スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

北岳:高山植物講習会

7月19-20日で北岳へ行ってきました。


専門学校、国際自然環境アウトドア専門学校のプログラム学習で
高山植物の講師役です。


元YK編集部のMさんが、職員になっていて、
学生を教えていて、学生さんからの要望、依頼があったので、


編集部時代ではお世話になった経緯もあり、引き受けました。

120723kitadake1.jpg




初日は広河原から御池小屋まで。


大樺沢沿いに二俣へ。

120723kitadake2.jpg

登山道脇で出会う高山植物の種名とその知識、見分け方から
亜高山帯を構成する主要な樹木。

さらに、植生の話まで。

レクチャーには時間がかかるものの
若い学生さんだけあり、テント泊ながら、ペースも良い調子。
今年は残雪が豊富で、この時期にしてはまだかなり雪渓が残っていました。



2日目は御池から山頂往復。
朝は朝焼けの空と鳳凰山。

120723kitadake3.jpg


草滑りを登っていると途中から雨の天気に。。。


基本的に将来ガイドさんになるのが目標の学生さんたちですが、
若く知識も吸収しやすい時期から高山植物の知識を身につけるのが狙いだそうです。

120723kitadake4.jpg



kazの周りでもガイドさんには高山植物の知識に乏しい人が多くいますが、
「岩の山では岩に登り、花の山では花を見て覚えること、
若いうちはどん欲になんでも吸収すること」の大切さも教えます。

また、高山植物だけでなく、南アルプスで今、激化して問題化しているシカ食害や
希少高山植物の保護問題まで広く話しをしました。



キバナシャクナゲ

120723kitadake5.jpg



オヤマノエンドウ

120723kitadake6.jpg



草滑り上部のシナノキンバイ-ミヤマキンポウゲのお花畑

120723kitadake7.jpg


※この場所にはシカ柵が張られ、
ネットの間からレンズを入れての撮影です。



山頂はあいにくのガスの中、
しかし、その分高山植物は雨滴を帯びて生き生きとしていました。










スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

08 : 07 : 47 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

7/5大雪山など

今年の海の日休日の3連休は明けそうで明けない梅雨空で、
やや山の天気は不安定なよう。


下界は早くも猛暑の様相で

この地球的規模での暑さの影響か?


ウナギは海水温の上昇で不漁続きで高騰していたり、
九州、西日本では豪雨など異常気象の様相。



災害に遭われた方は気の毒ですが、
ホントにもっと持続可能社会の方向へ持って行かなければこの先どうなるやら。。。という印象です。







さて、年間計画では、この山に登り、この種を見たいと夢が多いのですが、


いざ実現したものとなると、
なかなか厳しいのがこの世界。


いろいろと仕事のスケジュールや天気、タイミング的に合わなかったりで
KAZの場合、半分うまくいけばよい方(^^)





7月頭は利尻島の計画でしたが、PCトラブル、仕事などもあり、
結局先延ばしで道内は2日間のみ。


で5日は久しぶりに大雪山赤岳の一面のイワウメ群落を見たいと思って登ったものの、





朝から空が生暖かく、薄雲が広がり、「大気が不安定」との予報。
なんとなく、予感的な感覚がして、途中のコマクサ平往復としたところ、


案の定11時頃から雷雨でした。


で、少し画像をアップします。




銀泉台~第一花園間のイソツツジ群落


120705JINYOU4.jpg


朝から高曇りの天気





第二花園付近、エゾコザクラ群生

120705JINYOU2.jpg


本州のハクサンコザクラに比べてやや大きめで見応えあります。




久しぶりにカメラを向けたジンヨウキスミレ


120705JINYOU3.jpg


葉が腎臓型をしているのが名の由来という




コマクサ平の下でした。


120705JINYOU1.jpg





23 : 55 : 08 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

PEAKS BOOKS 高山植物の基本

6月20日、忙しい時期でのPCトラブル、再インストールから
主要なソフトもほぼ入れ終わり、

モニターキャリブレーションなども安定しはじめ
ようやくPC環境が落ち着き始めました。


さて、新刊の案内となります。

※発売日からはもう3週間ほど遅れていますが(^^;)


PEAKS BOOKS 高山植物の基本



120714kouzan1.jpg




発行 枻出版社
税込み価格 998円


参考:枻出版 高山植物の基本


参考:AMAZON



ページ数:128ページ
カバーの内側はソフトビニールカバー仕様
サイズは新書サイズを若干大きくした程度

ザックの雨蓋に収納するにもピッタリだと思います。


120714kouzan5-8526.jpg



今年2冊目の単行本で、通算6冊目の単行本です。
6月まで、執筆、編集作業に追われていました。


この図鑑は種数を主要な100種前後に絞る代わりに
代表的な種は生育環境も入れたワイドアングルのカットを
右側1ページに大きく裁ち落としで使っている点が特徴で
全体のおよそ2/3はこのような構成です。



また山域はほぼ本州中部に的を絞った内容となっているため
100種でも、通常に登山道を歩いていて、高山帯で花が目立つ種に関しては
ほぼ盛り込んでいると思います。




以下中身のページを一部紹介します


10-11ページ キタダケソウ


120714kouzan4.jpg




78-79ページ タカネビランジ

120714kouzan3.jpg


見開き紹介で左ページには
図鑑的な縦位置生態カットの他に


部分アップ、必要に応じて類似種との対比など。


加えて「撮影メモ」として撮影場所や山行記録などの
主観を入れた簡単なメモ書きも加えました。



そして

環境編の解説が10ページ分

120714kouzan2.jpg


他に

・高山植物はなぜ美しいのか
・高山植物はどこから来たのか
・観察と撮影のポイント、安全に配慮した山行
・高山植物を巡る諸問題(盗掘、シカ食害、温暖化など)


も盛り込みました。



この図鑑は環境込みの写真も重視してきた自分にとって
ある種の「写真集的カット」も多く、入れることができたため

満足な結果で、結構気に入っています。



正直なところ、枻出版PEAKS編集部には花や高山植物に詳しい編集者が
非常に少ないのですが、「環境が見えるとわかりやすい」とのこと、この思い切った構成が好評でした。


※細かい写真を並べる図鑑は既に作っているため、
あまり興味がなかったという理由もありますが(^^)


サイン本の発送も受け付けています。

希望される方はまずはメールでお知らせ下さい


なお要望を受けて
今回はご希望により~様と名前も入れますので

希望される方は「名前入れ希望」と記して下さい。


よろしくお願いします。<(_ _)>

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

10 : 00 : 59 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

電気ご使用量のお知らせ:2012年7月

kazの太陽光発電システム(三洋HIT5.0kw)
都内の普通に狭い敷地のなか
屋根の小さな発電所の経済効果について。


北海道取材で不在にしていたものの
7/5に検針がありました。

6/6~7/4の29日間の検針結果となります。





まず、購入電力

購入電力量総計 313kwh 


昼間(10~17時)=6kwhで174円(1kw=28円)
朝晩(7~10時、17~23時)=129kwで2983円(1kw=23円)
夜間(23~7時)=178kwで1632円(1kw=9円)
基本料金=1260円

※契約種別:6kVA 電化上手


で燃料費調整(269円)、オール電化割引(-5%、-510円)、
太陽光促進付加金(18円、1kwh=6銭)などで最終的に5774円




前月の検針(29日間)と比較し

376→313kwhと減少。


気温が高くなるにつれてエコキュートにエネルギーを
使わなくなり、昼間も太陽光発電で賄えているからだと思います。



購入電力は6月の6553円から5774円に減少。






次に売電となる


「太陽光発電設備からの余剰購入電力量のお知らせ」

はいつもよりやや少なめで346kwh(三洋HIT5.0kw)

476(kwh)×48(円)=16608円



よって今月は10834円のプラス収支となりました。










次に自給分電力。
495wh(6月の積算発電量)-346kwh(売電量)=149kwh(自給分の電力)


※検針日は5日ほどズレがあるため、正確な数値ではないが、
年間を通じて計算するとだいたい変わらず。


自給分は1kwh=27円と仮定し、
※昼間料金(28円)の他に、朝晩料金(24円)もあるため

149×27(円=kwh)=4023円(自給分の電気料金)


今月の経済効果...16608+4023=20631円(売電+自家消費分)


で、今月もお日様に感謝となりました。




        



さて茅ヶ崎市の実家ソーラーフロンティアCIS5.25kwの話を少し。

いつもだいたい月末に検針があるようで
6月は梅雨期間にもかかわらずkazより20%近く多い587kw発電し、
消費は単身世帯のためわずか212kwhとのことでしたが、


検針結果は購入電力4302円、売電は設置時期の違いで、
単価はkw=42円と安めなものの
21000円とkazよりも多めとのことでした。


リタイヤ世代なので、太陽光発電についてあまり詳しい知識はないものの、
kazのアドバイスもあり、導入して良かったと言っていました。



アドバイスをもうひとつ
「アンペア下げ」です。

どういう訳か、全電化ではあるものの、
単身世帯で100アンペアのブレーカーが標準でついてきたらしく


100アンペアの基本料金は2100円。kaz宅も60アンペア(基本料金1260円)であり、


100アンペアでは1000ワットのドライヤー10台分相当なのでさすがにこれは必要ないでしょう。
さすがに、冬場にエコキュートと、大型の蓄熱暖房、EV充電を同時に行うなら話は別ですが



60アンペアに下げた方が良いとアドバイスをしました。
結構、見えにくい部分でのムダは削減できるケースがあるなあという印象でした。


テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

08 : 14 : 49 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2012年6月の発電実績

今回は特別に遅れ気味ではありますが(^^ゞ

2012年6月の発電実績となります。

※三洋HIT5.0kw (210W×24 6直4系統) 2009年5月連系

120712pv1-7348.jpg





発電量 495kwh
消費量 450kwh
売電量 365kwh
買電量 320kwh
自給率 100%



太陽光発電を設置してから4回目の6月です。
今年の6月は昨年と比べると、やや晴れが多めでした。


1年目(2009年)は483kwh。2年目(2010年)は601kwh、3年目は(2011年)は475kwhでした。


一方、消費電力は1日平均では15kwh。
昨年は450kwhだったので全く同じでした。



一方発電量は三洋電機シミュレーション値の発電量431kwhに対しては
115%と上回りました。(^_^)




1日あたりの平均は約16.5kwh
システム1kwあたりでは3.27kwhとなります。



設備利用率は13.6%でした。

※自然エネルギーでは、発電効率を示す指標として使われる。
5kwのシステムが24時間フルパワーで発電した場合を100%として、

夜間は発電しなく、天気も悪い時も発電量がが伸びないため実際の稼働率を示す数値。
太陽光発電の場合、年間を通じて日本では12%程度とされる。





電力自給率は100%を超えて110%







売電は365kwhで発電量の74%。






こちらは日毎のデータ

発電量

120712pv2-7353.jpg




最高は26日の31.6kwh。





消費量

120712pv3-7354.jpg





売電量

120712pv4-7355.jpg






買電量

120712pv5-7356.jpg







発電量と消費量

120712pv6-7349.jpg






こちらは売電量と買電量

120712pv7-7350.jpg




こちらは前月との消費量の比較

120712pv8-7357.jpg










今月も太陽に感謝となりました。









さて、茅ヶ崎市の実家ソーラーフロンティアCIS5.25kwとの発電量バトルの結果は、

587kwhで設備容量1kwあたりの発電量は111.8kwh
かず発電所は98.2kwhだったので


またまた完敗となってしまいました。

むむむ、ソーラーフロンティアCIS恐るべし。。。



それと、最近隣家の屋根にもいつの間にか太陽電池パネルが載っていました。
三洋を買収した、パナソニックHITのシステムとのことです。


たまたまゴミ出しで、工事業者に聞いてみたら
「いやー忙しいですね」との嬉しそうな返事。


そりゃテレビや白物家電はもう飽和状態だけど、
太陽電池ならいくらでも未開拓の需要があるからでしょう。


「太陽光発電は高くて結局モトが取れない」というのは過去の話
というより、プロパガンタという方が相応しいか (^^;)


3.11後のエネルギー政策では、
ますます重要な役割を果たすべく今後ともますます躍進しそうで心強いです。

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

15 : 41 : 25 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

PCゴタゴタなど

6/19~20で2日間の慌ただしい北海道、道東取材。


その後帰ると、なんとメインのデスクトップPCが超調子が悪く、
なかなか起動せず。

SAFEモードで、システムの復元やスタートアップ修復を試みるも
なかなかうまくいかず。





メインのPCは
2009年2月に導入 BTOで
・Core i7 940 +ASUS P6T Deluxマザーボード

2010年からWin7 Ultimate 64bitの環境でした。

HDDは購入直後は1+1の計2TBだったものの、
デジタル画像データがどんどん増えるにつれて1.5TB、2TBを追加。

それだけでは足りなくなるとUSB3.0の外付けHDD2TBが3台分。




さすがに、3年少しでPC入れ替えるほどの余裕もなく(^^;)
あと2年ほどはなんとか頑張ってもらいたいと考えました。



起動ディスクのHDDは駆動時間も長いことから、安全面から
この際、HDD交換の再インストールをすることに。


「う~ん、よりによってこのあちこちの山に飛び回る忙しい時期に~」

この手の作業は通常、割と時間に余裕が生まれる冬季に行うのですが、
今回はなかば強制的。


ところが、急遽購入に走ったHDDもどうも調子が思わしくなく、
またまた起動しなかったりと、購入したパソコン工房に筐体を持って行くと


HDDが初期不良らしく、交換に。
この際、再インストールを兼ねて、検査預かりに。


もちろん、この間すべての仕事には大きな支障が出ていました。(T_T)


さて、PCケースが帰ってきてもすぐ万々歳ではありません。


数多くのソフトの再インストール、メールのデータ移行、
再設定、仕事関連のデータの移行作業。



120703_pc3.jpg

HDDは1+1+1.5TBの3台を外し、2+3TBの2台に交換

これでCドライブも余裕が生まれ、データ用の内蔵3TBにより、
ハードディスクの台数も減ることから、高温も緩和され、多少省エネに?


全てのソフトは難しいけど
Photoshop lightroom は3から4にアップグレード
Adobe Creative Suite Design Premium も3から6にアップグレードしました。


しかし
特にやっかいなのはRAW現像ソフトのPhotoshop Lightroom です。

膨大な数のデータのカタログ登録には時間がかかり、
現像パラメータの引き継ぎがうまくいかず。。。。



この後モニターキャリブレーション、プリンターのカラーマッチングも設置し直し
など結構な作業になりそう。。。


まあ今は、安定したPC環境あってこその仕事なのだなあと、改めて実感しました。








19 : 09 : 15 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。