スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ヤマケイJOY春号

季節は冬から春へと向かっています。

この季節は日が長くなるとともに寒さが緩み、森の林床や木々に早春の息吹が感じられる、美しい時期のはずですが、

花粉症のKAZはこれから約1ヶ月間が、悲しいことに1年でもっともつらい時期となります。

仕事の掲載誌の紹介です。

ヤマケイJOY2008年春号

080229joy


企画はスミレ新聞

KAZはスミレを巡るコースを3本紹介して原稿と写真を掲載しています。
候補として揚げようと思いましたが思いとどまった種を特別公開

タニマスミレ

080229タニマスミレ


撮影は大雪山、2006年7月17日。分布や個体数が限られた絶滅危惧種です。予想外に簡単に見られました。

しかしその日もっと予期せぬ出会いだったのは、ヒグマを70m位の至近距離で見たことでした。

そうです。クマがよく出没するのに、コースガイド紹介はあまりよろしくなさそうだし...。



それとオリンパス広告がらみの記事で撮影テクニック
こちらは先日2月7日の新宿御苑で、フクジュソウ撮影取材で、2ページでした。

スポンサーサイト

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

19 : 33 : 01 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

岳人別冊「春山」発売予定

やや間を置いて更新。本日は仕事の掲載誌の紹介です。

岳人別冊の「春山2008」...2月28日発売予定

080226春山2008


KAZの仕事は

・ 巻頭企画 世界遺産を訪ねて 屋久島…7ページ分で写真のみ

昨年6月に屋久島へ1週間ほど取材に行ってきたものから。ヤクスギの森を始めとする屋久島の豊かな、しかし本州中部山岳地域とは全く異なる生態系が印象的でした。

内容は黒味岳登山、西部照葉樹林での自然観察がメインに、屋久島で生まれ育ち、西部照葉樹林の伐採計画を中止させ保護などに尽力し、「プロジェクトX」にも出演した、地元の有力者にも話を聞いたりしています。
テーマである「本物の世界遺産」に相応しく突っ込んだ内容となっています。


掲載カット以外の紹介です。

西部照葉樹林を歩くYNAC(屋久島野外活動センター)の小原さんと編集部のIさんです。

小原さんは屋久島の生態系に隅々まで明るい方でした。屋久島が初めてで、本州中部以北以外は生態系の知識に疎いKAZにも非常に詳しく分かりやすく解説してくれました。

080226屋久島西部樹林


黒味岳のヒメコイワカガミ。ヒメイワカガミよりさらに葉が小さいですね。

080226ヒメコイワカガミ



次に

特集 私の好きな花の山 2ページ見開きグラビアで藤原岳のフクジュソウ
それと昨年6月の取材記事で庚申山を4ページ


庚申山のコウシンソウメイン写真はデジタルの撮影でした。

掲載カット以外では
コウシンソウのアップ

080226コウシンソウ


ムシトリスミレに似ていますね。



最後に


・ 田中澄江が愛した山の花々…8ページ分写真と文章



田中澄江さんと「花の百名山」「新・花の百名山」について独自の観点から、掘り下げてまとめました。「花の百名山」では希少種が多いのが特徴となっていてアツモリソウも選定されています。※その当時登山道でアツモリソウが見られたという、現在では夢のような時代だったのでしょう。

植物の写真もアツモリソウ、ムラサキほか珍しいものも含めていろいろ載せています。


掲載カット以外です。
なかなか見られないフガクスズムシソウのアップ

080226フガクスズムシソウ



その他、KAZ以外も含めると
「春の花巡りの山」が14山、カラーページで紹介され
「新緑と残雪の山歩き」が6山

山道具選びのポイントやデジタル撮影のアドバイス、大山山麓の蝶、などとなっています。



皆様、よろしくお願いします

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

12 : 58 : 32 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ロストアロー展示会

本日は登山用品のメーカーの代理店としてブラックダイヤモンド、ベアール、スカルパ、オスプレー、どコアな分野のものを多く扱っているロストアローの展示会でした。


KAZもブラックダイヤモンドの製品は多く持っていて現在テレマークスキーもブラックダイヤモンドを使用しています。

080221ロストアロースキー


来シーズンのモデル、左のスーパーファット「メガワット」トップが153というパウダー専用のスゴイ板です。それより気になるのが

新しいテレマークのビンディングシステムであるNTNシステム。ロッテフェラが開発し、装着はステップインのワンタッチ、流れ止め、リリース機能付きとアルペンスキーと変わらない機能を搭載しているようです。

08022ロストアローNTN


ただし現在のところ価格はビンディングのみで55000円とのこと。対応ブーツ、ターミネーターXプロは88200円とのこと。

現状価格も高めで、すぐにとはいかないと思いますが、普及すれば改良進化され価格も落ち着くのではないでしょうか。
進化し続けるテレマークのようですね。

一般登山者向きにはブラックダイヤモンドのトレッキングポールがこの春からアンチショックモデルも追加されるとのこと。ブラックダイヤモンドのポールは固定がクイックレバーなので煩わしくなく、確実にロックされるのでお勧めです。

080221BDストック


それとこちらのLEDのランタン。こちらもこの春からで、3ワットLEDを使用し、ガラスではなく透明プラスチックなので、扱いも神経質にならずに済むようです。

また充電式なので経済的で、電池を捨てずに済むので環境にもイイという、かなり欲しくなるモノでした。6090円とのことです。
080221ロストアローランタン



テーマ:テレマークスキー - ジャンル:スポーツ

22 : 13 : 11 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

花校正

本日夜はヤマケイJOYの校了でした。特集はスミレ。

導入部分と、うんちく物は、スミレで有名なIさんが担当で、KAZは観察コース3本を担当。数名の関わっている著者は専門の植物写真家もいれば、どちらかという植物の知識よりも山と写真の山岳カメラマンもいます。

そこで気をつけなければならないのが植物の種名。数年前にメインとなるタイトルの花がミツバフウロのところゲンノショウコというように、違っていたことがあり、その後校了時に、写真の種名校正を行うようになりました。今回は久々にKAZがその役割を担当することになりました。

080220JOY花校了


大きな間違いとして、千葉県の鋸山のコースでニオイタチツボスミレと思われる写真の種名がタチツボスミレとなていたものなど10数カ所指摘しました。
※しかしタチツボスミレなら関東近辺のどこの山でも見られると思いますが…

作業は全てPC上で。24インチなら等倍で見開きの表示が可能です。

PDF形式で送ってもらい、PDFを読み込むだけでなく作成もできて多機能なAdobe Acrobat8というソフトで行います。修正腺を入れたり、「ノート注釈」という機能で付箋を貼り付けるようにチェックができまったく便利な時代ですね。


テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

22 : 06 : 12 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

京王 TAKAO ポスター掲載

本日、京王電鉄のパンフレットがうちに届きました。

080219京王


表紙のヤマエンゴサク(1月9日のブログのものです。)の写真がkazの撮影で、1月に受けたインタビューも顔写真とともにまとめられて載っています。

他の中身は高尾山の植物の「生き字引」とも言える、新井二郎さん(親戚とかではないけど)が早春の高尾山の植物を写真と文章で案内しています。

印刷の関係か?全体的にコントラストが低いようで、写真も眠たい感じになっているのが少々残念ですが...。表紙の写真も1月9日ブログの画面の方がくっきりと見えてるようですね。

今高尾山はフクジュソウ(山麓でわずか)はようやく咲き始めたようですが、残雪もまだあるようで本格的な花のシーズンは先のようでうす。

このパンフ、毎偶数月に発行されていて2~3月、京王線沿線の各駅で見られると思います。


よろしくお願いします。

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

14 : 09 : 38 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

初宮参り

本日はlynnの初宮参りで寒川神社へ。

080217寒川神社


大安の日曜日とありかなりの混雑、祈祷受付では200人くらいの順番待ちの列。
運良く初宮参りは特別考慮で順番を早めてもらいました。

KAZも本殿に上がりおそらく初めてですが、サカキ(ツバキ科サカキ属)の枝を持って玉串を収めてきました。

本当はその荘厳な本殿と祈祷風景と神事の飾り付けをしたサカキの写真をアップしたかったのですが、写真撮影はご遠慮下さいことでした。


5000円でこのようものがついてきました。お札とお酒、お菓子の他、お食い初めのセットもつきます。
ただしプラスチック製でやや安っぽさがあるのは否めませんでした。
080217凜はつみやまいり



テーマ:日記 - ジャンル:日記

19 : 17 : 38 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

種名の由来

登山者、ハイカー向きの八ヶ岳、霧ヶ峰の植物図鑑ですが、現在原稿書きの最中です。

生育環境、高さ、花期、和名など各種データ他に、種毎との説明文が120字と多く、これを約230種について書くので大変です。自分の観察記録の他にも各種図鑑類など資料をフル活用となります。

080216図鑑


そのなかで意外と役だったのが山と渓谷社の「野草の名前」でした。名前の由来について徹底的に調査していて丁寧に記述されています。

080216図鑑2


例えばアカバナ科のアカバナという植物。同じヤマケイでもよりメジャーな「山に咲く花」
では「赤花」となっていますが、この本ですと「赤葉菜」となっていて内容を読むと確かに…と頷けます。

希少植物や高山植物などの写真が、明らかに植栽されていたりと、野生状態での撮影ではないのが多いのがやや残念ですが、その分イラストが分かりやすくなっています。

春から秋冬まで3部構成で各2600円です。

テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 58 : 38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

かぐらテレマーク2

本日は同じ業界関係の井上大助さんと新潟の神楽へ。

「この冬一番の寒波」と言われ昨日は実際、関東でも風がすごく強く、寒い。

6時出発、本日、風はそれほど吹いていないものの、冷え込んでて出発時の気温は-5°と表示。

新潟は雪がしんしんと降るなか、上部は明らかに天気が悪そうだったため、最初からバックカントリーの装備が入ったザックは持って行かず、アバランチビーコンのみ。

最初悪天のため上へ行く神楽ゴンドラは運休でしたが、ちょうど9時過ぎにオープンし運良くほぼ一番乗り。


その後次のリフトへ乗り継ぎ、非圧雪の激パウを当てました。おそらく昨日猛吹雪のなか、一日ずっと積もっていたのでしょう。あまりに深く傾斜が足りないと感じるほど。

2人ともテレマーク。右がKAZでトップは124、井上さんは120。井上さん軽々とパウダーこなしていました。

080214板


KAZはブラックダイヤモンドのBOODOOですが、ハードピステでは185は長過ぎかと、前回感じたものの、今回のようなパウダーでは安定していました。
ファットながら軽く取り回しやすいのも魅力です。


ハイクアップも交えて5~6本滑り、和田小屋で休憩、昼食。

その後、ビーコントレーニング、特に複数埋没の練習をしたり、アナログビーコン(かなり難しく慣れが必要と感じました。やはりデジタルは分かりやすいですね。)で試したり。
080214ビーコン

機種はトリプルアンテナのマムート、パルス・バリヴォックスです。


その後、ゲレンデで5~6本。ここも雪がドカドカ降り続き、テレマークとしてはなかなか良い条件。豪快に行くも疲れてきて最後は乱れ気味でした。

今回もハイブリット車プリウス号の燃費の良さで交通費が安く済みました。
環境にも優しいしKAZもハイブリットほしいでね。

テーマ:テレマークスキー - ジャンル:スポーツ

23 : 53 : 05 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

山と渓谷2008年3月号取材裏話

相変わらずデスクワーク中心の日々です。

掲載本の紹介です。

「山と渓谷」2008年3月号

080213ヤマケイ3表紙


今回のテーマは「低山」


KAZの担当は写真のみ両神山尾ノ内沢の取材です。
テーマは「ハイグレードハイキング」
一般登山道ではないマニアックなルートを目指すというもの

昨年4月にライターの打田一さんの案内で行ったのですが、
全体的にコースは荒れ果てていて、ヤバイ場所もあり、

080213ヤマケイ3両神


しかも残雪もありモデル役のフリーアナウンサーのKさんビビリまくり。
KAZも途中1箇所で「ザイル出した方がいいのでは…」と言って実際に出したほどです。

誌面では4ページでまとまっていますが、かなり「覚悟が必要」なルートだと思います。
※単独は避け、8mm×20m程度のロープの装備をお勧めします。

時間もかかり下山して戻ったら真っ暗でした。しかも運良く他の登山者の車に乗せてもらったのです。詳細は誌面を読んでくださいね。



その他、「現代登山家のスタイル」で日本人初のヒマラヤ8000m峰14座完登を目指し活躍中の竹内洋岳さんの紹介もあります。

竹内さんはICI石井スポーツ新宿西口店に勤めていた頃、親切かつ丁寧な店員さんでした。KAZもいろいろアドバイスを受けて買い物をしました。

※時々「そんなことも知らネエの…」という感じ悪い店員さんの話を聞きますが、実力派の人は決して驕り高ぶらず親切だなと竹内さんと話をすると感じます。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 49 : 13 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

仕事のはかどり?

本日Lynn多摩へ。

ヤバイです。

080213rin2


仕事手つかなくなりそう

カワイくて...

でもそう言ってもられないので引き締めてやらねば...。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

23 : 50 : 42 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

八ヶ岳取材が中止で家で仕事

本日は取材で八ヶ岳の予定でしたが家で原稿書きなどの仕事した。

昨夜、大雪が降る中、待ち合わせの場所へと向かいましたが、担当編集者がこの雪でアクシデントに見舞われ急遽中止に。

ダブルアックスにスノーシュー、ビーコン、スコップなど準備万端で用意したザックは再び部屋の片隅に…。

そのころには雪は止んでしまいました。





朝起きると銀世界。

やや早めに起きて散歩しました。

積雪4~7cmくらいでしょうか?八ヶ岳に履いていくはずだった登山靴のパターンです。
080210雪道


※登山靴はソールのパターンからも雪の上で滑りにくく、下ばかり見ず雪景色を堪能できます。


すでに花が咲いていたロウバイの木にも雪が積もってました
080210ロウバイ2


気温が高い湿った雪のためか、昼前に近所のスーパーへ買い出しに行く時には

すでに道路の雪は消え、スタッドレスタイヤでなくても十分といった感じ。

25年くらい前はもっと寒い雪が降った覚えがあります。昨年ほどではないとしても、これも温暖化の影響でしょうかね?


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

18 : 35 : 02 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

暖かい湘南から多摩へ

昨日、しばらく過ごした湘南から多摩へと移動

週末に降った雪はすっかり溶けた湘南地方。
080209江ノ島



北側の斜面に所々残雪が残る多摩地域。

海沿いの暖かい湘南から比べたら多少内陸なので1°くらい違うのではないだろうか。


部屋を移動する必要にも迫られ移動する。かなり大変。

最近は情報とともに物も溢れている時代。とりあえず山道具から本、カメラ・パソコン関係、取材先の資料とKAZもなにかと物が多い。必要ないのに捨てられず。その整理にかかる時間もバカにならない。

物が多ければ幸せとは限らない。少ない方が心も気楽なのかもしれない。




でも思い切って今回要らない物、実家に送るために整理を始めた。

本も段ボール2つくらいになりそうか?使わなくなった山道具…昔の棒フレンズ、8年前始めたときのテレマークシューズなど…

こちらのクライミングシューズ、ボリエールのフィーレ・クラッシック。15年以上前、大学時代に買った物だ。

当時はこれで三ッ峠などゲレンデで練習し始め、のちにフリークライミングではフリー用のシューズを別に買い、アルパイン用としていたが、今ではアルパイン用も別にもっと軽くベルクロ留めのものがある。
08029フィーレ


これも整理の対象でお蔵入り。


18 : 00 : 41 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

新宿御苑:取材撮影

本日は雑誌取材で新宿御苑で撮影でした。
カメラメーカーとのタイアップ記事。

初心者に春の花の撮影のテクニックなどを指導するという内容。
080207新宿御苑ウメ


モデル、兼生徒役は最近頑張っている、イラストレーター&粘土細工作家の鈴木みきさん


ウメは本当に咲き始めで全体からすると0.25分咲きくらいでしょうか。

週末の雪でスイセンもうなだれ気味でしたが、晴天のなか、フクジュソウは元気に咲いていました。
080207新宿御苑フクジュソウ3


1月末からちらほら咲き始めていたとのことで、今は7~8分咲きでしょうか。朝咲いていなかった株も2~3時間後には次々開いていました。
080207新宿御苑フクジュソウ


暖かい日差しを浴びて気持ちよさそうです。

080207新宿御苑フクジュソウ102


しかし夕方になると急に冷え込むこの季節、春本番はまだ先といった感じですね。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

21 : 13 : 14 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

丹沢、塔ノ岳~鍋割山縦走

なかなか山へ行けていない今年の冬ですが、連休には八ヶ岳のバリエーションルートで取材の話もあり、トレーニングがてら丹沢へ登りに行きました。


手軽な大倉尾根からの塔の岳、朝8時大倉出発。
登山口付近は積雪はありませんでしたが次第に雪が出てきます。
080205丹沢5



写真は撮りましたが、あまり休まず10時30分、塔ノ岳着。

雪は40cmほど積もっていましたが、トレースはしっかりとありました。ここからの富士山はなかなかなのですが、残念ながら本日は厚い雲のなか。
080205丹沢4



冬の色彩に乏しいイメージの丹沢ですが霧氷が印象的でした。
080205丹沢霧氷



次に鍋割山稜へ大丸、小丸周辺はブナ林が残っています。
080205丹沢3



一昨日関東は平野部でも雪でしたが、この周辺も20~30cmは降ったようです。登山道は稜線の凹地についていることが多く、吹きだまり地形となることが多いようです。先行トレースは5人くらいでしょうか。


吹きだまりをさけてついていた場所もありましたが、トレーニング目的からかKAZはラッセルがてら、そのほとんどで敢えて吹きだまりとなった登山道にトレースをつけていきました。一番深いところで腰あたりまで。


後に鍋割山荘の主人の草野さん曰く「吹きだまりでもしっかりと登山道につけてほしい。後に雪が溶け始めると周辺の土壌が流出するので」とのことでした。


鍋割山といえば名物鍋割山荘の鍋焼きうどんです。登山者の間ではこの山の定番メニューとなっています。
080205丹沢鍋割り山稜



具だくさんで、アツアツ、美味い。980円。
080205丹沢1



他数人いた登山者も皆さん注文していました。

小屋で少し会話をして、後沢乗越経由で下山。

途中で早くももオニシバリの花が咲き始めていました。ジンチョウゲ科で夏に葉を落としますが、冬にはつけているという変わった性質があるのです。
080205丹沢2


大倉着15時40分。そこそこでしたね。

S出版社のTさん。湯川の氷柱にも誘われたのですが…今のKAZの仕事のスケジュールでは2日取るの厳しかったです。

今回は足腰トレーニング優先ということでご勘弁を。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

23 : 52 : 49 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

本日も仕事

毎年冬の時期はいろいろ雪山やら氷やら行く季節ですが、今年はというと…悲しいことにとにかくデスクワークが忙しくあまり山へ行けていません。

2月末発売の季刊雑誌では写真+文章が計12ページで、これに関しては昨日校正紙をチェックしましたが、別に写真だけ担当のページもあり、


これは昨日RAW現像→データ作成、出力+焼き付け、送付の作業も発生しました。

ポジフィルムだけの時代はこの作業はなく基本的に編集部任せだったのですが、デジタルは後の作業となり、作業量は増えます。まあ表現的にはデジタルならではの描写が可能になった訳ですが…

例えば昨年屋久島へ取材に行った時ですがとても暗い照葉樹林内での撮影はポジだとかなり厳しいのですがデジでは可能となるのです。


それ以外に別の雑誌数誌で記事を何本か執筆、写真選定などあり、これだけなら良いのですが、さらに3月刊行予定の図鑑の執筆作業。

これは気分で書くわけに行かず、しっかりと調べながら書くので手間暇かかりますね。たっぷり160ページ。残りは...。う~む..。

で本日は合間にトレーニングがてら稲村ヶ崎までサイクリング。

海岸道路を片道30分くらい。

日中は薄日があり、傾いた夕日に小型ヨット(子供が乗るOP級か?)が海に浮かんでいました。
080202稲村ヶ崎


海沿いの崖地に目をやるとハマボッス(サクラソウ科)のロゼットが紅葉していました。
080202ハマボッス


やや遅い秋の色彩か?


22 : 30 : 56 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。