スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

石垣に咲く

今日、3月29日はようやく冬タイヤから夏タイヤへ交換でした。

130329oyamada-6197.jpg


冬タイヤはプラットフォームまであと2~3mm、
2シーズンが終わったので、あと2シーズン程度使用可能でしょうか。



一方の夏タイヤは残りの溝が6~7mm程度
インチダウンした冬用の15インチから、標準の17インチに変えると

走行フィーリングがかなり異なることに気づきます。
レスポンスはよりダイレクトなものの、ゴツゴツとして、
やはり15インチの方が抵抗も少ない印象。




さて、いつもの里山公園に行って少し撮影してきました。

ヤマザクラが満開でした。

130329oyamada-3653.jpg



コスミレ

130329oyamada-6239.jpg




石垣の間から顔を出して咲かせていました。

130329oyamada-6287.jpg




ヒメスミレ

130329oyamada-3663.jpg

とても小さい。



タチツボスミレの群生


130329oyamada-6351.jpg












スポンサーサイト
23 : 48 : 34 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

シハイorマキノ

今日は原稿書きの合間に少し撮影に出かけてみました。


シハイorマキノ。

130328takao-3436.jpg


一応記載はマキノスミレとのことですが、高尾のAさんいわく、シハイとの中間的とのこと
らしいです。


植物はやはり自然のものだから、白黒とつかないような個体があるのも当たり前かもしれません。




クロモジも咲き始めでした。


130328takao-3466.jpg





00 : 20 : 04 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

小谷温泉BCクロカン取材

3月25~26日で長野県の小谷村へ。


目的地は小谷温泉の山田旅館だ。

130326yamada-5219.jpg



雨飾山の登山口に近く、kazは以前2回雨飾山に登っているが
宿泊は初めて。宿の主人の山田誠司さんは山岳スキー界でも有名な方で

ライトなBCクロカンから、現代的なプラブーツのテレマーク、
TLTの軽量ATスキーのレースまでこなしている。


今回はBCクロカンの取材だ。


このため、kazもBCクロカンの道具を揃えることにした。
板はMadshusのセンター68mmにクロスカントリーバインディング。

130326yamada-5761.jpg


ソールはステップソールのため、
シールがなくてもある程度の傾斜は登れる。



130326yamada-6120.jpg


ブーツ(CRISPI)は在庫がないためミヤコスポーツからのサンプルだ



山田旅館の夕食

130326yamada-2445.jpg



温泉はナトリウム炭酸水素塩泉で打たせ湯があり、
周りに付着して成長している湯ノ花がスゴかった。

130326yamada-6088.jpg




さて3月は急速に進んだ春だったが、25日は再び冷え込み雪が降り、
26日朝の段階で真っ白な新雪が10cm程度積もり、黄砂、PM2.5の黄色い雪を隠してくれ

しかも晴れて青空が広がる絶好の取材日和となった。



BCクロカンは基本的には森のお散歩に最も適している。

130326yamada-5518.jpg


巨木の森を進む。



だが、そこそこの滑りにも対応している。

130326yamada-5456.jpg

山田さんの滑りはすごく自然でムダがなく美しい。





目的地の鎌池へ。池の上の雪原を横一列で競争してみたり。





そして、テーブルを作ってランチ

130326yamada-5647.jpg





メインディッシュはパスタや白馬で最近人気の蕎麦クレープ

130326yamada-5629.jpg




デザートにミニケーキなど

130326yamada-5710.jpg


昼食後は宿に向かって下る。


山田さんのテレマーク教室で見本を見せたり。

130326yamada-3188.jpg




モデルさんの参加者はアルペンスキーの上級選手レベルだが、
不安定な道具では転倒の連続。だけど転んでもゲレンデではないので

痛くなく、ガンガン滑りではなく、「遊び」に近いので不思議と笑顔なのが良い。

130326yamada-6045.jpg


白馬駅前のマウンテンショップ、白馬ヤマトヤの松沢さん。
BCクロカンの販売は昨年から始めたとのこと。腕も上手かったです。

※kazもここで購入しました。BCクロカンは普及させたい意向があり
一般のお客さんも含めかなり割引があるとのことでした。

130326yamada-3135.jpg




ブナの大木があった。

130326yamada-5816.jpg



こちらは触るとネバネバするトチノキの冬芽。

130326yamada-5921.jpg


芽はまだ固かったけど、もうすぐ膨らみ始め、
やがて春の芽吹きの季節でしょう。





00 : 51 : 50 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

高尾山講座ガイド

3月24日は13日に下見した高尾山で観察会ガイド。
テーマは植物と生育環境について。


結局20人の参加枠に対し79人と4倍近い申し込みで抽選になったのだか!


天気予報では雨だったものの
なんとか雨が降らず1日もってくれました。無事に机上1時間を含む講座が終わりました。

130324takao1-5197.jpg

この3月の暖かい天気続きで開花が一気に進み、
いつもより10日程度早めでしょうか。


もみじ台付近でははやくもエドヒガンが咲き始め。

130324takao1-2381.jpg




日差しもなく、気温は低いなか
地面は完全に降水不足でカラカラの状態。


しかし、観察対象の植物は開花状況も良く
道沿いのスミレ類なども満開の状態で、ヒナスミレなどは盛りすぎのも。


シキミ

130324takao1-5190.jpg

季節の進み具合が早かったため
予想外にいろいろ観察できた観察会でした。



23 : 54 : 45 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

山と渓谷2013年4月号

また遅れての更新です。

山と渓谷2013年4月号


130324yamakei1-5138.jpg

http://www.yamakei.co.jp/products/2812900936.html


こちらでは「花の山」の記事2本、
山梨県の日向山と福島県の会津蒲生岳のコースガイドを担当。

130324yamakei1-5133.jpg




実はこの日向山は昨年6月に初めて登ったのですが、
以前から面識があった故村松正文氏の写真展を見に北杜市美術館を訪れた時に


トップ写真になっていたため、覚えていた場所でした。

http://hokuto-kyodo.jp/kikaku.html


この滝を訪れた時も氏が切り盛りしていた「レストラン霧ヶ峰」で
話しあったことを思い出し、なつかしいような感慨深かった思い出があります。




それと親子登山企画でコースガイド2本、陣馬山と小山田緑地を紹介しています。


130324yamakei1-5134.jpg

23 : 38 : 01 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

『岳人』2013年4月号

また仕事の掲載誌の案内です。

岳人4月号

130322yama-4932.jpg


発行 東京新聞 定価800円

http://www.tokyo-np.co.jp/gakujin/gak2013031301.html

kazの仕事は38~40ページで佐渡のドンデン山のルポ記事
昨年の記録です。kazは佐渡は4回目程度でしょうか。




それに1Pで「春の花図鑑」少しマニアックな種まで載せています。

130322yama-4933.jpg


kazの記事は今回、岳人では最も入門レベルの記事でしょう。

「親子登山」で協力いただいた佐々木大輔さんはなんと、利尻岳のローソク岩に4月の残雪期、
クライミングで登った後にスキー滑降というハイレベルの記録を載せていました。


19 : 21 : 55 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

トランピン vol.11

続けてやや遅れた告知ですが、

TRAMPIN(トランピン)11号

130322yama-4086.jpg

http://www.chikyumaru.co.jp/trampin.php


発行:地球丸 定価880円

こちらでは

春に山歩きで観察したい花14種について写真と文章で紹介しています。

130322yama-4940.jpg


いままで良く知らなかったアウトドア系の雑誌でしたが、
全体読んでみると結構、山雑誌になっていましたね。



19 : 17 : 36 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

山旅100ルート

最近関わったお仕事でもう1冊

山旅100ルート 

130322yama-4935.jpg



発行:エイ出版 定価1200円+税

http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=17489


kazの担当紹介ルートは


■西海岸8時間トレッキングコース
スコトン岬~礼文滝~礼文林道~香深(2P)

■大雪山花巡りコース
銀泉台~赤岳~小泉岳~五色岳~五色ヶ原~沼ノ原~クチャンベツ沼ノ原登山口(1P)

■白馬岳~朝日岳 花巡り4泊5日コース
猿倉~鑓温泉~頂上宿舎キャンプ場~白馬岳~雪倉岳~朝日岳~蓮華温泉~白馬大池~栂池自然園(2P)

■富士山御中道~精進湖登山道(1P)

■北八ヶ岳コケの森歩きルート
北八ヶ岳ロープウェイ~麦草峠~高見石~白駒池~雨池~~双子池~北横岳~北八ヶ岳ロープウェイ(1P)

■高山植物に会いに行くロングルート(計1P)
・リシリヒナゲシ 利尻山(6月下旬~7月下旬)沓形登山口~山頂~鴛泊登山口
・フタマタタンポポ ニペソツ山(7月中旬~下旬)登山口~山頂(往復)
・タカネビランジ 青木鉱泉~鳳凰小屋~観音岳~青木鉱泉
・ミネウスユキソウ 裏銀座 新穂高温泉~双六~三俣蓮華岳~双六~槍ヶ岳~上高地

の8ページに加え、南アルプス聖岳、光岳、荒川岳、皇海山などは写真のみ。


最初の依頼時の内容ではピークよりも、ルートを重視したいとのこと。
真っ先に思い浮かんだのが礼文島の西海岸8時間トレッキングコースでした。

130322yama-4937.jpg


だけどフタを開けてみたら南アルプスや北アルプスの稜線もかなり含まれ、
なんだ、以前歩いたこのコース、この山も入っているのか、と。

やはり日本では「ロングトレイル」≒縦走登山なのかなとの印象。


あ、ちなみに挙げた白馬岳の4泊5日は、
確か2002年の7~8月にテント泊で実際に縦走したことがあります。
結構充実しましたヨ。




テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

18 : 38 : 23 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

早くも桜の季節

今年は本当に春が来るのが早い。
昨年よりも1週間~2週間程度早いのではないか、と感じるほど。


19日の近所のソメイヨシノは咲き始め。

130321-4873.jpg


ソメイヨシノは園芸種の桜で寿命は短く50年程度とされている。

一方野生種の桜にはヤマザクラがあるなか、

エドヒガンも野生種の桜で、大木のしだれ桜はエドヒガンが多い。
花はやや小振りで、薄紅色。花期は若干早め。

130321-4900.jpg

こちらはすでに満開だった。


花柄の付け根が丸く膨らむのも特徴だ。


さて、今年の今後の開花状況はどうなることだろう。。。


00 : 54 : 18 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

インドア ボルダリング BOOK

溜まっていた掲載誌の案内4冊目は

親子登山や雑誌などで忙しいなかで

同時進行だった

インドア ボルダリング BOOK

です。


130320-4082.jpg


kazの担当は撮影のみ。

名古屋のクライミングジム ズットン で2日間
大阪のクライミングジム クラックス で1日

他に横浜のクライミングジム プロジェクト、ロンドフィットネスクラブ
などでも撮影を行いました。


さて、少しだけ裏話を。

表紙はオリジナルは

130320-20.jpg

画面左の換気扇が気になっていましたが
キレイに消えていましたね。




それにしてもクライミングジムはkazが大学生だったころに、
登場し始め、現在はなんと日本全国250軒以上もあるとか!


気軽にトライ可能だからでしょう。
これだけ人気と共に市場も広がっていることでしょう。


kazも感じるのですが、クライミングの経験があると、
一般縦走路の岩場通過で、安全に無理なく通過出来るようになり


結果として岩場に咲く高山植物の観察なども可能になるなど
安全面以外にもメリットが大きいと思います。


でも、kazの場合加えるとやはりインドアはあくまでもトレーニングであり
外岩の方が面白みを感じます。







22 : 57 : 55 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

モンベル会報『OUTWARD』掲載

続いてまた、遅れた仕事の掲載誌の案内です。



モンベル会員誌『OUTWARD』の2013年春号に
kazの写真が4点掲載されました。


130320-4927.jpg


130320-4930.jpg


手前のフクジュソウの写真などです。


モンベルクラブ・会報誌『OUTWARD』のお届け


特集の春を探しに



2012年のGW(4月28日)に訪れた佐渡の時です。

早春だった佐渡

この時はシラネアオイなどはまったく咲いていませんでした。


ここ数年は春の到来、雪解けが遅いものの、
今年はさて、極端に早まりそうかなぁ

さて、花たちもびっくりしないだろうか...
と心配するkazでした。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

22 : 22 : 36 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

NIKKEI プラス1記事

やや遅い報告ですすが(^^)

2月23日の日経新聞にkazの写真が掲載されました。

ハイキング この山この花

というkazの活動内容に割と近いテーマで

学者や研究者、写真家など16人に割と手軽に登れて花が良いスポットを挙げてもらい
それを集計してランキングするという内容でした。

kazの掲載写真は2位の高尾山でセッコクでした。

130320-4078.jpg


割とこの世界では良く目にする人たちの名が...

130320-4953.jpg




ちなみに1位は尾瀬のミズバショウ、3位は大雪山のエゾコザクラで
4位御岳山、5位礼文島、6位九重山、伊吹山、8位白馬岳、9位秋田駒ヶ岳、10位剣山


でした。

伊吹山と九重山はkazも実はまだ行ったことがなく、今後の課題でもあります。

田中澄江氏の花の百名山が元になっていたようです。



21 : 46 : 08 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

赤ちゃんから始めました 親子登山 

新刊の発売の案内となります。

赤ちゃんから始めました 親子登山

発行:東京新聞 定価:1600円+税

130320-4923.jpg







ページ構成です。

130320-1.jpg


内容を見ていくと、まずルポ取材編です


・初めての親子登山 高尾山でデビューしました。


130320-9.jpg

...2012年の11月中旬、景信山から高尾山まで、1歳10ヶ月と2歳8ヶ月、
5歳ゼロヶ月(lynn)の3人で縦走した時のルポです。


・乗鞍岳 さあ、初めての3000m峰へ

・湯河原・幕山 双子を背負って山頂へ。

・冬は雪遊び スノーシュー体験



双子登山・幕山は
大晦日:湯河原幕山(2012年12月31日記事)

がルポ取材でした。



次にテーマ別記事となります。

・山は絶好の自然学習の場

130320-3.jpg


・キャンプだって楽しみ

・山上のごはんに子供も大喜び

・3世代登山

・友達、仲間と登る山

・山小屋で充実の山旅

・5歳児で富士登山 若木保育園がめざすもの


...若木保育園に訪問して園長の金子さんに話を伺い、その後、大山登山に同行しました。

保育園取材(2012年11月2日記事)





次に山行計画編です

・年齢別登山計画のポイント

130320-4.jpg


...何歳くらいでどのような山行計画が組めるかを、実際の山行の事例から書いています。

また最後に身長、体重、靴のサイズと親子登山に役立つ情報のチャート表があります。

130320-5.jpg



・親子登山で注意すべきこと

...転滑落、雷、スズメバチ、携行医薬品などについての情報です。


・インタビュー、健康面での注意点

...ミウラドルフィンズ所属の健康運動指導士の安藤真由子さんに取材して記事をまとめました

130320-6.jpg



・幼児期の必須装備、ベビーキャリー

...選び方、背負い方とベビーキャリーのカタログページも盛り込みました。カタログページにはモンベル、オスプレー、ドイター、マックパック、ファウデを紹介しています。

130320-7.jpg


130320-8.jpg




・子供用装備のポイント

130320-11.jpg


...登山靴、レインウェア、ウェア、ザック、防寒着など

内容は装備ごとに子供用装備の違いと選び方と、代表的な商品のカタログとしています。


・親子登山10家族に聞く

...実際の親子登山は家族構成、年齢、年齢差、親の登山のレベルと指向性など子供を取り巻く環境により十人十色のため、自分以外に業界関係者から山で会ったファミリーまで様々な人、10家族にアンケートをお願いし、うち8ファミリーは実際に取材で話しを伺い、写真も借りて、アンケート結果と何歳の時にどの山に登り、その感想との形でまとめました。計54ページ分にもなりました。


協力をお願いした方は

130320-12.jpg


です。ありがとうございました。m(_ _)m


★☆  ★☆  ★☆  ★☆  ★☆  ★☆


7冊目の単行本はなんと親子登山の本となりました。

2007年に子供が生まれて、2008年から子連れ登山を始めたのですが、


・何歳くらいまでベビーキャリー使うのだろう?
・何歳くらいから歩いてくれるのだろうか?
・高山へ連れて行って大丈夫なのだろうか?




など分からないことばかり。
大人向けの登山ハウツー本は多数あっても


子供向けのは全くなく、手探りで色々調べて、試行錯誤もして
子供を山やフィールドに連れて行っていました。


そのような本がないなら、これから親子登山を楽しむ人のために、
自分が1冊作ろうじゃないかと思い、



5年間の経験から、感じてきた疑問に答える内容にしようと、


親子登山に関連した記事を掲載してきた岳人別冊の編集部と
企画を話し合い、約半年前から本格的に取材をスタートさせました。


しかし、最終的には全体のページ数に対して内容が多すぎるなどで、
進行もバタバタになってしまい、
多方面に迷惑もかけてしまう結果に。。。



しかしまあ細かい反省点はいろいろとあるものの、
これまでになかった分野の本なので、

まあまあ自分が満足するものが出来たかなと思っています。


ご購入は


AMAZON

楽天ブックス


ヨドバシ.com


などで購入可能となっています。

よろしくお願いします。m(_ _)m




テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

18 : 27 : 01 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

高尾山ヒナスミレ満開

17日、前日の八方尾根がやや消化不良だったが、
気分を変えて高尾山へ

130317-2036.jpg



木々の春はまだ始まったばかり、ダンコウバイは咲くが雑木林の芽はまだ固いようだ。

130316-4583.jpg





13日に確認していたヒナスミレ群生地へ。


130317-4712.jpg


ちょうど盛りだった。

130317-4729.jpg



ナガバノスミレサイシンも咲き始めていた。

130316-4597.jpg




下山途中、薬王院のお地蔵さんに供えられていたヒサカキ。
つぼみがついていて一部咲き始めていた。

130317-2058.jpg


関東地方以北ではサカキが自生しないため、
代わりにヒサカキが神事に用いられることが多いという。





テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 46 : 18 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

唐松岳敗退

3月16日、唐松岳へ八方尾根からテレマークスキーで登る計画を立てた。


スキーで北アルプスの主稜線に登ったことはまだなく、
「滑り」よりも「登山」に近い内容か。


130316-4401.jpg



朝から青空で、八方尾根スキー場を出たものの、
上部は強風でゴンドラリフトまでの運行で、


このあと2本乗り継ぐリフトは運行停止。
30分ほど待ったが、運行再開の見通しもないため、
シールを装着しハイクアップで登ることにした。


結局八方池山荘の少し先で、同行のR氏がスキーアイゼンがないことに
不安を感じ、この先上部はもっと風が強く、


130316-4427.jpg

※強風に巻き上げられた氷雪




130316-4433.jpg




気温は高めなものの、強風で斜面も風相当ハードバーンなことから
ここまでとした。


でも、いつかまた改めて再チャレンジしたい。


130316-4405.jpg


八方尾根からの火打山、妙高山、高妻山



22 : 40 : 16 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

高尾山は早くも春

3月24日に高尾山で観察会をすることになり。
13日にその下見で登ってきた。

春を迎えた高尾の豊かな植生を感じよう! 
自然講座「植物のくらしを見に行こう!in 高尾山」、3月24日に開催

※ヤマケイオンライン

ここ数年の傾向からすると、
3月24日はようやく、木下沢や日影沢で咲き始め程度。

まして13日は上の方はまだ何も咲いていないだろうな。。。


と考えていたら3月上旬は異常に暖かい日が続き、特に9日は夏日に。
あっという間にパウダーの時期が終わってしまい、

代わりに一気に春が来た。

130314takao-4158.jpg



山頂からの関東平野、何故か手前の雑木林は剪定されていた。



ところが13日、暖かく風が強く、花粉が猛威を振るうなか、N95マスクをして
いざ行ってみると、どっこい、いろいろ咲き始めていてびっくり。


ヒナスミレ

130314takao-1857.jpg




こちらは群生

130314takao-4128.jpg



エイザンスミレ

130314takao-4107.jpg


他にタチツボスミレやアオイスミレも咲いていた。




ヤマルリソウ

130314takao-1745.jpg


ヤマネコノメやヨゴレネコノメも確認した。


さすがに木々の葉まで出ていなかったが冬芽を確認すると面白い。


130314takao-1806.jpg

カラスザンショウの芽鱗は顔にそっくり


木々の葉はまだだが、花は満開だった

130314takao-1833.jpg


ダンコウバイ。


個人的には開花が早まるのはややせかされているようで落ち着かないのと、

もう少しパウダーの時期が名残惜しいので、
あまり急激に春が来るのは考え物か。

でも早く花粉の時期は過ぎて欲しいけど。



00 : 31 : 12 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

エコキュート保温カバー破断

今月は発電日和が多く、13日までの段階で333kwh
暖かくなったお陰もあり、電力自給率が100%を超えるようになった。

130314-4326.jpg



1日あたりの平均が25.6kwhなので
この分だと月末までに800kwh近い。まあ、あり得ないと思うが。。。


さて、1月に設置したエコキュート保温カバーが、
3月13日、kazは高尾山へ行っていて、その間に破断したようだ。

130314-4331.jpg


以前からテープが剥がれ気味であり、それでも放っていたら
風をはらんで(?)裂けたようだ。(T_T)

130314-4329.jpg


当初剥がしやすいようにと、梱包テープだったが、
今後は剥がれにくいようにアルミテープとかの方が良いのか?

あるいは荷造り用のストラップで補強するべきか。


11 : 22 : 01 | エコライフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

新型マスク導入

今回は脇道、耳より情報を少し。


このところ急に暖かくなり
蓄熱暖房は「切」。消費電力も少なくなり、電力自給率も向上してきた。

130311-4057.jpg


3月は天気が良く、10日過ぎた段階で239kwhの発電量となっている。



今年は花粉が例年以上にスゴイとの評判だが、
kazは花粉症歴が長く、20年以上で、

以前、耳鼻科で検査した結果、「普通の人の200倍スギ花粉に反応する」
と言われたほど。

例年この時期は修行の日々だが、今年は新しいマスクを導入したところ
いつもよりも症状が軽くなり、調子も今のところ良いようだ。


130311-4068.jpg

3M 9010 N95対応マスク

耳に掛けるのではなく、頭の後ろにゴムで掛けるタイプで密着度が高い。
ノーズ部分は、針金ではなく、形状記憶素材の金属のため隙間ができにくい。




息を吐く時に通常の薬局で入手できるマスクよりも明らかに眼鏡が曇りにくい。
外で撮影していてもこれはいい。

表面の素材はかなり緻密で何層にもなっているようだ。

130311-4064.jpg


正直やや息苦しいほどだが、前面は突起状に膨らんでいる分、
空間があるので圧迫感はそれほどではない。


通常のマスクでは目が粗すぎて透過してしまう、
PM2.5対応のマスクでもあり、1ヶ月ほど前ニュースになった時に購入したが、
想定通り、花粉にも有効だった。黄砂にも効くとのこと。

130311-1200.jpg


価格は50枚入りで5000円程度。

医療関係では頻繁に交換するらしいが、
もったいないので1~2週間に1回程度

さて、これで鼻はかなり楽になったが、
あとは目か。
これはなんとか良さそうな対策はないものか。。。



テーマ:花粉症対策 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

10 : 27 : 27 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

秩父セツブンソウ&フクジュソウ

3月に入り、6日頃を境に急速に暖かくなってきた。


7日に滑った草津白根山では進む雪解けや春霞にも
春の訪れを感じていた。


そこで3月9日、埼玉県の秩父地方へ。
今年初めての本格的な植物観察&撮影とした。


まず、セツブンソウ

130309titibu-1537.jpg


予想通り満開だった。



ポカポカの陽気でハナアブが「待ってました」とばかり盛んに飛び回っていた。

130309titibu-1423.jpg

花から花へ蜜を求めて飛び回る。



群生。咲き始めもあるがほとんど満開だった。


130309titibu-3764.jpg




130309titibu-3898.jpg




130309titibu-3955.jpg



白い萼片の先端はふつう尖るが丸いものもあった

130309titibu-1587.jpg

ちなみに黄色が花弁で、雄しべが神秘的な紫色だ。





次にフクジュソウ自生地へ。



130309titibu-4016.jpg


山奥の集落のなか、山林の谷に沿って
フクジュソウが分布している。


130309titibu-1679.jpg



気温が24度と高めのなか、下の方の開花が早かった個体は花が
パラボラアンテナ状からさらに平開し円盤状になっているほど


谷の上部の個体は咲き始めが多かった。

130309titibu-1694.jpg


地面から顔を出したばかりのフクジュソウ、
葉よりも先につぼみが見える。

130309titibu-1640.jpg




自生地は私有地内にあり、庭先を通り抜けて自生地への観察路が続いている。

募金箱もあり、募金ももちろんしたが
この日は休日だったためか、庭の縁側で店を開いて休めるようになっていた。


130309titibu-4034.jpg



ここでまぜごはんと飴を土産に買った。
どちらも200円で良心的な価格だった。


130309titibu-4018.jpg



130309titibu-4031.jpg


しかも甘酒とお茶のサービスもあった。




ご近所さんの集まりだろうか。
おじいちゃん、おばあちゃんの健康そうな笑顔が印象的。

頼んだら集合写真まで撮影させていただき、
WEB紹介も了承してくれた。

130309titibu-1701.jpg


もっともこのフクジュソウ自生地、
今年はすでにテレビでも取材を受けているとのこと。



セツブンソウ自生地で偶然会った、花好きのNさんに教えてもらい
最後に近くでイヌノフグリを確認した。


かなり以前に一度見ているが、とても小さな花の大きさに最初は見つからず
目が慣れてから見つかったが、すでに日影になっていて、花は閉じ気味だった。



この日はスギ花粉も大量飛散で、kazはPM2.5対応のマスクで完全防備したところ、
スギ花粉に対しても有効なようで、調子は良かったが


まぜごはんを食べるために、少しの間外したら、しばらく後にに症状が一気に出た。
山間の集落ではマスクをしている人はいないため、聞いて見たら


花粉症の人はゼロではないものの、少ないという。
素朴な手作りのまぜご飯に、排ガスが少ない山間の田舎が少し羨ましく感じた。


テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

10 : 28 : 00 | 植物 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

燃費:JC08モード越え

プリウスのカタログ燃費はJC08モードで30.4km/Lだが、
この数値を達成するのはかなり難しいとされている。


kazのはSツーリングセレクション
で標準(夏タイヤ)は「86」と同じ215/45R17のスポーツタイヤのため、


グリップ重視、「あまり転がらない」という定評。
そのため、むしろ冬タイヤの195/65R15で雪道ではなく、下道遠乗りの時に燃費が伸びやすい。




2013年3月9日秩父往復187km走行で
初めてJC08を超えることが出来た。


130309puri-4040.jpg


32.7km/L

130309puri-4047.jpg

メーター表示よりは実燃費は-2程度なので30.7程度か?

往路は高速を一部使ったものの、正丸トンネル越えが標高350mと低かったため、33km/L
復路は全て一般道だが、山伏峠が標高600mと高めで、登りで消費した分のエネルギーを

下りでは標高差が大きく、電池容量が一杯になってしまい、全て回生できなかったためか?
やや効率が悪くなったみたいだ。




さて、カタログ燃費とのかい離度で一定の参考になるのが「e-燃費」だろう。

http://carlifenavi.com/


同じ1.8L+モーターのHVパワーユニットの
レクサスCTと比較してみる。

※もっともkazはとてもレクサスなど無理ですが。。。


レクサスCTとプリウスではカタログ燃費はプリウスの方が上だが、
e-燃費のユーザー平均はレクサスCTの方が上だ。


ハイブリッドは最初はエンジンが暖まるまでエンジンが停止しない。
このため5~10kmのチョイ乗りよりも長い距離の方が燃費的にメリットが大きくなる


プリウスはチョイ乗りする人が多く、結果的に燃費は伸びず
レクサスは車好きが多いから、遠出のドライブが多くなり


結果的に燃費が伸びるのだろうか?


だが、プリウスも、ある程度以上の遠出ならば、
後続車に迷惑かけず流れに乗った運転で、

e-燃費の18~19より大幅に伸びることは可能と思う。

テーマ:エコカー - ジャンル:車・バイク

23 : 07 : 04 | PRIUS HV PHV EV | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

草津白根山BC

3月7日、草津へ。
草津白根山BCだ。

同行は業界関係でいつものD助さんとMさん
kazは板は出発前悩んだが、北面にはまだパウダーが残っているかもと期待して



センター115mmのBDアンペレージを選んだ。
しかしこれは後に選択ミスだった。

D助さんはセンター105mmのBDジーロット、
今年BC本格デビューのMさんは95mmのBDリバート



130307kusatu-3196.jpg



やや出遅れ気味で出発
本白根山へ

130307kusatu-3214.jpg


白根火山ロープウェィのパトロールステーションに寄って
届けを記入してから出発した。

しかし時間が遅れそうになると携帯に電話がかかってくるなど
なかなか世話焼きだった。


130307kusatu-3238.jpg



冬期通行止めの国道を横断

130307kusatu-3262.jpg






芳ヶ平への最後は渋峠への尾根を目指すため、左に回り込んで
最後は急斜面。ここだけはフカフカ気味

130307kusatu-3434.jpg




昼の休憩

130307kusatu1-3482.jpg


ポカポカの日差しですでに春山だ。







渋峠への尾根をハイクアップ

130307kusatu-3526.jpg


雪に覆われ通行止めの国道から広大な斜面にドロップするも
ハードバーンでやや手強い。






かなり下ると表面は柔らかくなった。

130307kusatu-1165.jpg

シュートを滑って芳ヶ平へ。






春霞かあるいはPM2.5か?視界は霞がちで、
山並みはくっきりと見えていなかった。

130307kusatu-1321.jpg

この下の林道、最後はびちゃびちゃのストップ雪
で太ももにくる。

草津の湯で疲れを癒した。











テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

07 : 50 : 30 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

てれまくり:マムートビーコンゲーム

てれまくりで毎年行われているのが
マムートのアバランチビーコンを使った探索ゲームだ。

130303teremakuri-2762.jpg


JAN(日本雪崩ネットワーク)の指導員による
基本的な知識と操作を教わった後に

実際に雪の下40cmほどに埋め、発信状態になっているビーコンを


探索モードに切り替え、ゾンデ棒で探し当てる内容。
埋められたビーコンはPCソフトケースに収まっているため
人間の感触に近いか。



今年はマムートの「ぬいぐるみ」も景品として一緒に埋められているというので
lynnも参加してみた。

130303teremakuri-2745.jpg



結果、デモ機と同じパルスバリーヴォックスを持っているkaz
も手伝って、ゾンデで見事ヒットと言いたいところだが、


やはりまだ子供だからそう簡単にはいかず。
しかし10人ほどの参加者がいて、


なんと親切な人がぬいぐるみをlynnにくれた。

130303teremakuri-2772.jpg

※ありがとうございましたm(_ _)m



リビングルームに飾られたマムート君のぬいぐるみ

130304-3161.jpg

ロゴマークより少し鼻が短かめか。


参加賞の景品はシールで

これはシール帳に張っていた。

130304-3157.jpg

キティちゃんとマムート
ちょっとイメージが違うけど、まあアリでしょう。







21 : 06 : 29 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

電気ご使用量のお知らせ:2013年3月

kazの太陽光発電システム(三洋HIT5.0kw)
都内の普通に狭い敷地のなか
屋根の小さな発電所の経済効果について。

3/6に検針がありました。

2/6~3/5の28日間の検針結果となります。





まず、購入電力

購入電力量総計 829kwh 


昼間(10~17時)=11kwhで338円(1kw=37.5円)
朝晩(7~10時、17~23時)=215kwで5418円(1kw=25.2円)
夜間(23~7時)=603kwで7127円(1kw=11.8円)
基本料金=1260円

※契約種別:6kVA 電化上手


で燃料費調整(-315円)、オール電化割引(-5%、-938円)、
再生エネ発電賦課金(231円、1kwh=26銭)などで最終的に13068円




前月の検針(30日間)と比較し

926→829kwhと減少。
昨年同時期と比較しても868kwh→829kwhと減少。
昨年より気温が緩む日が多かったからかな~。



購入電力は2月の14777円から減少。



ちなみに今回は前月の検針と比較して特に昼間電力24→11とが減っています。
天気が晴れの日が多かったためかなぁ?




次に売電となる


「太陽光発電設備からの余剰購入電力量のお知らせ」

467kwh(三洋HIT5.0kw)

467(kwh)×48(円)=22416円


晴れて良く発電したためか、昨年同月は356kwhだったので100kwh以上増えています。


よって今月は9348円のプラス収支になりました。










次に自給分電力。
568wh(1月の積算発電量)-467kwh(売電量)=101kwh(自給分の電力)


※検針日は5日ほどズレがあるため、正確な数値ではないが、
年間を通じて計算するとだいたい変わらず。


自給分は1kwh=28円と仮定し、
※昼間料金(30円)の他に、朝晩料金(25円)もあるため

101×28(円=kwh)=2828円(自給分の電気料金)


今月の経済効果...22416+2828=25244円(売電+自家消費分)


で、今月もお日様に感謝となりました。




        

さて、東京都の補助金がいよいよ平成24年度の年度末で終わることになったようです。



住宅用太陽光発電の新たな普及策
「屋根ぢから」ソーラープロジェクトを開始します




1kw=10万円という大盤振る舞いの補助金で、


kazは制度開始の2009年の4月に申請して5kwh×10で50万円と
少なくない補助金のため、導入コストが抑えられて助かったのですが、


制度停止の根拠がなんと導入コストが4年間で4割近く低下しているとのこと。
このコスト低下に、2009年に始まった固定価格買取制度が狙い通りの効果を上げている

ことは間違いないでしょう。


kaz個人的には、導入すれば、だいたい期待以上の発電をして、
狙い通り、シミュレーション値より前倒し、
10年前後で投資回収は可能なので、

今後は国や社会を挙げてのPR、認知度アップがポイントになるように感じています。



再生可能エネルギー、特に太陽光発電に関しては、「懐疑派」がネガキャンを振りまくなど
馬鹿らしくてそのような論調は読む気もしませんが(^^;)


国の将来の資源エネルギー政策や、世界市場での技術開発競争もあるため
日の丸太陽電池、スマートグリッド、蓄エネ技術を応援したいところですね。




テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

19 : 25 : 58 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「てれまくり」2014

毎年取材で参加している3月第1週の土日
日本最大級のフリーヒールスキーイベントである

「てれまくり」に今年も参加した。


今年はいきなり暴風雪の荒れ模様の天気からスタート。

130303teremakuri-2373.jpg



1日目は視界が悪いため、滑りの写真はぼやけがちであまり撮れなかった。


最初は松本と高田の駐屯地から来た自衛隊による
スキー滑降のデモンストレーションもあったが、

130303teremakuri-2439.jpg

彼らの装備を見て驚く。
革靴に原始的な金具にポール。
これで急斜面を滑り降りていた。


1日目は主にメーカーテント周辺の取材。
ついでに気になる板やブーツを試乗してみたり。



ちなみにkazにとって衝撃的だったのがこちらの

130303teremakuri-2458.jpg

BDカーボンメガワット(センター125)
なんと重量は旧モデル4.2kgが3.6kgと600gも軽量化していて

今ファット板としてメインで使っている
BDアンペレージ(センター115)


よりも1kg軽く、リフトに乗っていても明らかに重さを感じなく、
これだけ太いとゲレンデでもややもてあまし気味かと思いきや


軽いためテレマークポジションの足の入れ替えが予想外に楽だった。
間違いなく来期注目のスーパーファット軽量板だろう。




宿はゲレンデから少し離れた少しお洒落なペンション
ちなみに夕食は中華だった。

130303teremakuri-2531.jpg

業界では決して多くはないプリウス兄弟。左側の兄貴分(20型)はライターのD助さんので、
すでに16万km以上走行している。まさに「乗ってナンボのハイブリッド」を地で行っている。




夕食後は再び会場に行き、てれまくりナイトの取材。

130303teremakuri-2560.jpg


今年も大変な盛り上がりを見せていた。


2日目は晴れるかと思ったが雪でスタート。
昨日から新たに20cm積もっていた。



130303teremakuri-2666.jpg




しかし、このお陰で、雪質はすこぶる良かった。

当初オフピステで「スティープ&ディープレッスン」を撮影する予定だったが、
前々日の雨で固くなった雪に新雪が重なった悪条件。
弱層を考慮してゲレンデ脇に変更。


トップライダーも参加していたので
その撮影だったが、


さすがにトップライダーは滑りが美しく、とても絵になった。


130303teremakuri-0700.jpg


藤川健氏、稲垣勝範氏





130303teremakuri-0755.jpg


高梨穣氏




130303teremakuri-0827.jpg


上野岳光氏




130303teremakuri-0788.jpg


松澤幸靖氏、成澤泰成氏



130303teremakuri-0824.jpg


倉金純也氏



130303teremakuri-0853.jpg

Per Jonsson氏(海外招待ライダー)




そして昨年も参加したBCクロカンに今年も参加。

kazは昨年はステップソール細板に3ピンを使っての、
T2X(プラブーツ)と反則気味だったが、


今年は本物の革靴+細板で撮影もした。
かなり修行系だったが、予想外にピステも滑れて面白い。

プラブーツと異なり、装備に頼れない分
滑りはしっかりとテレマークポジションを身につけてないと厳しいようだ


130303teremakuri-3093.jpg

白馬ヤマトヤと松沢さんと、山田誠司さんと


NTNに新しく軽量バインディングが登場したので
乗ってみた。

130303teremakuri-3117.jpg

※右端のもの


確かにBD O1程度の重さで軽い。


クライミングワイヤーは高さが異なる2つのモードがある。
唯一価格面がややネックだが、剛性感があるNTNならでは力強い滑りは可能だった。


トップライダーでも倉金さんと、松沢さん、Per JonssonさんはもうNTNだった。

ライターのD助さんもかなり気に入ったようだ。



130303teremakuri-3113.jpg

案内してくれた倉金さん
そして、業界関係者の皆さんありがとうございました。



19 : 10 : 26 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2013年2月の発電実績

2013年2月の発電実績となります。

※三洋HIT5.0kw (210W×24 6直4系統) 2009年5月連系




130301pv1-2283.jpg







発電量 568kwh
消費量 931kwh
売電量 450kwh
買電量 813kwh
自給率 61%



太陽光発電を設置してから4回目の2月です。




1年目(2010年)は415kwh。2年目(2011年)は535kwh、3年目は(2012年)は517kwh、
例年2月は控えめですが、今年は2月としてはもっとも発電量が伸びました。


三洋電機シミュレーション値の発電量422kwhに対しては
135%と大幅に上回りました。(^_^)




1日あたりの平均は約20.1kwh
システム1kwあたりでは4.0kwh。



設備利用率は16.7%でした。

※自然エネルギーでは、発電効率を示す指標として使われる。
5kwのシステムが24時間フルパワーで発電した場合を100%として、

夜間は発電しなく、天気も悪い時も発電量がが伸びないため実際の稼働率を示す数値。
太陽光発電の場合、年間を通じて日本では12%程度とされる。


一方、消費電力は、1日平均では33.3kwh。
1月より若干減りました。リビングのベース暖房である蓄熱暖房に200kwhほどかかっています。




電力自給率は61%





売電は450kwhで発電量の79%。





こちらは日毎のデータ

発電量

130301pv2-2294.jpg




最高は24日の32.8%で、30kwh越えが4日





消費量

130301pv3-2295.jpg






売電量

130301pv4-2297.jpg








買電量

130301pv5-2299.jpg







発電量と消費量

130301pv6-2285.jpg



中ほどに2日電力自給率が100%を超えている日がありますが、
ファミリーでスキーのための不在でした。



こちらは売電量と買電量

130301pv7-2287.jpg








こちらは前月との消費量の比較

130301pv8-2301.jpg





で、今月も太陽に感謝でした。









さて、茅ヶ崎市の実家ソーラーフロンティアCIS5.25kwとの発電量バトルの結果は、



490kwhで設備容量1kwあたりの発電量は93.3kwh
かず発電所は112kwhだったので

30km離れているため単純に比較できませんが、
11月、12月、1月に続きkaz発電所が上回りました。(^^)


この時期は太陽高度が低くなり、設置角度が20°と浅く、
朝夕の陰の影響がある(平屋だが、両隣は2階建て)実家の場合、


冬場は厳しいのでしょう。

しかしソーラーフロンティアの年間シミュレーション値5451kwhは4/12の連系開始以来
2ヶ月以上前となる、1月中にすでに達成していたようです。






テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

14 : 58 : 59 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

燃費向上

2/28は暖かい1日のなか

取材で群馬県のみなかみ町へ。

130228-2050.jpg


マムートジャパンが主催したアバランチビーコンの講習会の
取材撮影でしたが、


130228-2189.jpg


2/18に6ヶ月点検を受けたkazの30プリウスにとって
点検後初の運転でした。


点検前なんとなく若干の燃費の低下が気になっていたので


・タイヤを空気→窒素に変更し圧力を2.6Kpaに(以前は2.4~2.5程度?)
 ※タイヤは195/65R15 スタッドレスタイヤ ミシュランX-ICE2

・オイル交換(モービル1 0W-20)※100%化学合成 添加剤はなし。

・エンジン洗浄・燃料添加剤の注入(ワコーズ F1)※ディーラーで販売されていた。1680円


結果、約360km走行し、車載表示燃費が29km/リットル 
と、驚くほどの結果に。

※満タン法燃費は約27km/リットル程度、で約13リットル程度使用か?

130228-2272.jpg

感覚的に1.5割ほど向上か?

エンジン洗浄・燃料添加剤はこれまで入れたことがなく、
ディーラー整備士さんの話しでは半年に1回程度でいいらしいのですが、
特にピストン周りののススを洗浄する効果があり燃費改善にもつながるとのこと。



3つの複合的な要因があるにせよ、エンジンオイルが100%化学合成など、ある程度グレードが高いものであれば
エンジンオイル添加剤は必要なく、ピストンのススを洗浄する効果がある燃料添加剤を入れた方が
効果があるのでは?という印象でした。


でもこの添加剤、価格が少々高いのがややネックですが、
走行も軽くなった気がします。



テーマ:エコカー - ジャンル:車・バイク

10 : 12 : 45 | PRIUS HV PHV EV | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

氷瀑:美の世界

26日の三ッ峠、四十八滝で撮影した
水と氷が創り出す世界。



沢の途中、模様を残したまま氷結した流れがあった。

130227ice-1742.jpg





段々状に形成された氷

130227ice-1741.jpg





結氷していない中央の流れと凍った周辺

130227ice-1782.jpg




落ち葉が流れてきて、浮いたまま凍ったのか。

130227ice-1747.jpg

イヌブナ、ケヤキ、イロハモミジの葉だった。





溶けて水滴したたる滝


130227ice-1762.jpg





氷瀑に張った薄い氷の内側に水が流れていた
このような不思議で独特の模様は初めて見る。

130227ice-1834.jpg



どのように形成されたのか。
垂直に落ちる氷で、半分氷に覆われた落ち葉があった。


130227ice-1820.jpg

カバノキ科のサワシバだろうか。



気泡がたくさんある氷漬けの葉

130226-2041.jpg

イヌブナだろうか。



垂直の滝、厚く形成された透明度の高い氷


130227ice-1814.jpg



登ることで発見できる
水と氷の不思議な世界がそこにあった。

130227ice-1816.jpg





00 : 17 : 19 | カメラ、PC関係 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。