スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

電気ご使用量のお知らせ:10月

kazの太陽光発電システム(三洋HIT5.0kw)
都内の普通に狭い敷地のなか
屋根の小さな発電所の経済効果について。



10/4に検針がありました。

9/5~10/3の29日間の検針結果となります。





まず、購入電力

購入電力量総計 340kwh 


昼間(10~17時)=13kwhで481円(1kw=37.5円)
朝晩(7~10時、17~23時)=168kwで4233円(1kw=25.2円)
夜間(23~7時)=159kwで1879円(1kw=11.8円)
基本料金=1260円

※契約種別:6kVA 電化上手


で燃料費調整(136円)、オール電化割引(-5%、-601円)、
再生エネ発電賦課金(94円、1kwh=26銭)などで最終的に7430円




前月の検針(30日間)と比較し

290→340kwhで増加。


8月は晴れて良く発電する日が多かったためか、賄える電気が多かったようで
昼間の購入電力量はわずか4kwhだったものの、9月は中旬以降雨や曇りがちになり、
昼間の購入電力は13kwhに増加。

その分は137円から481円に増えました。





次に売電となる


「太陽光発電設備からの余剰購入電力量のお知らせ」

438kwh(三洋HIT5.0kw)

438(kwh)×48(円)=21024円



よって今月は13594円のプラス収支になりました。










次に自給分電力。
569wh(9月の積算発電量)-438kwh(売電量)=131kwh(自給分の電力)


※検針日は5日ほどズレがあるため、正確な数値ではないが、
年間を通じて計算するとだいたい変わらず。


自給分は1kwh=34円と仮定し、
※昼間料金(37円)の他に、朝晩料金(25円)もあるため

131×34(円=kwh)=4454円(自給分の電気料金)


今月の経済効果...21024+4454=25478円(売電+自家消費分)


で、今月もお日様に感謝となりました。




        



さて、10月5日のNHKBSニュースで


ドイツの再生可能エネルギーについて取り上げていました。


以下ワールドWave NHK BS1 より引用

ドイツ 脱原発 エネルギー効率向上への挑戦

pic_npt_121005.jpg2022年までに脱原発を目指すドイツ。30年までに消費電力の50%を自然エネルギーで賄うため、様々な取り組みを行っている。その一つが洋上風力発電。港湾都市ブレマーハフェンでは20年までに原発10機分の風車を洋上に建設する。街全体に関連産業を集積して、地域活性化にも成功している。課題は建設で漁業が出来なくなるためその補償をどうするのか。また、海底ケーブルの送電網の建設のコストだ。一方、効率的な自然エネルギーの利用を模索する動きも。太陽や風力などの自然エネルギーを組み合わせたハイブリッドな方法の実験が小さな村で行われている。ドイツの自然エネルギー最新事情を追う。
出演:梶山恵司(富士通総研上席主任研究員)


ドイツではすでに発電量に占める再生可能エネルギーの割合が20%を超えているそうです。

2000年から始まったFIT制度(固定価格買取制度)の影響で普及が急拡大したためです。



しかし、見ていてそれ以上に驚いたのがそれでも

ドイツの12年の家庭用電気料金は1キロワット時あたり25・74ユーロセント(約25円)だということ。



ちょっと待て、
25円なら、東電値上げ後の電力単価と変わらないじゃん。。。




すでにドイツは普及が一段落したため、
今後は洋上風力と、蓄エネ、スマートグリッドの方に移行していて


それが大きなビジネスチャンスになっているとか!


原発の是非で揺れ動いている日本とは違い、
ドイツの強さを感じました。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

13 : 18 : 16 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ツルギキョウ | ホーム | 大菩薩峠子連れ登山>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1031-77c5016c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。