スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

万座ファミリースキー

12月22-23で群馬県の万座温泉スキー場へ。


チジュールの提携バウチャーを利用し
万座プリンスホテルに宿泊


今シーズンからプリンス系のスキー場は小学生以下のリフト券が無料になったほか
宿泊者には500円で一式レンタルが出来るという。

初日はガスのあいにくの天気。lynnは昨年おもちゃスキーから
エッジがある本格的なスキーを始めた。

今シーズン購入したが、発送など間に合わず今回は借りた。
しかしレッスンは割と高く2時間で8000円。

初日は昨シーズンを取り戻させるべく、レッスンを受けずに
まず感覚を取り戻させるべく、一緒に滑った。

最初に重宝したのが、このデイジーチェーンにスリング。

121223manza-0470.jpg
※写真は2日目の朝


山で「使える」ということが分かり、念ため用意したが、
子供にとってもやはり安心感が違うようだ。スリングを連結したが、


最初は2.5mほどだったが、後に物足りなく感じ、継ぎ足し
合計4mほどの長さがあるとより調節しやすいと感じた。



このような場面でもブレーキがかけられる。

121223manza-0801.jpg

しかしテレマークでも大丈夫だが、
ガリガリのピステでの講習はきつい。



慣れてくると、林間コースの道ではもう転ばなくなり、
初級者コースの緩斜面程度でも大丈夫になった。

121223manza-0838.jpg



しかし腰が後ろに引きすぎているようだ。
2日目はレッスンが「満杯」だったため

次回はやはりレッスンに入れようと思う。


標高1800m、長野県との県境に位置するだけあり、
気温は低かったが、雪はそれほど多くはなかった。


2日目の朝は10cmほどの新雪で、最初はフカフカだった。
ダケカンバの枝にもびっしりと雪が付着していた。

121223manza-0571.jpg


ゲレンデトップから見た、草津白根山
山の反対側にはバックカントリーコースがあり、
kazは2回ほど訪れている。

121223manza-0622.jpg


lynnはスキーだけなく、滑り台やソリでも遊んだが

121223manza-0880.jpg


この万座温泉スキー場、キッズパークは
ただ囲われた区画があるだけであまり充実してなく、

むしろ温泉自慢のスキー場という印象だ。

白濁した温泉らしい泉質に加え、
東北方面では珍しくないが、混浴もあった。

露天風呂は白根山も見渡せるなど展望が開け、
雰囲気は非常に良かった。

※残念ながらカメラ持ち込み禁止のため写真はなし


バイキング形式の食事もなかなかで

121223manza-0382.jpg

※チョコレートフォンデュ

客室もスタンダードなプランではやや狭めのものの
まあまあだったが、


唯一の「及第点」と感じたのが、客室やロビー、廊下の窓だった。

121223manza-0974.jpg

標高1800m、立派な寒冷地で
この季節は-10~-15℃程度まで下がると思われるが

なんとシングルガラスで金属サッシのみ
このため、室内の温度はかなり高いが反対に、


窓の近くは急激に寒く、
それを温めるためか、オイルヒーターは相当熱い。


121223manza-0975.jpg

1の電気で3~6の熱を生む、ヒートポンプ(=エアコン)と違い、

オイルヒーターは消費電力≒暖房能力(COP1)のためエネルギー効率が悪く、
おそらくものすごい量の電気を使っていると思う。

もっとも騒音がなく、安全でもあるためホテルなどでは時々見るが、
やはり寒冷地ではもっとも手短で効果的なのが、内窓、LOW-Eガラスなど、
窓断熱であり、

今は関東の平野部でもペアガラスが珍しくない。
省エネのみならず、騒音も減り快適性も増すので

このシングルガラスには少々驚きで、

原発が止まり、省エネが叫ばれる時代のなかでは
全然「乾いたぞうきん」ではなく

省エネ産業の活性化という意味からも
まだまだ、伸びしろが大きいとも感じた。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

22 : 43 : 27 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<神楽ヶ峰 | ホーム | 12月もあと1/3>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1069-d2256801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。