スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

プリウス6万キロ&無給油新記録

なかなか更新が滞りすみません。m(_ _)m

7/6 富士山周辺の山
7/7 白馬周辺
7/9~7/10 東北朝日山地
7/13 志賀高原
7/14~15 大峰山地

と山続きです。(^^;)

でまず先に久しぶりにプリウスネタで。

130716puri-6575.jpg

※7/13草津~志賀高原間の日本国道最高地点にて



7/14に奈良県大峰山地山行往復で、
まだ2年立ってないものの

ついに6万キロを超えました。

130716puri-7460.jpg



6万キロまでは一般保証の範囲内だったのでこの先は。。。


それにしても燃料コストが半分以下になったためか、
走行距離が伸びているようです。(^^;)


この時は途中給油なしで奈良県往復し、
無給油走行距離も更新して1142km。


130716puri-7456.jpg

燃料は45.01リットル入りました。(満タン法燃費25.4リットル/km)
燃料口ギリギリまでの「満腹給油」では30プリウスは

47.3リットルらしいのであと2リットル余裕があったかなと思います。


もちろん、これはTHS-2の特性を掴んだ運転技術に加え

車両自体も純正仕様ではなく、燃費向上マフラーや軽量ホイール、
そしてオイルによるところもあると思います。

でオイルですが、
ディーラー任せだと3000km毎に鉱物油のトヨタ純正キャッスルになってしまうので

kazは100%化学合成オイルを入れています。
化学合成オイルは熱変性に強いなど質が高く、1万キロでも大丈夫というので、

前車レガシイの時から1万キロごとに化学合成オイルにしていましたが、
HV車の場合、エンジンは走行中停止していることも多く、モーター駆動も加わるため

オイル交換サイクルも長めで大丈夫と言われています。
ここ3~4回ほどはモービル1の0W-20のHV・省燃費車専用を入れていて


130716puri-7489.jpg

今回14000kmで交換した際に聞いたところ
汚れ具合は「そこそこ」という返事だったので、もう少し
15000~17000km程度でも大丈夫かな、という印象でした。


それでもjmsでフィルター交換こみで7600円程度だったので、
4000円程度のディーラー任せの純正キャッスルよりは安く済むと言えそうです。




スポンサーサイト

テーマ:プリウス - ジャンル:車・バイク

22 : 48 : 54 | PRIUS HV PHV EV | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑

利尻山:砂嵐

7月1日は稚内から利尻島へ。

130701-3159.jpg



その足で利尻山へ登山する。
沓形登山口から登山開始。


利尻山へ登るのはこれで4回目だが、うち2回は鴛泊コース往復。
1回は沓形→鴛泊
今回は沓形コース往復だ。


ところが、行きのフェリーに乗っている時から気になっていたが、
山頂に笠雲がかかり、やはり風がかなり強そうだ



マイヅルソウの群生

130701-3189.jpg



ゴゼンタチバナの群生

130701-3237.jpg


エゾツツジの群生

130701-3341.jpg


8.5合目三眺山からの利尻山仙法師稜とガスがかかる稜線

130701-3410.jpg


チシマイワブキ

130701-3525.jpg



今回、最大のターゲットである高山植物がが見当たらなかった。

2006年6月末に確かに確認して、その時はロープがなく泣く泣く
撮影は諦めざるを得なかった。


そのために今回はかなり充実した装備となったが、
ものすごい砂嵐に阻まれ、またかなわなかった。

130701-3170.jpg


そして、登山道は改修が進められていた。

130701-3534.jpg





テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

23 : 24 : 42 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

電気ご使用量のお知らせ:2013年7月

小さい文字kazの太陽光発電システム(三洋HIT5.0kw)
都内の普通に狭い敷地のなか
屋根の小さな発電所の経済効果について。

7/4に検針がありました。

6/5~7/3の29日間の検針結果となります。





まず、購入電力

購入電力量総計 260kwh 


昼間(10~17時)=4kwhで122円(1kw=37.5円)
朝晩(7~10時、17~23時)=113kwで2847円(1kw=25.2円)
夜間(23~7時)=143kwで1690円(1kw=11.8円)
基本料金=1260円

※契約種別:6kVA 電化上手


で燃料費調整(439円)、オール電化割引(-5%、-527円)、
再生エネ発電賦課金(104円、1kwh=39銭)などで最終的に5884円




前月の検針(28日間)と比較し

299→260kwhと減少。
昨年同月と比較して場合、313kwh→260kwhと大幅減少。
たぶん、山とか外出が多かったからかな?




次に売電となる


「太陽光発電設備からの余剰購入電力量のお知らせ」

341kwh(三洋HIT5.0kw)

341(kwh)×48(円)=16368円




よって今月は10484円のプラス収支になりました。










次に自給分電力。
508kwh(6月の積算発電量)-341kwh(売電量)=167kwh(自給分の電力)


※検針日は5日ほどズレがあるため、正確な数値ではないが、
年間を通じて計算するとだいたい変わらず。


自給分は1kwh=28円と仮定し、
※昼間料金(30円)の他に、朝晩料金(25円)もあるため

167×28(円=kwh)=4676円(自給分の電気料金)


今月の経済効果...16368+4676=21044円(売電+自家消費分)


今月もお日様に感謝となりました。




        


テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

16 : 36 : 00 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2013年6月の発電実績

なかなか活動が更新できずすみません。
6月は30日間で移動を含めると23日間山でした。

また6月29日夜から7月4日まで北海道の取材で、
道東、道北、利尻山、礼文島などを回ってきました。


で、まず6月の発電実績



2013年5月の発電実績となります。

※三洋HIT5.0kw (210W×24 6直4系統) 2009年5月連系



130701-4559.jpg




発電量 508kwh
消費量 397kwh
売電量 380kwh
買電量 269kwh
自給率 100%



太陽光発電を設置してから5回目の6月です。



ちなみに
1年目(2019年)は483kwh。2年目(2010年)は601kwh、3年目(2011年)は475kwh、4年目(2012年)は495でした。

今月が2013年のこれまでの推移1~5月平均662kwhと比べると、ペースダウンですが、
これまで調子が良すぎたのでまあ落ち着いたと言えるでしょうか?


三洋電機シミュレーション値の発電量431kwhに対しては
118%と大幅に上回りました。(^_^)




1日あたりの平均は約16.9kwh
システム1kwあたりでは3.35kwh。



設備利用率は14%でした。

※自然エネルギーでは、発電効率を示す指標として使われる。
5kwのシステムが24時間フルパワーで発電した場合を100%として、

夜間は発電しなく、天気も悪い時も発電量がが伸びないため実際の稼働率を示す数値。
太陽光発電の場合、年間を通じて日本では12%程度とされる。


消費電力も、大幅に減り電力自給率も100%を超えています。




電力自給率は127%






売電は592kwhで発電量の75%。





こちらは日毎のデータ

130701-4564.jpg





消費量

130701-4565.jpg






売電量
130701-4566.jpg







買電量

130701-4567.jpg







発電量と消費量

130701-4560.jpg






こちらは売電量と買電量

130701-4561.jpg





こちらは前月との消費量の比較

130701-4568.jpg





減りました。


で、今月も太陽に感謝でした。









さて、茅ヶ崎市の実家ソーラーフロンティアCIS5.25kwとの発電量バトルの結果は、



606kwhで設備容量1kwあたりの発電量は115.4kwh
かず発電所は100.8kwhだったので

30km離れているため単純に比較できませんが、
再びCISの方が上向いています。

やはり設置角度が20°と浅いのと
6月の雨天、曇天が多いという条件ではCISの方が有利でしょう。








テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

16 : 01 : 32 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

06 | 2013/07 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。