スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

新書「高山植物」印刷立ち会い

6/1発売予定の「高山植物ハンディ図鑑」小学館、ですが、
いろいろと校正も多くなり、念校まで出してもらい、本日からようやく刷り始めるとのこと。


本日はは印刷会社での立ち会い確認のため、千葉県は東葉勝田台まで。

印刷は日本写真印刷株式会社

小学館の図鑑シリーズなど、写真を優先した印刷物のクオリティで定評のあるとのこと。



色評価蛍光灯が完備された20畳くらいの校正室で、見本刷りの確認。
090519innsatu2.jpg



本番の印刷機で1万5千部刷る前に、発色傾向などを確認するわけです。

印刷会社の営業担当の方2名と、小学館の図鑑編集部のK編集長も一緒に目を通し、指摘をしていただきました。


その後表紙カバーの確認のあと、
090519innsatu1.jpg


昼食を挟んで3時前に2回目の印刷。



さて、ここでマル秘?裏話を少し。
不快に感じた関係者は読み飛ばしてくださいね...(^_^;)

印刷業界では凸★印刷か、★日本印刷の大手2社がかなりのシェアを占めてそうで、昨年KAZが出版した「八ヶ岳・霧ヶ峰植物手帳」(JTBパブリッシング)も凸★印刷でした。



図鑑として同定にわかりやすい写真の構図やセレクトについては好評だったのですが、


印刷に関してどうも実際の作業はいつも決して本体というわけではなく、さらに発注し、下請け?あるいは孫?という状況らしく、デジタルデータの印刷結果は、実際のところ「もうちょっとパキッと出てもいいと思うけど...」というのが正直なところでした。



これについては単純に製版前のデータを扱う、プリプレス作業にコストがかけられなくなっているとのことらしいのですが、とりわけ驚いたのは返却ポジフィルムに...
※うーん恐ろしくてこれ以上かけません(笑)


しかしながら今回の新書の図鑑は切り抜き精度など非常にレベルが高く、「よくもまあ、こんなに綺麗に切り抜いてくれて...」と感心したものでした。


今回は初稿、再校、念校、とこれだけステップを踏み、さらに印刷立ち会いとなると、ある程度の緊張感とともに、発色傾向についてのコンセンサスもとれるとのことでしょうか。



これまで作成したRAW現像、TIFF画像作成、個々について、実は反省点も見えてきました。同時に「しっかりとした結果を残す仕事のプロセス」という意味で自分にとっても良い勉強になりました。


関連記事
スポンサーサイト
23 : 38 : 05 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<PEAKS刊行 | ホーム | サワトラノオ>>
コメント
KAZさん、ども!
いよいよ大詰めですね。
先日、歌川(安東)広重の版画の本を読みました。江戸の木版画を再現する試みの過程をまとめた本です。元絵を描く広重、そして彫り師、刷り師の多岐にわたる技術の結晶としての木版画の作品が出来上がっていくプロセスが描かれていました。現代の印刷もデジタルとはいえ、いろいろな人の技術の結晶として出来上がっていくところは、広重の頃の木版の作品と通じるところがありますね。
by: azm * 2009/05/20 01:20 * URL [ 編集] | page top↑
すばらしい!
また、いろいろ聞かせてください。

ちなみに、モニターまだ繋げられていません。
デュアル化はできそうです。

関係ないですが、ペンタから新ボディーの発売が間もなくされる予定で、その予算確保が…無理か…。
by: D-suke * 2009/05/20 13:17 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
コメントありがとうございます。

翌日も同じ印刷所で立ち会い作業でした。その後K編集長と近くの居酒屋へいったいのですが、

久々だったので、すっかり回ってしまい、なんとかふらふらで帰り、

翌日は二日酔いでした。(・・。)ゞ
by: kaz * 2009/05/21 13:13 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/375-f70aeec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。