FC2ブログ

白馬~朝日縦走2日目

本日は白馬岳から雪倉岳を越え朝日小屋まで。

予報に反して朝から曇りがちでパッとしない。

白馬岳山頂付近では雪解けが遅い斜面にウルップソウが咲いていた。
080731uruppusou.jpg


三国境を過ぎると、白馬岳周辺の賑わいから解放される。この先の縦走路は静かでじっくりと楽しめる。

その代わり途中に小屋もなく行程は長い。撮影の場合さらに時間がかかる。

雪倉岳までは蛇紋岩主体となり

赤茶け荒涼とした大地は独特の景観となる。
080731ibukijyakousou.jpg


そこに生える植物はこのホソバツメクサを始め
080731hosobatumekusa.jpg


ヒゲハリスゲ、クモマミミナグサ、ウメハタザオ、ミヤマムラサキなど少し珍しい種が多い。
080731miyamamurasaki.jpg


クモマスミレも多かったが、残念ながら花はほぼ終わりだった。

雪倉岳を大きく下りきると樹林帯のなか雪田草原がでてくる。

雪解けが遅い雪田ではハクサンコザクラが満開。
080731hakusankozakura.jpg

ミズバショウやリュウキンカも咲いていた。
080731mizubasyou.jpg



本日の山小屋、朝日小屋
080731asahigoya.jpg



女性が切り盛りしているというだけありこのようなサービスも
080731asahigoyauketuke.jpg


手作りの夕食もウマイ。食前酒がサービスで、器も安っぽくなく凝っている。山小屋の食事とは思えないほど。
080801asahigoya_yuusyoku.jpg


食後は本を読みながらこのようなセルフサービスで一杯200円クッキー付きのコーヒーも
080731asahigoyacoffee.jpg

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

09 : 56 : 30 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<白馬~朝日縦走3日目 | ホーム | 白馬~朝日縦走1日目>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/217-6759707d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード