スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

電気ご使用量のお知らせ:2013年2月

このところ単行本の入稿作業に加え、取材撮影、執筆が重なり
更新が遅れていました。

kazの太陽光発電システム(三洋HIT5.0kw)
都内の普通に狭い敷地のなか
屋根の小さな発電所の経済効果について。

2/6に検針がありました。

1/7~2/5の30日間の検針結果となります。





まず、購入電力

購入電力量総計 926kwh 


昼間(10~17時)=24kwhで738円(1kw=37.5円)
朝晩(7~10時、17~23時)=249kwで6274円(1kw=25.2円)
夜間(23~7時)=653kwで7718円(1kw=11.8円)
基本料金=1260円

※契約種別:6kVA 電化上手


で燃料費調整(-388円)、オール電化割引(-5%、-1030円)、
再生エネ発電賦課金(258円、1kwh=26銭)などで最終的に14777円




前月の検針(32日間)と比較し

911→926kwhとやや増加。


1月は最も冷え込みが厳しく、エコキュートも電力を大食いする時期です。
蓄熱暖房の調節は「大」で固定、毎晩7kwhほど消費しています。


購入電力は1月の14450円から微増。



ちなみに厳寒だった昨年同月より、冷え込みが緩めなのか昨年2月の検針は
1098kwh、15295円。今回の検針票には-15%消費削減とありました。

ちなみに今回は前月の検針と比較して深夜電力が減っていて朝晩電力が増えています。
もしかして、深夜電力の減少ははエコキュート保温カバーのせいかなぁ?




次に売電となる


「太陽光発電設備からの余剰購入電力量のお知らせ」

522kwh(三洋HIT5.0kw)

522(kwh)×48(円)=25056円



よって今月は10279円のプラス収支になりました。










次に自給分電力。
668wh(1月の積算発電量)-522kwh(売電量)=146kwh(自給分の電力)


※検針日は5日ほどズレがあるため、正確な数値ではないが、
年間を通じて計算するとだいたい変わらず。


自給分は1kwh=28円と仮定し、
※昼間料金(30円)の他に、朝晩料金(25円)もあるため

146×28(円=kwh)=4088円(自給分の電気料金)


今月の経済効果...25056+4088=29144円(売電+自家消費分)


で、今月もお日様に感謝となりました。




        


さて、最近灯油が値上げが著しいようです。
北海道では1リッター100円を超えているようですが、ウチの近所でも100円近い値段でした。
※それでもまだガソリン、軽油より安いですが。。。



kaz宅は2010年に灯油を廃止、内窓と蓄熱暖房を導入したものの、
蓄熱暖房に関しては深夜電力に大きく依存しているため
今は考え物でもありますが、


内窓は冷房時期にも効果があり、また、防音など静粛性も向上して
光熱費以外に住環境も快適なため、エコポイントがつく時に入れて良かったなと思います。


2010年11月18日記事:インプラス内窓工事

エネルギーの多角化という言葉がありますが、
将来は、ますます灯油に過度に依存し過ぎるのはリスクが大きそうです。


反対に薪ストーブ、ペレットストーブなどバイオマス燃料が
大きく脚光を浴びるでしょう。


2012年1月14日記事:ペレットストーブ見学



※乗鞍高原で立ち寄ったソバ屋での薪ストーブ

130215maki-0799.jpg

暖房費は労力だけか?




そしてバイオマス資源への回帰は、人間と、身近な周辺の自然である里山文化との関係を
見つめなおす機会になるかもしれず、その意味では決してマイナスではなく、

もっとプラス思考でいいのかもしれません。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

11 : 53 : 24 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<積算走行距離4万km | ホーム | 遠見尾根一ノ瀬髪>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1087-27e228b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。