スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

三ッ峠:下界は晴れ、されど山は雨

8月は10日過ぎくらいから天気の概況が変化し、
夏らしい太平洋高気圧に覆われカラリとした晴れではなく、


高気圧の勢力はないものの、むしむしとは暑いが、
大気の状況は不安定で、雷雨が起こりやすい状況が続いています。


なんだか日本が亜熱帯のモンスーン気候に近づきつつあるのかなあ
と思うこの頃、山の計画も立てにくい状況。


高山系の撮影取材を計画していたが、中止に。

13日は三ッ峠に登ると下界ではしっかりと晴れて暑いものの
山の上では一変し雲に覆われ、風も強かった。

120813mitu0-0549.jpg


富士山も雲の中できっと強風でしょう。
しかし下界を見ると晴れていました。

120813mitu0-0551.jpg


山頂への道は今、ウスユキソウが見頃でした。

120813mitu-0531.jpg




さて、御巣鷹山へ向かうと途中の草原ではオオバギボウシの花が盛りの状況。


120813mitu2-0578.jpg


一面の薄紫のお花畑ですがが、よく見ると
防鹿柵の内側はかなりの密度でオオバギボウシが咲いているのが確認できるが、



柵の外は相当少ない。違いがくっきりとわかる。

一見植生密度が高そうで、健全そうに見えた草地だが
シカの影響はかなり大きいことが改めて感じました。


シカの食べる草にはかなり嗜好性が強く
オオバギソウシなどユリ科のものは好むため


真っ先に食べてなくなるようです。
霧ヶ峰や尾瀬ではニッコウキスゲか。

とりあえず、柵の内側の植生は緊急避難所的に救えたが
柵の外の状況は変わらないので、


今後の捕獲などシカ対策の課題でしょう。


さて、この時期に咲く花は結構多く、


カイフウロ(フウロソウ科)


120813mitu4-9679.jpg



チダケサシ(ユキノシタ科)

120813mitu3-9736.jpg


他にソバナ、コオニユリ、キンミズヒキ、等が咲き

レンゲショウマは13日の時点で4分咲き。まだつぼみも多く見られました。






関連記事
スポンサーサイト
18 : 29 : 13 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<高尾山、城山:盛夏 | ホーム | 尾瀬:燧裏林道>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1011-d576a9a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。