スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

2012年11月の発電実績

今年の11月は後半になりさらに寒く、もはや冬本番のような印象です。

しかも11月末~12月頭にかけて日差しも少ないため余計寒さを感じます。



2012年11月の発電実績となります。

※三洋HIT5.0kw (210W×24 6直4系統) 2009年5月連系

1212pv-7682.jpg







発電量 507kwh
消費量 621kwh
売電量 407kwh
買電量 521kwh
自給率 81%



太陽光発電を設置してから4回目の11月です。




1年目(2009年)は437kwh。2年目(2010年)は563kwh、3年目は(2011年)は490kwh、
なのでまあまあという感じでしょうか?


三洋電機シミュレーション値の発電量376kwhに対しては
134%と上回りました。(^_^)




1日あたりの平均は約16.9kwh
システム1kwあたりでは3.3kwh。



設備利用率は16%でした。

※自然エネルギーでは、発電効率を示す指標として使われる。
5kwのシステムが24時間フルパワーで発電した場合を100%として、

夜間は発電しなく、天気も悪い時も発電量がが伸びないため実際の稼働率を示す数値。
太陽光発電の場合、年間を通じて日本では12%程度とされる。


一方、消費電力は、確実に増加し1日平均では20.7kwh。
10月より大幅に増えています。寒くなりエコキュートにエネルギーが必要なのに加え、

エアコン暖房も増えました。




電力自給率は100%を割り込み81%





売電は407kwhで発電量の80%。





こちらは日毎のデータ

発電量

121201pv2-7688.jpg



最高は27.3kwh
最低は0.8kwh



消費量

121201pv3-7689.jpg





売電量

1212pv4-7690.jpg





買電量

1212pv4-7690.jpg





発電量と消費量

1212pv6-7684.jpg




こちらは売電量と買電量

1212pv7-7685.jpg





こちらは前月との消費量の比較

1212pv8-7692.jpg





2012年の積算発電量は6401kwhとなり
三洋電機シミュレーション値5475kwhを

2ヶ月以上前倒しで達成済みですが、
最終的には6900~7000kwhくらいでしょうか?




で、今月も太陽に感謝でした。









さて、茅ヶ崎市の実家ソーラーフロンティアCIS5.25kwとの発電量バトルの結果は、

454kwhで設備容量1kwあたりの発電量は86.4kwh
かず発電所は100kwhだったので

30km離れているため単純に比較できませんが、
再びkaz発電所が上回りました。(^^)


この時期は太陽高度が低くなり、設置角度が20°と浅く、
朝夕の陰の影響がある(平屋だが、両隣は2階建て)実家の場合、


冬場は厳しいと思われますが、
単身世帯のため、電力自給率は全電化で100%を越え134%と
エネルギー自給率向上には貢献していると言えるでしょう。






さて、最近の所感を一つ

12月2日に中央自動車道、笹子トンネルで崩落事故がありました。
20代の若者5人を含む9人が犠牲になるなど大変痛ましく、


kazもこの路線は利用頻度が高く、崩落の3日前にも取材で通過したばかりです。

121201sasago.jpg


60~70年代の高度経済成長の時代に作られた社会インフラは


トンネルばかりでなく、橋も含め更新時期を迎えているのでしょう。
ただ、それには財源が必要であり、


その社会背景は当時とは大きく異なると思います。
しかし、これからの世界情勢、資源エネルギー問題のみならず、


市場規模での伸びしろ、世界市場での日の丸技術の躍進
を考えても、有望な成長牽引産業が


再生可能エネルギー社会の構築であることは間違いないと思います。
世界を見るとこの分野でリードしているのは、ドイツなどヨーロッパ諸国ですが、

最近は中国や韓国も躍進してきました。


さて、国内を見ると「自称保守」連中を中心に黄昏産業であり、
廃棄物の処理や、そのコストでも先が見通せず、将来性がない原発に


まだ執着心を持つような論調が多く、(T_T)


このままではますます日本は衰退し、インフラも老朽化、
日本人の精神も退廃していくだけと感じるのはkazだけでしょうか?


自然と人と共生する技術である
再生可能エネルギーとスマートエネルギー社会で

121201-0911.jpg

※エコプロダクツ2011 経済産業省のブース「スマートタウンの1日体験」で


高度経済成長を上回る躍進の可能性もあると思うこの頃です。(^^ゞ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

00 : 28 : 56 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<雪の陣馬山 | ホーム | 信州ジビエ 自然育工房 岳>>
コメント
崩落
 崩落事故びっくりしました。 聞けば開業当時から今までボルトの交換もしてなかったとか、しかも精密検査もしてない・・・素人が考えても何十年も経つのをそのままにしてあるっていうのが信じられませんね。
 今回も「想定外」という言葉が一時出ましたが、老朽化は十分想定できますよね。

 高度成長期に造られた建造物の耐久性も限界にきてますから予算を組んでしっかりやって欲しいです。
by: てばまる * 2012/12/06 09:50 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
てばまる様。
こちらも天井のさらに上に空間があるなど知らず、しかもそのボルトが35年間交換なしとは恐ろしいです。

新しいダムやハコモノ作るより、

既存のものの安全管理の方が重要と思いまます~。
by: kaz * 2012/12/06 10:25 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1056-0db139c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。