スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ソーラーフロンティアCIS5.25kw1年経過

茅ヶ崎市の実家の太陽光発電、ソーラーフロンティアCIS5.25kwが1年経ったので
報告を聞きました。


130415-1.jpg


130416-2780.jpg


2012年4月13日記事


2012年4月28日記事



20012年4月12日の運転初日は午前10時に連系開始のため、
初日のデータを除き、4/13までの365日の実績で改めて算出してみます。

発電量 7311
消費量 3519
売電量 6476
買電量 2684
自給率 100%



・単身世帯という点が大きいのですが、全電化で消費電力の約2倍の電力を生み出しています。


・売電も6476kwhで42円の単価をかけても年間27万円ほどになりました。


・ソーラーフロンティアのシミュレーション値(年間積算予測5451kwh)比では148%の発電量になりました。


・1kwあたりの発電量は1392kwhで、約30km離れているため厳密には比較出来ませんが、
kaz(HIT5.04kw)は1419kwhですので、比較するとほぼ互角になりました。
もし実家に陰の影響がなければややCISの方が上回るでしょう。


・設置角度(20°)と冬場は陰の影響が出やすい(平屋で両隣が2階建て)ことから、
kaz(HIT5.04kw)と比べると冬は発電量が少なめ、夏は逆にCISの方が多めでした。



・グラフを見ていても快晴の正午前後にHITのように定格MAXまで伸びるよ
うな発電はしないものの、曇り、低照度時に確実に伸びているようです。



実家は平屋で、両隣が2階建て。冬は3時過ぎると陰が出始める条件でしたが、
やはり当初のもくろみ通り、年間を通して大勢には影響はそれほどなかったと思います。

やはり設置して良かったと思いました。


※(ハハが)無理言って破格でありながら、しっかりと設置してくれた横浜環境デザインさんありがとうごいました。
ちなみにkazの三洋(パナ)HITはやはり当時は破格でしたが、東日本メディコムです。



当初「本当に元が取れるのかしら...」と言っていたハハですが、モニターで毎日のように
朝から夕方までコツコツと働いて電気を生み出す屋根を見ていたら、

最終処分の方法すら確立していない原子力発電に対しても
「意識がだんだんと変わってきた」とも言っていました。


kazもそうでしたが、
きっと、太陽のエネルギーの底力に気付いてきたのでしょう。






kazの「かず発電所」
13日は景信山へファミリー登山でしたが、久々に34kwhを超え

130416-3270.jpg


4月は15日折り返し時点で355kwhです。

130416-3278.jpg


4月は今年初めての700kwh超えを伺う勢いです。

でも、しばらく雨が降ってないので
山の植物にも恵みの雨がほしいとも思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

11 : 24 : 44 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<景信山親子登山 | ホーム | 陣馬山>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1129-8c02064c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。