FC2ブログ

PX-5600レポート1

新しく導入した顔料インク、A3ノビ対応プリンタ、エプソンPX-5600、少しずつ特性や出力傾向を掴み始めている。


先日初めてA3ノビに出してみた。ダイレクトプリントでは半切に相当する大きさであり、やはり大きい出力は迫力が違う。
080809print.jpg
※A4サイズとの比較


このプリンタはキャリブレーションを行わなくても、ドライバに付属されているプロファイルで正確に色が出るとの評判。

Photoshop CS3を使用した場合、ソフト側でカラーマッチングを指定するのが一般的とのことだが、

KAZの場合、「プリンタによる色管理」を選び、プリントプロパティでマニュアルにし、彩度、濃度を調整する方法が一番しっくりくるようだ。

これで、ほぼモニター画面で表示された通りの色が狙い通り出せる。

しかし、確かに忠実なものの、色味の派手さ、光沢感はエプソンで同じ筐体を使用しA3ノビ対応の兄弟機であるPX-5300の方が上のようだ。

※価格は2万円ほど安価でインク構成が異なる

5600はあくまで落ち着いた光沢感であり、発色もきわめて忠実だ。

しかし敢えて言うと、ポジを入稿して印刷した結果のような「期待以上」の派手な発色などはしない。

しかしそこは、やはりソフトで調整するべきもので、「モニターに忠実」であることこそプリンタに求められる重要な点なのだろう。

非常に秀逸な性能で、まさにプロ仕様のプリンターと言えるが、インク容量も少なく、コストがかかるのがタマにキズである。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

19 : 49 : 25 | カメラ、PC関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<小川山キャビン | ホーム | EOS 5Dは20万円の価値があるか?>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/224-f6593fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード