スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

木曽駒ヶ岳withEOS 5D

本日は中央アルプスで撮影

今回メイン機となるフィルムカメラEOS1vの代わりに、首から下げるのはEOS 5D
フルサイズセンサーを搭載したカメラだ。購入した訳ではない。
ある事情からキャノンから借りた。
080729_5d.jpg

※これに関しては使用レポートを後ほどまとめます。


で、木曽駒ヶ岳はロープウェィ利用で手軽に高山へ行ける。

3年ぶりの中央アルプス。いくつか撮影したい対象もあり選んだが、千畳敷に着くとあいにくのガスと曇りのあいにくの天気。


まず中央アルプスの固有種ヒナウスユキソウの群落
080729isokomausuyukisou1.jpg

こちらのヒメウスユキソウ。日本のウスユキソウ属のなかでも最も小振り。

通常ウスユキソウ属では中心部の頭花が1つあり、そのまわりに5~8つくらいの頭花が囲っているのですが、
080702hayatineusuyukisou.jpg

※ 参考、ハヤチネウスユキソウ


本種は頭花が多くて3~4個。なかには2つという個体も。
080729usuyukisou03.jpg


ちなみに通常中心部から先に咲き、中心部が終わると周辺部が咲く。

小振りなのは風化されても養分に乏しい花崗岩だからでしょうか。
でも、白い花崗岩に群生する小型のウスユキソウもいい。
080729usuyukisou2.jpg


そして、沢筋で撮影した少し変わったアブラナ科の高山植物。ハクセンナズナ
080729hakusennazuna.jpg


一見アブラナ科ではなくゴマノハグサ科のように見える。
分布は比較的限られていて、本州では月山、飯豊山、鬼怒沼山、中央、南アルプスのみという。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

07 : 26 : 17 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<白馬~朝日縦走1日目 | ホーム | バイオテックストレッキングタイツ メッシュタイプ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/215-a04335f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。