応募がほとんどだったが、年ごとに道外が増え、
「山と渓谷」で紹介後も本州からの人が増えたという。



今年は1/5が道外で、また定員に達しなかったため、抽選が行われなかったという。


しかし応募人数が減っても地元、芦別市や山を管理する林野庁とも、
入山制限や、モニター登山会の緩和などは一切考えていないという。

少し考えてみれば当然とも言えるのだが、少なくともこの社会が進歩し盗掘などが絶えない限り、あり得ないだろうし、またするべきではないとKAZも考える。



道内の関心が高い人はだいたい参加済みだからか、または最初の19倍という高い抽選の倍率が先走り諦めている人が多いからだろうか?



抽選が行われなかった今年からしても、今は逆にチャンスといえないだろうか、と感じる。

特に道外の希少動植物の保護関係者にとっては「保護政策への強い哲学」について学ぶことも多い
のだから。
また、保護関係者でなくても、ホテイアツモリなどを見られる素晴らしい体験の合間に地元の人たちの努力を計り知ることができる。


実際に、種の多様性はただでは守れない。そのために崕山を守る地元の労力にはもっと分配しても良いと感じるし、今国立公園で盛んに議論されている「入山料」に当たる部分についても必要なのではないかと感じた。



崕山に咲く希少種たち
トチナイソウ
090619kirigisi4.jpg

キリギシソウ
090619kirigisi3.jpg
関連記事
スポンサーサイト
10 : 38 : 50 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<太陽光発電システム運用1ヶ月 | ホーム | 北海道取材>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/397-9c3740f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。