fc2ブログ

盗掘されたギンラン

本日でGWは最終日。最初は北海道へ行く予定でしたが、結局関東近辺でした。

風が強いものの、天気が回復した本日、外出したいところですが、仕事があるため家で。
しかし買い物を兼ねてMTBでいつもの里山散策コースへ。

3日のブログに書いたクゲヌマランを見つけたコナラ林とは別の雑木林へ。
KAZのジョギングコース沿いにあり、7月にはオオバノトンボソウが見られる雑木林です。

ここにもギンランがありますが、今年はササバギンランが多く見られ、このような立派な株も。
080506sasabaginran.jpg



そして、なんとここでもクゲヌマランを確認。
080506kugenumaran.jpg


これまでで一番花付きがいいようです。
080506kugenumaran2.jpg



少し離れた場所ではこのようなキンランの群生も見られました。
080506kinran.jpg


天気も良く気温も高いため花の開き具合もいいようです。
080506kinran2.jpg


今年はキンラン、ギンランの仲間、花付きが良いようです。

3日の日に見てこのブログにもアップした、行儀良く2本並んだギンランの株を改めて撮影しようと見たところ、

なんとありません。

よく見たところ穴が二つ残され、その脇には無惨に折られたギンランがあるではありませんか。
080506toukutu.jpg

3日間のうちで盗掘されてしまったようです。

人が歩く散策コース沿いに咲いていたのですが...。



きっと、盗掘した人にこう語りかけているのでしょう。

「お願いだから、私を掘り起こさないで…。庭には移されてもいつかは絶えちゃうだけ…。
毎年私に会うことを楽しみに来る人が大勢いるのに….この場所で」


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

21 : 04 : 08 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<箱根へ | ホーム | 妙義山、ミョウギイワザクラ撮影>>
コメント
re:
まず、北海道では在来種のタンポポと言えばエゾタンポポとなるのだけど、種としてはカントウタンポポに近く、総苞外片は反り返らないと思う。

確かに礼文島でも道ばたなどではセイヨウタンポポ見たけど、山奥まであるのか、どれだけ進出しているのかはKAZは実際の所よく知らず???かな。

http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/news/news/2001/2001.html

またそれに関連した話

http://futarinoyakata.web.infoseek.co.jp/ezotanpopo.htm

確かに少ないようだが...。

by: KAZ * 2008/05/10 14:55 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/152-e602c31e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード