スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

車の燃費は誇大だが、太陽光発電の予測値は控えめ

2009年12月に始まった住宅用太陽光発電の余剰電力買取制度に関して、
もう一つ分析をしました。

これから導入を考えていて、迷っている方にはかなり朗報かもしれません。




それは

車のメーカー発表の燃費値は誇大で、8掛けとも7掛けとも言われていますが
太陽光発電のメーカーシミュレーション予測値は、実際よりかなり控えめというものです。


例えば、kazが乗っている30プリウスの場合、
JC08モードで燃費は30.4km/Lですが、

実際にはKAZの場合、満タン法で24~25km/Lであり
e燃費で20~22km/L程度と現実とはかなり乖離しています。


しかし太陽光発電に関してはメーカーが良心的なためか(?)
これまでのところ、メーカーシミュレーション値に比べて126%
と25%以上多く発電していて、当然その結果が経済効果にも現れています。


そこでメーカーシミュレーション値通りの発電をした場合と比較をしてみました。
メーカーシミュレーション値が、実績値の79%となることから


経済効果を79%に押さえて算出しました。



3年目の経済効果は実績値で907,112ですが
メーカーシミュレーション値の場合716,618となります。


結果は


121106pv3.jpg


実績値からの予測だと7年目からのプラスですが、

メーカーシミュレーション値の場合9年目と
大きく差が開いています。

※実際には発電量が少なくなると、売電率も下がるため
これよりももっと差が開くと思います。



最近は「実発電量」という言葉を良く耳にするようになりました。


新世代太陽光発電これからは“実発電量”で選ぶ時代です!!

(DIME記事)


実際にkazの場合も固定価格買取制度で決められた、
10年でギリギリ回収できれば、温暖化など環境問題だけでなく

エネルギー自給率向上、関連産業の応援と、
国益のためになるなら、まあ応援しよっか、程度の前向きな


気持ち程度でしたが、この結果は「嬉しい誤算」(?)でした。

車の燃費と違って誇大に表示しないというのは、
ある意味日本メーカーの美徳か親切心とも言えるなあと感じます。(^^;)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

23 : 35 : 39 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<キブシ:春への準備 | ホーム | テレマーク板:入れ替え>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1050-72f6d64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。