fc2ブログ

富士山清掃登山

KAZは高校生の時から山岳部でした。小田原市にある相洋高校山岳部では、KAZが現役時代から毎年富士山の清掃登山を実施していて、今年で50年目。

梅雨期間中の山開き前後に行われ、OBも参加します。

今年はやや早めで山にも残雪が残るとのこと。残念ながら天気予報も良くないようです。

須走浅間神社でお祓いを受け
080621sengenjinjya.jpg


雨のなか須走5合目を出発。最初は樹林帯を登ります。
080621gogoume.jpg


ゴミ袋を手に登山道沿いのゴミを回収。
080621gomikaisyuu.jpg


KAZも今回50㍑袋一杯分くらい拾って回収しました。普段の(山からエネルギーをもらっている)恩返しと思えば、なんとなく気持ちの良いものですね。

6合目付近はミヤマハンノキやミヤマヤナギが今花盛り。フジハタザオなどはつぼみでした。
080621miyamahannnoki.jpg



ゴミの中にはこのような電池も。年代物もあり、マンガンやリチウムといった金属物質が溶け出して麓のわき水になると考えると恐ろしいものです。
080621dennti.jpg


環境面からはもちろんですが、特にリチウムなど希少金属は資源エネルギー政策の面からも、国家政策として回収リサイクルをもっと推進して欲しいものです。


登山者の意識として「ゴミの持ち帰り」という意識が浸透した現在、登山道脇のゴミは減少傾向で年々少なくなっています。目立つのは昔のゴミ、つまり埋めていた時代のゴミ。
080621gomi_mukasi.jpg


そして小屋の廃材です。これに関しては小屋で責任をもって回収してほしいものです。
080621haizai.jpg



さて登山ですが、7合目太陽館に宿泊しました。翌日は2時出発で山頂を目指しましたが、天気が依然として雨が続き、上部は風も強く、残雪に現役部員は技術的な不安なことから8合目を目前に引き返しました。
080622taiyoukan.jpg


KAZはアイゼンなしで、ピッケルだけでも大丈夫なのですが、特に現役1年生部員は雪慣れしてなく、雪の斜面はアンザイレンしての下降となりました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

10 : 50 : 13 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<富士講の遺産:古銭 | ホーム | アツモリソウが生える豊かな草原環境とは>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/06/23 19:16 * [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/187-11ce3166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード