スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

北アルプス南部アイスクライミング

このところ毎日、カンヅメ状態でデスクワーク...単行本の写真選定、執筆作業の日々



そのようななか長野県在住のKガイドから魅惑的な電話

「未発表のアイスエリアを発見した。穴場的でかなり面白く、しかも氷瀑も沢山ある。発表したいので、一緒に登りに来て撮影してほしい」

Kガイドは同じガイド組織で近くに住むYガイド含め3人で3日間入るとのこと。



3日間参加はとてもキビシイけど、土日仕事で家にこもったあと3月2日の日帰りでKAZも参加することに。

毎日仕事で植物関係のことで頭がいっぱいだったので、たまには弾けたいのだ。




谷からアプローチすること約1時間、本当にこんなところに滝があるのか?
と思いつつゴルジュを超えると谷が開け明るい感じで滝が左岸に見え始める。

090302ice1 (1 - 1)


次に側壁に掛かるカーテン状の氷瀑。3段で70mくらいか。

090302ice2 (1 - 1)



次にメインとなる2段の滝。最初は50m、次に右と左に分かれる。最初の50mは巻くことも可能。

090302ice3 (1 - 1)


上段、右は完全な氷柱25mくらいか

090302ice4 (1 - 1)



左は40mくらいでラインがいくつもとれそう。
090302ice5 (1 - 1)


ガイドを目指す若手クライマーのIさんがリードで登り始める。
090302ice6 (1 - 1)


Iさんが登り切り、次にKAZがカメラを持ってフォローで登る。
傾斜85°くらいか。

なんと今シーズンは初アイスだったが、フォローだったのと凹角ラインで氷の質も良くてアックスがよく刺さったため、快適に登れた。

途中まで登り、スクリューを決めてぶら下がってカメラを構えて下を見る。

撮影はフォローで登るYガイド

090302ice7 (1 - 1)


少し上にはややナメ状の氷瀑もある。


皆様、お疲れ様でした。

※エリア名はそのうちRock&Snow(山と渓谷社)で公表する予定です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

09 : 13 : 09 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アイス追加写真 | ホーム | 固定価格買い取り制度>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/340-a3892072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。