fc2ブログ

国産品選びと太陽光発電システムの関連

国産食材を選んで購入し食べる
日本製の家電製品を購入すること

品質、安全をおいて安いからと安易な選択をしないこと
これらは将来より大きく自国の産業の活性化につながる。



エネルギー問題についても同じことが言えるのではないか。

日本は化石燃料の資源が乏しい国である。
エネルギーはほとんど外国からの輸入に頼っている

日本の発電所のエネルギーの割合は4割が原子力だが、
5割は石炭、石油など、天然ガスなどの化石エネルギーだ。



ロシアは国家が軸となって露骨な資源エネルギー政策を展開し、
シベリアのガス田などで領土問題など意にも介さず、日本のエネルギー企業を翻弄させてきた。

中東ではつい先日まで莫大なオイルマネーがまるで「我が世の春」のごとく砂漠の都市を席巻していた。




太陽光発電システムは設備の初期投資は確かにかかるが、一般的に日照など条件が合っていればその後はほぼメンテナンスが必要なく10~15年で減価償却が可能とされる。

※来年以降、太陽光発電で発電した電力は倍の単価で電力会社に売れることが発表されたので、となると実際には10年未満で可能となる。




これは、世界エネルギー、資源戦略で考えた場合、別な言い方で裏を返すと

今までは中東やロシアで足下見られつつも原油、天然ガスを仕方なく高値で買わされていたけど、これからは、

「もう貴国からは高いカネ払ってまで買う必要ない...。その代わり、同じ金額をメーカー、業界など日本の技術力に対して払うことにします」


との意味にもとれよう。



つまり食品、工業製品と同様、内需拡大にも貢献している。

1に温暖化など環境問題
2に光熱費削減などコスト面から、

そして3番目にエネルギー戦略、国内産業の活性化でも太陽光発電システムは重要な役割を果たすといえよう。



………………………………………

本日正式に太陽光発電システムをサンヨー5kwで契約

3番目も国産食材、日本製派のKAZにとっても重要なポイントでした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

23 : 05 : 37 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<再びカンヅメの日々 | ホーム | 太陽光発電システムの導入を決めました>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/343-e591717c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード