スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

三ッ峠:四十八滝アイスクライミング

単行本の校了が24日に終わり、
26日は思いっきり山に行こうと思い、


これまで、存在を知っていながら登っていなかった
御坂の四十八滝を登る計画を立てた。


1年ぶりのアイスクライミングだ。
子供が生まれる前までは、シーズン中1~2月は


1週間毎にテレマークスキーとアイスクライミングという
年もあったが、最近はテレマークスキーが多くなり、親子登山も増えて氷はたまに行く程度。


「どうせたいしたことないだろう」と思って調べていると、
予想外に地間がかかっている記録が多いことに気づく。


氷結期間が短く、2月最後の週がラストシーズンだろうということで
いつも一緒に登るMさんに「明日どうでしょうか?」と聞いたところOK。


結局5時30分集合が、寝坊のため7時過ぎに。
それでもアクセスが近いため登山口手前の橋8時50分出発。

130226sijyuuhati-1699.jpg

登山口まではガチガチに凍結していた道路を歩いて9時15分通過。


時間短縮のため、下部のチンケな氷瀑はパスし、
登山道が交差する場所からアイゼン、アックスを準備して沢を詰める。


130226sijyuuhati-1771.jpg


10時15分発。少し登ると大滝。

130226sijyuuhati-1792.jpg


やはり中央部分は氷結していなかった。
2月の暖かかった期間中に緩んで溶けたのかな?



リードするMさん。
大滝は階段状であり、特に難しく感じなかった。

130226sijyuuhati-1804.jpg


次の15mの氷瀑も中間部が段になっていて、
弱点をつくトラバース気味のラインでは余裕


130226sijyuuhati-1853.jpg


このピッチはKAZがリード。


この上は階段状、ナメ滝が続く。
お互い氷はある程度慣れているため、同時登攀で。


特に上部は傾斜こそないものの、草つき状に薄氷が張っているような
場所が多く、スクリューも効かず、支点がとれず、

130226sijyuuhati-1882.jpg


技術的には難しくはなかったが、緊張した場所が続いた。
初心者の場合でビレイをしていたら、かなり時間がとられるかもしれないと感じた。



130226sijyuuhati-1900.jpg



やがて沢地形から斜面となり、右の小尾根へと続き、
見慣れた開運山~御巣鷹山の尾根へと出た。


なんと13時15分、覚悟していたところ予想外に早く着いた。


時間もまだ早かったため、富士山が見える三ッ峠山荘へ。
小屋の主人の中村さんがいたため、1時間ほどお茶を飲み、会話した。


130226sijyuuhati-1950.jpg


下降開始は15時10分。
17時10分着。


登れるシーズンは短いものの、最後は三ッ峠の山頂に出るというゴールも良く、
近くて手頃で楽しめたルートだった。


氷自体はかつてのセミチューブバイルにアイスハーケン、
平爪アイゼンの頃はそこそこの内容だったと思うが、


現在の進化したアイス道具ならむしろ物足りなさを感じるほどだと思うが、
上部のベルグラなどは気が抜けなく、

アルパインアイスの要素が入ったなかなかのルートであると感じた。



関連記事
スポンサーサイト
00 : 19 : 54 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<氷瀑:美の世界 | ホーム | 白馬乗鞍岳~山の神BC>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1091-3773249b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。