スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

知られざる正面からの写真を求めて

このところすっかり秋らしくなって来ました。

高山では今、花が終わり草紅葉の季節です。
この夏の取材・撮影も高山植物に関してはほぼ一段落といったところでしょうか。



忙しかったなどで未発表のままとなっているもの。
成果を順次アップしていきたいと思います。


まず、最大の成果はチシマツメクサの花を撮影したことです。
※花の大きさは最小に近いかも!?


チシマツメクサ(ナデシコ科ツメクサ属)
環境省絶滅危惧ⅠA類。

分布は長野、青森が生育、富山が現状不明・文献情報となっています。(これに関しては北海道、長野、富山?と思いますが...)


本種に関しては写真が掲載されている図鑑が非常に限られ、特に花がしっかりと写っているものとなるとほとんどないばかりでなく、

WEB上でも写真はほとんど見つけられません。


主な詳しい図鑑は


「日本の野生植物」平凡社1982年…利尻島での撮影とありますが、花はなく、葉と果実のみ

「日本の高山植物」山と渓谷社1988年…花弁がない花の写真のみ。記述には「普通白い花弁があるがまれにこのように花弁がないものもある」と書かれている

「高山に咲く花」山と渓谷社2002年…基本的に「日本の高山植物」と同じ写真と推測される。葉のみの写真も掲載

「信州高山高原の花」信濃毎日新聞社1992年…精力的だった今井建樹氏の撮影で、かろうじて花が開き始めた株の写真はあるが、横顔のみ。


「しっかりとした写真がないのなら、オレが撮影してみようじゃないか」と今年までに何回か数日かけて登りました。

そして見つかりました。
花は予想外に綺麗だという印象。


※ しかし、その後「新北海道の花」北海道大学出版会2007年、という新しい図鑑で花の正面からの写真も掲載されていることを知りました。掲載サイズは小さいものの利尻山での撮影。

さすが北海道を網羅するUさんです。
しかし本州中部のものより、いくぶん矮小?やや異なる印象でした。

花の写真、続きは次回で…ご期待下さい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

10 : 46 : 55 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<チシマツメクサ | ホーム | EOS5D MarkⅡ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/264-1705ead6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。