スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

乗鞍岳:lynn初3000m峰登山

やや遅いアップです。

8/31~9/1でファミリー旅行で信州へ。

8/31は大王わさび農場や安曇野ちひろ美術館、そば処など回って
乗鞍高原へ。


9/1に乗鞍岳へ登ってきました。




登山口となる畳平までは現在、通年でマイカー規制をしている関係上
乗鞍高原からバス乗り換えとなる。

朝6時台のバスに乗り畳平へ。

120901norikura1-6702.jpg





畳平へ着くとなんとガスの天気。
待合室の中に入って朝食など食べて7時50分、ゆっくり準備して出発。

120901norikura2-6716.jpg


「そのうちガスは切れるだろう」と読んでいた。




最初は歩きやすい遊歩道だ。


120901norikura3-6741.jpg


背景の建物が畳平でここまでバスが入る。




「疲れた」と言ってみたら、次には石の上を歩いて遊んでみたり。

120901norikura4-6755.jpg






肩の小屋で途中休憩をして、残りの山頂までの登りを歩き始める。

120901norikura5-6784.jpg





面白い看板が出現したり

120901norikura6-6820.jpg



で案の定ガスが切れ始めてきた。

120901norikura8-6811.jpg


土曜日だけあり、結構たくさんの登山者が登ってきた。


乗鞍岳は3000mを超える高山だ。
しかも、車で標高2700mまで行け、いきなり登り始めるため、
急に薄い空気に高山病の症状が出やすい。



この時チジュールは頭が重いなど高所の影響があったようで足取りが重かったが
lynnは心配したが高所の影響は大丈夫なようだった。


120901norikura7-6879.jpg


しかしさすがに大きな石が転がる岩場ではステップが大きすぎるようだ



肩の小屋から山頂まではコースタイムでは50分で、実際は
1時間10分ほどかかったが、全てlynnは自分の足で登ってしまった。


山頂は狭いうえに、登山者が多いため足の踏み場もないほど賑わっていた。



空いてきた頃、撮影。

120901norikura9-6939.jpg




山頂ではこのような素敵なランチを楽しんでいるカップルも

120901norikura10-6979.jpg

ケーキ、パン、エスプレッソ、朴葉焼き...

lynnはおいしそうな視線でじっと見ている。
今度のファミリー登山では料理にもこだわろうか。。。と感じてしまうほど。






個人的に山頂に立つのは、確か5回目。

初めての時は1999年の9月、自転車で上高地から畳平まで走って登った時。
2回目は3月の積雪期、テレマークスキーで。


3回目は夏の取材撮影で。

乗鞍自然観察ガイド...山と渓谷社編

4回目が2月の積雪期にやはりテレマークスキーで。


その他、肩の小屋まで2回ほどテレマークスキーで来ている。
乗鞍岳は格好のテレマークスキーツアー向けの山でもある。


雲が切れた空の展望を眺めてみる。
乗鞍高原から位ヶ原まで続く広い尾根を積雪期をイメージしてみた。

120901norikura11-7198.jpg





今回は万が一のため、kazが背負って歩けるようにベビーキャリーで登ったが
結局、下山もlynnはほとんど自分の足で下りた。


最後に少しだけ、バスの時間がぎりぎりだったため、少しだけ乗せて歩いた。
今でもベビーキャリーに乗るのは嬉しいようだ。

120901norikura12-7081.jpg



☆★☆★☆★ この日の乗鞍岳の自然 ☆★☆★☆★


コマクサ(ケシ科)...なんともう9月なのにまだ咲いていた。
雪解けが遅い砂礫地なのだろうか?


120901norikura12-1726.jpg


図鑑の記述も要確認?






こちらもまだ結構咲いていた。

120901norikura14-1681.jpg

イワギキョウ(キキョウ科)


代表的な高山植物の一つで
多くの入門向け図鑑にはチシマギキョウと同じような環境に生える、
と書かれているが、


KAZがいろいろな山で見てきた限り、両者は高山でも微妙に好む生育環境が異なる。


チシマギキョウは高山帯の稜線付近でもより岩壁や岩場が多いのに対し、
イワギキョウは雪が崩れる、稜線東側の雪蝕崩壊斜面など


多雪の環境と結びつきが強い。
このため中部地方の分布は北アルプスが中心で、

八ヶ岳、南アルプスには見られない。
多雪の環境だけに雪解けが遅い場所で咲いていたのだろうか。







しかし雪田底のお花畑では


コバイケイソウ(ユリ科)...雪田草原に多く咲く。さすがにとっくに咲き終わり
初秋の風に黄色くなり始めていたようだ。


120901norikura13-1738.jpg


色づき始めた色彩に
高山の早い秋の訪れを早くも感じた。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

00 : 41 : 24 | 子連れ登山 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<高尾山:秋分間近 | ホーム | 岳人別冊 秋山2012>>
コメント
秋ちかし
こんにちは~
乗鞍は手軽にいける3000mの山ですね。コバイケイソウが色づいてるのにコマクサがまだ咲いてるとはびっくりです。

最近は山テントで手の込んだ食事を作る人もちらほら見掛けますが、天ぷら作ってるのを見たときは唖然としました(^^;)
by: てばまる * 2012/09/14 09:55 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは~。コメントありがとうございます~。

コマクサ、こちらも驚きでした。

天ぷらとはさらにびっくりですね~。
by: kaz * 2012/09/14 18:59 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1020-22274085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。