スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

みどり池・しらびそ小屋、子連れ登山

10月27日は八ヶ岳へ
稲子湯登山口を9時30分に出発。
すでに駐車場所は満杯近かった。

121027shirabiso-6455.jpg



天気は晴れの予報だったが、実際にはどんよりとした曇りで
カラマツの紅葉も光がなく色が冴えないようだ。




みどり池までは森林軌道の跡を横切ったり、線路の上を歩いたり。
かなりの急カーブ、急傾斜が続き、標高2000mの森まで続く。
現存していれば「日本最高所」の森林鉄道になっていたかも。

121027shirabiso-5482.jpg




このレールの上でもいつも通り、
バランスをとって歩いてみたり。

121027shirabiso-5459.jpg




しらびそ小屋が近づくと、名前通り、シラビソ原生林となる。
ただしシラビソに若木が多く、コメツガには太い木が多かった。

121027shirabiso-5548.jpg



この行程は標高差約400m、lynnはほとんど自分の足で歩けたが、
ねだるので少しだけkazが最後に背負った。

登山前に量ったところ、カメラ込みで
ザック重量14kg、服込みでlynnは16kgだった。

121027shirabiso-5568.jpg


50mほどだけだろうか。背負われると嬉しいようだ。
赤布に手を伸ばしてみる。




しらびそ小屋に11時55分着。ガスがかかり東天狗岳の展望はない。
小屋周辺ではかなりの数の登山者がいた。

121027shirabiso-5612.jpg



多忙過ぎるためか、昼食メニューはやっていなく、
チーズケーキセット(700円)を注文しておにぎりを食べた。


121027shirabiso-5669.jpg




今回のファミリー登山の目的の一つは、野生のリスを見ることだった。
この窓の外を眺めていたら、30分後くらいについにやってきた。


121027shirabiso-5672.jpg




「リスさん来た!」とlynn

121027shirabiso-6586.jpg


このしらびそ小屋は2回ほど取材で宿泊したことがある。
素朴な雰囲気でファンも多いようだ。




小屋周辺はナナカマドは紅葉していたが、ダケカンバもすでに落葉。

赤いマイヅルソウ(ユリ科)の果実。
茶色の斑紋が入る段階を経て赤くなる。

121027shirabiso-6603.jpg



下山はlynnは全て自分で歩いて下りた。

121027shirabiso-5739.jpg



登山口周辺のカラマツ林の中で見た、
ツタウルシの紅葉。ひときわ鮮やかだった。

121027shirabiso-5787.jpg





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

21 : 39 : 08 | 子連れ登山 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<無給油1100km | ホーム | センブリ不作?>>
コメント
綺麗
こんにちは~

八ヶ岳の東側からはまだ歩いたことがないので興味津々です。

ツタウルシの紅葉が綺麗ですね~ ウルシ科って凄く赤くなりますよね。

それにしても、30㎏を背負っての歩きは辛そうですね・・・。
by: てばまる * 2012/11/01 10:03 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
こんにちは~。

八ヶ岳でもこの辺から本沢温泉にかけては人気エリアのひとつでオススメですね!

ウルシの仲間は確かに鮮やかでいいんですけど、夏の時期はちょっとkazはニガテなのですね~。

30kg、山岳部時代を思い出しています。(^^)
by: kaz * 2012/11/01 10:32 * URL [ 編集] | page top↑
紅葉はかぶれない?
またまたこんにちは。

ウルシ科は、かぶれますよね。僕も出来るだけ触らないようにしてます。 紅葉するころには毒素が消えて大丈夫なのでしょうか?

先日のブログで娘さん触ってましたよね。

by: てばまる * 2012/11/01 13:54 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
またまたどうもです~。

このくらいの時期になると、ウルシの成分弱まると聞くのですが、どうなんでしょうね~。

さすがに試す勇気はないです(笑)

それと触っていたのはナナカマドですね~。ヤマウルシはもっと小葉が太めです(^^)
by: kaz * 2012/11/01 14:27 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1042-0f0ce443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。