スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

尾瀬:燧裏林道

尾瀬3日目の9日は福島県側の尾瀬御池から三条ノ滝へ。


燧裏林道を通るのは相当久しぶりで、10年以上前だったかもしれませn。
三条ノ滝は初めてで、「すごい迫力」と聞くので見ることにしました。


120809oze1-0107.jpg



途中の湿原から見る中央奥の山が燧ヶ岳。
昨年の5月にテレマークスキーで滑っていますが、
滑っても気持ちよい面白いコースでした。




5/6記事:燧ヶ岳テレマークバックカントリー




コースは全般的には平坦なものの途中の湿原まで100mほど登り、
ここからは下りで分岐まで100mほど下るというもの


途中のブナ林が美しい。

120809oze2-0170.jpg



三条ノ滝まではさらに大きく下り滝は近くまではいけないものの
展望台があり、遠望しました。

120809oze3-0283.jpg



噂通り水量があり、轟音とともに迫力があった。
上流にダムがなく、本来の自然な河川だからでしょう。




120809oze4-0211.jpg



もっとも尾瀬の多くの面積が東電の所有というのは、
当初現在の自然保護思想が芽生える以前に

水資源開発からダムの計画があったと聞きます。


「本当にダムが出来なくて良かったなあ」と湿原を思い出すして考えるとともに
これからの流れは自然改変の影響が大きい大型ダムから


地形改変などの影響がほとんどなく、その場で発電して水量には影響がない、
小水力発電とマイクログリッドの時代だよなあと感じました。

山間部は平地よりガスがかかりやすいなど概して太陽光発電より
水力発電の方が安定しているため、檜枝岐村などの立地条件では

やはり小水力が魅力的でしょう。



帰り途中、白花個体のコバギボウシを2個体ほど見つけました。




120809oze5-9630.jpg












関連記事
スポンサーサイト
07 : 44 : 57 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<三ッ峠:下界は晴れ、されど山は雨 | ホーム | 尾瀬2日目:至仏山>>
コメント
すっきり
こんにちは~

年間10回以上も尾瀬入りしているわりには久しく燧裏林道を歩いてません。

三条ノ滝はいつみても迫力ありますね。雪解けのころが一番凄いです。

展望台から見ると滝に覆いかぶさるように突き出ていた樹木が雪の影響か無くなってしまってスッキリ滝が見えるようになりました。
by: てばまる * 2012/08/20 09:21 * URL [ 編集] | page top↑
Re:
こんにちは~。


年間10回以上はスゴイですね。

確かにこの季節でこれだと、雪解け頃はものすごい迫力でしょうね。

見渡せるようにしてくれた雪に感謝!?
by: kaz * 2012/08/20 18:27 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://araikazuya.blog97.fc2.com/tb.php/1010-a672fd4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。