スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

恵那山

GW最終日の6日、岐阜・福井からの帰り道の途中にある
これまた初めてとなる恵那山に登ることにした。


130505-1-0568.jpg

※神坂峠付近からの恵那山


☆★  ☆★


長野・岐阜両県境の神坂峠からの往復で計画していたが、
朝、駐車場に止まっている車が他にいない。

「おかしいな」と思い登山口の掲示板の地図を見ていると
もう1カ所登山口があり、そこからの方が山頂まで近そうだった。


kazの地図(2000年発行昭文社)には載っていなかった。
しかしその長野県側からの登山口へは林道が車両通行止めのため行けない。


結局、神坂峠を8時20分出発。

130505-1-0528.jpg


山頂まで標高差は600mだが、途中アップダウンが多く、
登りコースタイムで4時間40分となっている。



鳥越峠先の開けたピークから見た恵那山。
どっしりと構えたような山容だ。

130505-1-0650.jpg


見上げると山頂の上に雲のドーナツが!

130505-1-0620.jpg


まるでポン・デ・リングのような形状だなあと真っ先に連想。

http://www.misterdonut.jp/m_menu/donut/dpd01.html



大判山手前には特に危険はないが崩落斜面もあった。

130505-1-0615.jpg



アップダウンが終わり、山塊へと登り始めると積雪が出てきて、
この先はキックステップの残雪期登山に。

130505-1-0726.jpg



部分的に急なので、初心者であれば軽アイゼンにピッケルがほしい。
こちらはトレッキングシューズだったが、


もっとしっかりとした縦走対応の登山靴の方が
キックステップしやすいのでそちらも持ってくるべきだったと少し反省。


山頂の一角には避難小屋もあり、中は快適そうだった。

130505-1-0764.jpg


山頂付近は背の低いシラビソやコメツガなど針葉樹林のなかを進む。

130505-1-0792.jpg


山頂13:20着 展望があまり開けてなく、
やぐらが組まれて一応少し展望が望めるようになっていた。


130505-1-0802.jpg



さて、山頂で最新の登山地図を確認したいため、
「地図を持っていたら見せてもらえますか」と

声をかけたら、4人目まで全て「ありません」との返事。
5人目で雑誌やムックのコピーの地図を見せてもらえた。

現在では地図なし登山も普通なのだろうか。。。
と「持っていて当たり前だろう」と思って訊いたので戸惑ってしまった。(^^;)


見せてもらったコピー地図とGPSもあったため、新しい登山口である広河原登山口へと縦走。

130505-1-0824.jpg



踏み跡もしっかりとついていて、やはり現在では「最短ルート」人気なのだろう。




広河原登山口15時40分着。

130505-1-0903.jpg



このあと荒れ気味の林道を1時間少し歩いて神坂峠へ。

130505-1-0912.jpg

それにしても林道斜面も荒れていた。


結局、周回コースで縦走した。
時間はそれなりにかかり、より疲れたが

すばらしい恵那山の山容も眺めながら登れたので、
やはり神坂峠ルートの方が良かった、と感じた。



この日の登山道沿いの植物たち


ショウジョウバカマ(ユリ科)

130505-1-0546.jpg



神坂峠付近に多く見られた


バイカオウレン(キンポウゲ科)

130505-1-0589.jpg



広河原登山口の河原に咲いていたスミレ

130505-1-0895.jpg


タチツボスミレだと思うが、
なんとなくケイリュウタチツボスミレに近い特徴もあった。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

13 : 17 : 22 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<50000kmオーバー | ホーム | 荒島岳>>
コメント
未踏の山ばかり。。。
こんにちは~

GWはかなり忙しく山歩きだったのですね。
西日本の山はまったく手つかずで未踏ばかりです。

最近はスマホに地図を入れて持ち歩く人も多いですね。僕もその一人です電池の問題もありますが自分の居場所がすぐにGPSでわかるのが便利です。

昭文社のは毎年新年度版が出てますけど流石に毎年購入するわけにもいかないですよね・・・
by: てばまる * 2013/05/20 17:00 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
こんにちは~。

そういえば昭文社の地図も電子版があったような。。。

こちらも地形図表示のGPSが欠かせないですね。

ですが、どうも最近の「100名山ガイドブック」をはじめとするガイド本には、地図も大きく、等高線入りであり、これを自宅のスキャナつきプリンターで簡単にコピーして持って行く、というのが増えているような気がします~

昭文社は事実上独占状態なので、どんどん値上げですね(>_<)

対抗馬でてくんないかなぁ。
by: kaz * 2013/05/20 17:35 * URL [ 編集] | page top↑
電子版
こんばんは~

昭文社の電子版出てますね。実際購入して地形図のアプリと併用して使わせてもらってます。紙版の約半額の価格です。地図は紙版とまったく同じです。最新版へのアップデートとか機能があれば良いのですが新版を「買わせる」システムです(>_<)
by: てばまる * 2013/05/20 21:46 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1145-a00078ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。