スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

三ッ峠:紅葉とシカ食害さらなる課題

10/20 三ッ峠へ登った。

紅葉が真っ盛りだったが、雲が多く、曇りがちで富士山は見えず。

※下山後に精進湖からはよく見えたが。

121020mitsu-4963.jpg



裏登山口からのコース沿いでは


ヒトツバカエデ

121020mitsu-6073.jpg


一見カエデには見えないが、カエデの仲間で対生しているのがポイント。




山頂付近では



サラサドウダン

121020mitsu-4878.jpg


ツツジの仲間は以外とよく紅葉するが、本種は特に赤くなる。

カエデの紅葉がイマイチの時も色づきが凄く鮮やかなことが多い。


121020mitsu-6145.jpg


御巣鷹山周辺では


フジイバラ

121020mitsu-6172.jpg

こちらは果実と紅葉は始まりだった



秋の草地、三ッ峠・御巣鷹山

121020mitsu-4858.jpg


さて、この御巣鷹山だが、防鹿柵などにより、アツモリソウに関しては
シカのみならず、盗掘からも厳重に保護されるようになったが、


今年は柵の外に関してはシカ食害がさらに激化しているようだ。




8月上旬の段階で柵の外と内側でオオバギボウシの咲き具合はかなり異なっていた。

121020mitsu-0578.jpg


拡大すると


121020mitsu-0579.jpg



それでもまだ、多少残っていて、オオバギボウシの花も点々ではあるが
咲いていたが、



9月になりオオバギボウシが結実することになると
再び、群れでやってきて、オオバギボウシの果実の部分のみを


集中的に食べていたらしい。三ッ峠山荘の中村さんが
試しに口にしたところ、渋みなどなく、


若い種子なのでおそらく栄養が豊富なのだろうとのこと。

121020mitsu-9164.jpg


固い茎ではなく柔らかそうな葉から集中的に食べているようだ。


121020mitsu-9169.jpg


柵の外にもまだかろうじてオオバギボウシはあったが、



121020mitsu-9167.jpg

顕著に異なる


121020mitsu-9143.jpg

残っている葉もすっかりなくなってしまい、
「この状況が2年も続くと植生に大きなダメージがあるだろう」と中村さん。




シカ対策には短期的、中期的には防鹿柵が有効で
この状況を見る限り、今は草地の一部のみなので、

もっと拡張する必要があるだろう。



もちろん、平行して生態系のなかで天敵不在のもと
バランスを外れて増えすぎている
シカ全体の個体数を減らすことも重要だ。



シカ対策は現状では手ぬるすぎると、
最近はどこに行っても感じますね。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

09 : 59 : 45 | 希少植物保護問題 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<八ヶ岳、美濃戸:防鹿柵設置工事 | ホーム | ガスストーブOリング交換>>
コメント
手ぬるいですね。。。
 尾瀬でも、ニッコウキスゲの実が食べられてしまって、ただでさえ食害で減ってる群生が今後世代交代が出来なくなる恐れが出てきてます。
 しかし、対策には個体調査が必要とライトセンサスなどをもう何十年もやってきてるのに本格的な対策はなにもしていないのが現状です。
 並行した緊急な対策が必要な非常事態レベルですが、環境省は及び腰のようです・・・。
by: てばまる * 2012/10/26 11:04 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
こんにちは~。コメントありがとうございます~。

シカはユリ科のものは大好物らしく、真っ先に食べてしまいますね。

こちらも今年竜宮小屋で聞きましたが、調査だけはかなりやっているとのこと。

シカの個体数をこれだけ減らしたら、どれだけ生態系バランスが回復するかという調査もやってほしいのですがね~


あるいは国も「オオカミ再導入論」を盛り上がらせないと、本気になって抜本的な対策を考えないのかな、とも思っちゃいます(^^;)
by: kaz * 2012/10/26 21:03 * URL [ 編集] | page top↑
鹿対策に狼の導入 参照 http://japan-wolf.org/content/faq/
by: 名無し * 2013/02/02 10:13 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1039-df19c6e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。