スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

マイクロ水力発電

このブログは再生可能エネルギーとして、KAZも導入している
太陽光発電について語ることが多いのですが、

今回は同じ自然エネルギーで
マイクロ水力発電について少し述べたいと思います。



再生可能エネルギーというと、最近は大規模風力発電の問題について
(低周波音、バードストライク、景観問題、故障・台風被害)しばしば耳にするようになりました。


まあ、風力発電はkwhあたりのコストが比較的安いのが特徴らしいのですが、
それも太陽光発電の拡大で今後、各メーカーが量産体制をさらに整えると、
そのメリットも薄れていくのかな???
という気もしています。やはり居住地域はもちろろんですが、自然生態系が豊かな地域でも導入には慎重になってほしいですね。


それ以外に潮力、地熱、波力などもありますが、最近にわかに注目を集めているのが
マイクロ水力発電とのこと



先日ファミリーで宿泊した、八ヶ岳にある山小屋「夏沢鉱泉」では現在、
事実上全ての電力をマイクロ水力発電でまかなっているとのことでした。

090909yatugatake2.jpg


小屋は沢にそった登山道ぞいにあるため、すぐ前には沢が流れています。
その沢の水を一部取水して、パイプで送り、落差を利用してタービンを回すというものです。


こちらは小屋の上流側にある取水口
090930suiryoku1.jpg


送水管は長さ180m、落差35mとのこと。パイプの太さは20cm

こちらの小さな小屋の中に、パイプの水が送り込まれ、
発電タービンが回って発電するとのことでした。

090930suiryoku2.jpg


そして、タービンを回し終えた水は川に戻るという訳です。



定格最大出力は5.4kwとのこと


しかし、Uさんから、その話を聞いた時、最も驚いたのが年間を通しての発電量を計算した時でした。

実は定格最大出力はKAZのソーラー(三洋HIT5.0kw)とそれほど変わらないか、若干マイクロ水力の方が多めですが、

年間発電量はKAZのソーラーの5577kwh(三洋電機シミュレーション計算値)に対し、
約8.5倍となる47304kwh
※5.4kw×24時間×365日=47304kwh



これは水力発電は天気に左右されず、昼夜関係なく、一定の発電量を保つからとのこと。

高効率ハイブリットタイプの、三洋HIT太陽電池パネルでこれなので、
他の多結晶シリコンパネルでは10倍近く差が出るかもしれません。
変換効率が低い薄膜シリコンパネルや非シリコン系パネルだと10倍以上???


「太陽光発電システムは、実際には12%ほどの効率でしかない」
と以前聞いた言葉を思い出しました。

現在日本ではマイクロ水力発電に適した沢は沢山あると思いますが、
なかなか普及しないのは、河川には水利権など複雑な問題があるとのこと。
そしてこの夏沢鉱泉は、上流過ぎて水利権は及ばない場所だからこそ実現できたとのことでした。


ps. 
とはいっても、都市などはマイクロ水力でエネルギーを全てまかなうのは、
とても無理なのは想像に難くないと思います。

地球上に降り注ぐエネルギーの資源量として考えても、
次世代エネルギーの中核は事実上、唯一無尽蔵とされる太陽光発電、

それにゆくゆくは蓄電池だと思います。


「地球上の全人類が必要とする総電力は、およそ16テラワット(1テラワット=1兆ワット)。2020年には、20テラワットに増えるとみられています。一方、地球の陸地に降り注ぐ太陽光は12万テラワット。つまり、太陽エネルギーはほとんど無尽蔵にあると言えるのです」


...ナショナルジオグラフィック日本版2009年9月号より引用





スポンサーサイト

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

14 : 20 : 54 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

スウェーデン取材

更新が遅れ気味ですみません。

9月11~17で

北欧・スウェーデンまで出張してきました。
主な訪問先は北部、北極圏内のラップランド地方。


北欧を専門に手がける旅行代理店、フィンツアーコーポレーションからの依頼の仕事です。


詳しい内容は後に使用媒体の誌面が決定しましたら
お知らせしたいと思いますが

最も印象に残ったスウェーデンの山小屋の概略のみアップしたいと思います。




オーロラで有名な街、イェリヴァーレから車で約2時間のところにある
世界自然遺産「ラポニア」内のストーラショーファーレ国立公園
090913sweden10.jpg




に隣接する山小屋、サルトルオクタです。
090913sweden3.jpg

本館は1918年に建てられ、重厚な雰囲気を残して大切に使用されている

090913sweden1.jpg


部屋は全てベットの部屋となり、とても広くて快適

090913sweden9.jpg



薪ストーブにソファーが備えた談話室や売店もあり、
ディナーはこちらのダイニングルームでコース料理となる。

090913sweden4.jpg


前菜やパンなどはバイキングで食べ放題
090913sweden5.jpg

各種ワインやビールもあり
090913sweden6.jpg

090913sweden7.jpg

メインディッシュはノルウェィ産の鮭を使った料理だった。

090913sweden8.jpg


そして「王様の散歩道」で知られた、トレイル「クングスレーデン」の一部を歩いた。

090913sweden2.jpg







テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

11 : 16 : 46 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

八ヶ岳・硫黄岳ファミリー登山2日目

登山2日です。

6時に朝食後、準備して、夏沢鉱泉を7時30分頃出発。
090910yatugatake1.jpg

右は小屋のオーナーのUさん。


lynnは現在、体重が約10kg、
ベビーキャリーザックにカメラ装備、その他必要な登山装備を加えると重量は20kg近くなり

装備の改良で軽くなった、現在のテント泊縦走と変わらないか、やや重めだ。
実際に、歩かせている時は、ぐっと軽く感じる。

背負って歩くのも気を遣うし、決してラクではないのだ。。。

090910yatugatake4.jpg


オーレン小屋に近づくと登山道は平坦になるので、
lynnは歩いてみる。
090910yatugatake2.jpg



逆光の木漏れ日の中を進む。

090910yatugatake3.jpg


しかしはしゃぎ過ぎてまたつまずいて転んで泣いてしまい
再びキャリーに乗ることに。
090910yatugatake9.jpg


オーレン小屋から先は
もっぱら昼寝
090910yatugatake5.jpg



その後、赤岳鉱泉方面からの登山道と合流する、赤岩の頭付近で目を覚ました。
090910yatugatake6.jpg



雄大な山岳景観と、
稜線を吹き抜ける風が心地よい。
090910yatugatake7.jpg



「山頂でバナナを食べよう」
と言うと

lynnは「ばなな、さんちょうわ」と繰り返していた


11時頃山頂着。
090910yatugatake8.jpg

山頂で食べるごちそうの味



硫黄岳山頂からは
雲が多めなものの、遠く、天狗岳や蓼科山も見えた

090910yatugatake12.jpg

下山は夏沢峠経由で
途中のオーレン小屋で昼食

うどんは讃岐風のだしが効いているが、味付けは濃すぎず
美味しい
090910yatugatake11.jpg



その後先lynnはまた歩いて下山にチャレンジ
足下をよく見てゆっくりと進まないとまた転ぶよ~
090910yatugatake10.jpg



テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

07 : 54 : 09 | 子連れ登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

八ヶ岳・硫黄岳ファミリー登山1日目

連休も外出続きで写真整理がまだだったため、
更新が遅れてしまいお待たせしました。


まず、9月9~10日で登った硫黄岳ファミリー登山から。
目的の山は八ヶ岳の硫黄岳(標高2760m)
lynn、1歳9ヶ月にして初めての本格的な高山デビューです。


登山口は桜平(標高1900m)で、硫黄岳まではコースタイムで2時間50分
下りは夏沢峠経由で1時間45分、途中の山小屋「夏沢鉱泉」で1泊の予定です。



初日は余裕があるため、まず霧ヶ峰へ
初秋の八島湿原ではハンゴンソウとサラシナショウマの群生が見られた。

090909kirigamine1.jpg

他にハバヤマボクチやヤマラッキョウなども満開だった。



木道を歩く。
lynnはコンクリートでできた木の支柱が妙に気になる様子。
090909kirigamine2.jpg

木道をまたいだりと遊びながら歩く。





その後、ソバ屋で昼食後、桜平登山口へ。


ここからコースタイムで30分、幅が広く歩きやすい道をのんびり登る予定だったが、
なんと偶然だったが、小屋の車に乗せてもらえることになった。

090909yatugatake1.jpg


小屋に到着後lynnは小屋周辺で散歩、清流を眺めたり、坂を登る練習???
090909yatugatake7.jpg


小屋は山小屋というより、温泉宿に近く快適だった。
階段ロビーには、この周辺で撮影された写真フレームが飾られギャラリーのよう。
090909yatugatake8.jpg



館内にはなんと小さな子供向けの遊具もあった。
090909yatugatake4.jpg

最大の魅力である温泉は雰囲気が良い。


お湯は鉄分を含んで、赤茶けている。
しかし泉質はそれほど強いクセはないようだ。

なにより、石けんが使えるのですっきりする。
浄化槽をしっかりと完備しているのが前提だそうだ。

090909yatugatake3.jpg
※特別に家族風呂にしてもらい撮影。通常は男女別に分かれています。



料理は小屋の親父さんの畑でとれた有機野菜と、しし鍋。とても暖まり美味しい。
090909yatugatake5.jpg


部屋は個室タイプなためくつろげる。
lynnは興奮気味で、ふとんの上ではしゃぎまくり。
090909yatugatake6.jpg


翌日の登山に備えるのでした。

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

23 : 24 : 15 | 子連れ登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

櫛形山シカ食害

9/5~6と南アルプス市へ。

日本高山植物保護協会の指導者研修会があり

南アルプス市の櫛形山で行われるとのことで参加したのだ。

初日は午後2時から、南アルプス芦安山岳館で机上講習。
090905kushigata1.jpg



以前、シカ食害取材でも協力していただいた、南アルプス市のHさんとIさんがパワーポイントの資料で櫛形山の歴史、現状を詳しく説明してくれた。

櫛形山は以前から花が多い山として知られ、特に7月のシーズンには100万本のアヤメとたたえられ「花の百名山」にも選定されていた。

ところが近年急速にアヤメの群落の衰退が顕著になり、2006年を最後にアヤメまつりも開かれなくなったほどだった。

そして昨年は全山で開花がたったの13個体という有様という。


そして近年の調査によりシカを始めとする野生動物の影響が深いことが次第に明らかになったという。


要因は温暖化による冬季の少雪
※甲府気象台の年平均気温は100年で2°上昇したという。

それにハンターの高齢化に伴う減少など、複合的なものとされる。




2日目は実際に櫛形山へ登った。


3年ぶりくらいだろうか。実際目にした光景は酷いとしか言いようがなかった。


変わり果てたお花畑、。シカ柵のなかは花であふれていたが、外はまるで草刈り場のようだった。
090905kushigata3.jpg

斜面が急なところはシカの蹄による踏み荒らしのため土壌が流出するなど末期的な症状だった。
※かつてはここにもアヤメが咲き乱れていた。


090905kushigata2.jpg

柵は研究的な意味合いが強い。

しかし山全体の生態系で考えたとき、柵は希少種の遺伝子保存には役立つかもしれないが、
本質的には解決しない。



できるだけ早く山域全体の頭数をコントロールすること。銃による捕獲、食肉有効活用などを含めた大胆な方策が必要と感じた。速やかに。

テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 46 : 58 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

岳人別冊秋山09

スウェーデン出張から帰り、前回の八ヶ岳登山を含めいろいろアップしたいところですが、

写真の整理が大変でまだのため、


取り急ぎ、仕事の出版物の紹介をしたいと思います。
※発売日から少し経っていますが...。


岳人別冊「秋山2009」

090917gakujin_akiyama.jpg



発行:東京新聞出版局 価格1100円




KAZの仕事内容は、
最近多くの地域で激化する

シカ食害

についてで、巻頭カラー4ページの

「秘境知床の生態系を脅かすエゾシカの群れ」

と、モノクロ7ページの
「北海道、深刻化するエゾシカの食害と食肉化有効活用」

についてです。


現在、尾瀬、南アルプス、八ヶ岳など
増えすぎたシカによる食害が目立ってきています。


・ハンターの高齢化、減少
・天敵となるオオカミの絶滅
・地球温暖化による冬季の積雪量の減少



などの要因が挙げられています。アメリカのイエローストン国立公園のバイソンのように
「近縁のオオカミを国外から導入して、絶滅前の状況に戻せばいい」
との学説も浮上していますが



人間への影響などを考えると、すぐには難しく、慎重にならざるを得ないでしょうか。
それより「食肉化」という有効活用を促進することで、全体の頭数をコントロールする方が
はるかに現実的方策と言えると思います。


内容は、昨年秋や冬の北海道取材をまとめたものとなります。


http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-271.html

http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-273.html


http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-274.html


http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-322.html



誌面の内容が、少しでもシカ食害対策の参考になれば幸いと思います。

とのことでよろしくお願いします。<(_ _)>



最後に、本企画をまとめるに当たり、エゾシカ協会の井田事務局長さん、北海道庁のFさん、フレンチレストラン・ミクニ札幌の皆様、スープカレーLAVIのSさん、イタリアンレストラン・イルピーノのKさんを始め多くの方々にお世話になり、いろいろとありがとうございました。


テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

11 : 35 : 51 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

電気使用量のお知らせ:9月

8/5~9/3の30日間の検針結果

使用電力量総計 302kwh 

昼間(10~17時)=20wで667円(1kw=33円)
朝晩(7~10時、17~23時)=157kwで3631円(1kw=23円)
夜間(23~7時)=125kwで1146円(1kw=7円)

で基本料金、オール電化割引、燃料調整などで最終的に5364円

一方売電は388kwで、金額は書かれていないけど10000円くらいか。

というわけで太陽光発電システムのお陰で、光熱費は今月もゼロを超えて
4500円程度のプラス収支となりそうです。

運用開始以来3ヶ月経ち、トータルでは12000円くらいのプラス収支となりそうで
太陽光発電システムによる「創エネ」はCO2削減だけでなく

やはり経済効果もともないそうです。

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

16 : 58 : 15 | 太陽光発電 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

打ち合わせなど

閑話休題ですが、本日は白金高輪と新宿で打ち合わせ

編集者のTさんが持っていた見慣れない手帳

「国会議員要覧」

090903utiawase.jpg

とは、存在すら知りませんでしたが

衆議院会館で購入できるそうです。

仕事柄必携だそうですが
でも普通の人は持ってないよね
その手のマスコミ関係でないと。

いろいろ裏話を聞き、
先日の投票相手を後悔もするのでした...

※ちなみにそれに関する打ち合わせではありません。
01 : 37 : 43 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

谷川岳取材

順番が入れ替わってしまいましたが

8/30は取材で谷川岳へ。

登山家の田部井淳子さんが主催する
MJリンクの登山のイベント


山やハイキングを楽しみたい、20人の女性が日本中から集まり
交流、会話を楽しみつつ山へ登るというもの。対象は入門者から


出発時から霧雨がちで山頂もガスでしたが、行動中は雨具は出さずに済む程度。
下山中には一時、雲が切れて山頂が姿を現しました。

090830tanigawa1.jpg


主催者、参加者は全て女性、撮影しつつ
KAZはいささか照れてしまうのでした...

それにしても、登りながら、若い(気持ち含む!?)参加者の楽しそうなノリを見ていると、
もっと多くの女性が山やハイキングを楽しんで自然に触れ合うようになると、

男もつられて山へ来るようになり、日本人の自然に対する意識ももっと変わるかもしれないな
あと感じました。


掲載は来年の春以降になりそうです。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

21 : 54 : 33 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

8月の発電状況

KAZ写真事務所太陽光発電システムの8月の発電状況がまとまりました。

090901taiyoukou1.jpg

発電量 572kwh(三洋HIT5.0kw)
消費量 486kwh
売電量 396kwh
買電量 310kwh
自給率 100%

7月は天気が安定せず電力自給率97%でしたが、
8月は後半挽回して再び100%となりました。



こちらは日毎の発電量
090901taiyoukou3.jpg

ちなみに31日は台風の影響で、発電量は2.3kwh
最低記録の更新となりました。

自然エネルギーなのでバラツキがあるのは、まあ仕方ないと言えるでしょう。



こちらは発電量と消費量の日毎のグラフ
090901taiyoukou2.jpg


お盆前までは梅雨のような天候が続き、発電量が少なめでしたが、その後はやや持ち直しているのが分かります。

ちなみに27、28日は家族で出かけたため消費量が大きく減っているのも分かります。



こちらは前月と今月の消費量のグラフ

090901taiyoukou4.jpg


7月は7日までチジュールの里帰りのためか、
消費量は少なめなのがデータ上にも分かります。

省エネはできるだけ意識するようにしてるものの、やはり暑い夏、
なるべく扇風機で過ごすようにはしていますが

やせ我慢にも限度があり、エアコンはつけてしまうもの。
まあ、だからこそ「省エネ」から「創エネ」の時代とも言えるでしょう。





こちらは8月の発電量をいCO2換算した表示
090901taiyoukou6.jpg

49kgの削減効果があったことが分かります。



そしてこちらはこれまでの総発電量の表示
090901taiyoukou5.jpg

5/29日以来、電力自給率は100%をキープしています。

まあ、少なからず環境にも貢献していると言えるでしょうか

テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

23 : 49 : 06 | 太陽光発電 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。