スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

涸沢紅葉狩り山行2日目

涸沢紅葉狩り山行2日目。

前夜はかなり冷え込み、天の川も綺麗だった。
ダウンウエア上下を着込んで外に出ると、


しばらくして朝焼けが始まった。




121008kara-5224.jpg



朝日が照りつけた涸沢小屋の上の崖地の紅葉

121008kara-5252.jpg





陽が当たる前の圏谷を歩いてみる。


立派な落葉低木であるチングルマも紅葉して霜が降りていた。

121008kara-5472.jpg

日が当たると溶けてしまう。
朝ならでは美しさだ。



しばらくすると
圏谷の下の方まで陽の光が届く


121008kara-2977.jpg





パノラマコースをザイテングラートの方へと歩く。

オオヒョウタンボクや
クロツリバナの果実が実っていた


121008kara-5523.jpg


ちなみにクロツリバナは亜高山帯~高山帯に分布し、
花が紫褐色なのが特徴。果実は3稜形なので、


この仲間のヒロハツリバナは花は白いが、果実も4稜形なので
果実の時期も区別できる。




パノラマコース中間は今回最も色づきが良かった。

121008kara-3054.jpg



チングルマの紅葉と果穂もすっかりと実っていた。

121008kara-3168.jpg



涸沢カールの紅葉の主役はウラジロナナカマド。

カール地形など雪解けが遅い環境と結びつきが強い。

通常は赤や黄色に色づくが、縁だけ黄色という個体もあった。

121008kara-5387.jpg

しかし黄色から赤への途中なのかもしれない。



昼頃、名残惜しむように涸沢を後にした。


こちらは通常の亜高山帯の樹林内に多い、ナナカマド

葉に光沢があり、鋸歯も上半分だけではなく、全周なので区別できる。

121008kara-5612.jpg


美しく色づいていた涸沢が印象的な山行だった。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

00 : 35 : 56 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<男体山ファミリー登山 | ホーム | 涸沢紅葉狩り山行1日目>>
コメント
名残惜しい
こんにちは~

いやいや、素晴らしい好天と紅葉、そしてこの岩稜の組み合わせが惹きつけるのですよね。
といっても最盛期には行ったことがないので、来年は混雑覚悟で行ってみたいです。

by: てばまる * 2012/10/24 09:25 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
てばまる様

こんにちは~。コメントありがとうございます~。

まあ、それなりに混雑しますが、やはりこの風景は一見価値ありですね~。
by: kaz * 2012/10/24 09:40 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1035-90958c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。