スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

国産品を選びましょう

中国産冷凍ギョーザに有機リン系殺虫剤が含まれ、食べた人が食中毒で重体になった事件がさらに波紋を広げ、影響が拡大しているようです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000247-jij-soci

これまでKAZはこのブログでたびたび、中国産食材と国産食材の関連と問題を取り上げてきましたが、

http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-10.html

http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-17.html

http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-64.html

今回の件は「起こるべくして起きた」というのが率直な印象でした。


安心食材を提供しているイメージがあるCOOPでしたが…。おそらくこれは氷山一角で、


問題の根は深い気がします。すぐに体に症状となって現れず、蓄積するようなケースも考えられる訳ですから…。


KAZもこのところデスクワークが多く、少し前に体長を少し崩しましたが、喉の調子がまだ全快してなく、

ハチミツを購入した際も180gで800円(内容量からすると価格差5倍くらいか?なにしろ大きなボトルで安く売られているのはほとんどが中国産!)と少々値段は張りましたが、

勇気と誇りをもって国産品を選びました。

080131国産はちみつ


少なくとも加工食品にもこれからは法改正をしてしっかりと原産国表示を義務づけてほしいものです。


皆様も食品の安全には十分注意し、国内産業(特に農林水産業)の活性化のためにも国産食材を選びたいですね。


※大勢の人たちが国産品を選ぶと、ハチミツなどももっと大量に安価に流通するようになるかと思います。

スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

23 : 12 : 19 | 社会問題 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

テレビ電話の現在形

今、静かな流行を始めているテレビ電話、パソコンに「WEBカメラ」というパーツを取り付けるとできるそうです。

KAZも始めてみました。130万画素COMSセンサー、マイク内蔵、オートフォーカス機能付きで量販店で8000円くらい。
080126webカメラ

いたって簡単でUSBにつなぎ、モニターの上に置くだけ

始めWINDOWSのLive Messengerという機能をインストールしてトライしましたが、やり方分かりにくいうえに、余計な機能が付き、しつこく(マイクロソフトらしいですね。)結局スカイプという無料サービスで落ち着きました。

使用感は電話と同じように話せて音質も良く、お互いの顔の表情も分かり、しかも無料!

で、なぜ無料かというと、HPで電話番号表示の部分がワンクリックで電話がかけられるようなボタンに代わってしまい、有線電話、携帯電話への通話は有料だそうです。
※しかし電話をかけないよう注意すればいいだけのこと

しかし完全に固定電話のかわりとはいかず...まず相手のPCの電源が入っていないと通話できない。※スリープモードでもダメで、着信音も発しない。

バックに窓などが入ると逆光になり顔が黒く沈んでしまうなどの欠点もあります。

またオンライン接続のためビデオ映像のようにキビキビとた画像になるには回線の太さにも左右されるようです。

欲を言うとKAZのモニターは24インチなので200万画素以上ほしかったかな。

日々成長しているLynnの表情を静止画(スカイプショット)で撮影してみました。
※PNG形式で保存されますが、フォトショップでJPEGにしています。

080124skype2

080124skype1


あとはPCを常にONにしておくことを望むだけです。

テーマ:インターネット関連 - ジャンル:コンピュータ

00 : 08 : 13 | カメラ、PC関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

自家製シイタケ

流通ルートで販売されているシイタケのほとんどが菌床栽培のシイタケだそうです。簡単に言うとおがくずに菌を混ぜてシイタケを発芽させる方法だそうです。

これに対し、しばしば里山の雑木林で見る林床に組まれたほだ木に菌を埋め込んで、シイタケを発芽させるのが原木栽培

これは昨年、北海道で自家栽培のものを食しましたが、「シイタケはこれほど美味いのか..」と思うほど、流通品とは比べものにならないくらい、肉厚で歯ごたえがあり、ジューシーでした。
080126シイタケ


KAZもシイタケの栽培に挑戦することに…
080126ほだ木


とりあえずほだ木はホームセンターで1000円で売っていました。
すでに菌が埋め込まれています。日影になり、風通しの良い場所で毎日水をかけてやるとのこと。早く美味いシイタケ食べたいなあ...。

23 : 22 : 14 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

海岸浸食と砂防堰堤の関係

烏帽子岩を望む茅ヶ崎海岸で、砂浜から突き出た人工岬(ヘッドランド)、10年以上前に、
潮流で砂浜が浸食されて消失するのを防ぐ目的で作られました。

080125ヘッドランド


全体的な形が解りにくいと思いますので、自転車のナビの画面も参考に
※1/25000地形図のデータです。
080125GPS


その原因は相模川や酒匂川から流れて供給される砂利や砂が、
堰堤やダムでせき止められ堆積されているからということです。

KAZが学生だった頃、大がかりな土木工事の末に、このような岬を建設していた記憶があります。
ところが、砂が溜まっているのはこの人工岬のごく周辺だけで、

人工岬から少し離れると急激に砂浜が狭くなっていくのが解ります。
大がかりな工事と予算で十分な効果が得られたかというと???ですね。

サイクリングロードの浸食防止のために消波ブロックも置かれて、さらに追加の盛土工事も行われているようでした。

080125海岸線


山は地球のエネルギーによって隆起し、
太陽のエネルギーによって風化浸食され、海へと還る。

これは自然界の摂理と言えると思います。

防災面は別に論じるとして、その摂理をもう少し生かし、無駄な堰堤工事やダム工事など減らしたり、

砂の堆積がない発電、貯水システムに切り替えるだけで、貧弱になった砂浜も回復するのでは...。

「魚つき林」は海と山の生態系のつながりを表す代表的な言葉だけど、

山が健全になれば、きっと海も健全になる。

と改めて思いました。
23 : 09 : 32 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

仕事裏苦労話5:RAW現像

本日は朝起きたら雪。しかし日に雨となりすぐに溶けてしまいました。

きっと多摩では雪降っているかな。

さてなかなか風邪が治らないもなののパソコン机の前で作業です。
本日の作業は八ヶ岳の植物図鑑の写真選定。

過去に撮影したカットはほとんどフィルムのためライトボックスさえあれば良かったのですが、最近はデジタルの撮影も多く、その場合、PCのハードから読み込む必要があり、デジタルデータを入稿データにする場合、RAW現像の作業が発生します。時に双方の対比もあります。

080123RAW現像


24インチモニターとライトテーブルを置く、大きな机と広い作業スペースが必要になります。ワークフローかなりつかんできましたが、作業工程は複雑になりがち。なかなか進まない原因となっています。


 便利というかデジタルの長所は暗いところに強く、色温度調整も可能なのでポジだとアンバーがかってしまう日影などの条件でも補正が可能な点です。トータルで見ると整理もラクですね。コストもきっと低いでしょう。


写真点数約300のうち、デジタルは1/3くらいでした。
現在、検索をエクセルとの対比で行っていますが、もっと効率的にならないかな...

しかし良いところばかりではありません。こちらのサクラソウの写真ですが、ポジフィルムのベルビア100Fでも撮影しましたが、ピンク色の感じはポジの方が美しいく出てたかな...。あくまでも主観的な評価だけど…。

080123サクラソウ


結局同条件で撮影したポジを採用しました。

これに関してですが、EOS-DIGITALに付属のCANON DPPのピクチャースタイルですが、「風景」では全体的に不自然な感じにどぎつく色づくため、「スタンダード」で行っているからです。Nikonの「ビビッド」の方がいいかな...。

※大量に小さいカットを扱うときはAdobeも手間と時間がかかりすぎ、非現実的なためDPPで行っています。


そろそろ各カメラメーカー新製品の発表が近いと予測されています。

CANONからは5D後継?

同時にDPPやピクチャースタイルの改良も望みますよ。


テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 11 : 52 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

寒さに強いことスイセンのように。

予報では関東平野は雪だった昨晩。

朝起きたら雪景色はない。

昨年は東京でも降雪が観測されなかったという。

今年はどうなのだろう。

日差しがなく寒い1日、近くの緑地ではスイセンが咲き始めていた。本当は雪見スイセンとなるはずだった、この花、ホント寒さに強い。

080121スイセン


自分はと言えば過労からか風邪気味…。

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

18 : 21 : 55 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

MTBフロントディレーラー交換

このところ毎日寒い日々が続いています。
パウダースキーのテレマークに行きたいところです。しかし仕事、仕事…。

さて、以前から調子が悪く、ガタついていたMTBのフロントディレーラーでしたが、一昨日、段差で引っかかり落車した際、大きくゆがんで曲がってしまいました。

そこで交換することに。茅ヶ崎では見つからず、なんとか隣の平塚市内にあるセオサイクルという専門店に問い合わせると在庫がありました。

約7km離れた店までは20分。

070119mtb


以前のはディオーレLXでしたが、他のコンポーネントパーツと揃えて今回はディオーレXTにしました。部品代3000円に工賃が2000円。ブレーキパッドもすり減っていたので、ブレーキシュー550円も購入。

080119mtbでれーラー



車ほどでないものの維持費も結構かかりますが、その代わり性能はママチャリとは別物なのです。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

00 : 30 : 21 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「山と渓谷」編集部新年会

久々の更新お待たせしました。

本日は神楽坂で「山と渓谷」編集部が主催した新年会がありました。編集部員の他に、印刷会社担当、山と渓谷に関係が深いライター、カメラマン、イラストレーター、など関係者一同約40人が集まりました。

K編集長の挨拶
080119ヤマケイ新年会


その後自己紹介ながら歓談。

このなかでおめでたい話が4人、うち一人は結婚でしたが、残り3人はお子さんの誕生。KAZもそのうちの一人で、記念品に素敵な写真立てをもらいました。

080119ヤマケイ新年会贈り物


ワイワイガヤガヤと話をして、気づいたら終電には間に合わない時間。
2次会、3次会と半数は翌朝、5時まで過ごし、

ずいぶんとしばらくぶりの朝帰りとなりました。
19 : 11 : 35 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

整理写真から

本日は昨日に引き続き予報に反して、日差しがなく寒めでした。

さて、冬はデスクワークと写真整理が多くなるシーズンですが、昨年、一昨年とさぼり気味?だったせいか、2007年はおろか、06年、05年にもかかわらず、未整理のポジフィルムも山ほどあります。

なんとか片付けるべく選定し、これから切り出す訳ですが、04年でも未整理が出てきました。

080114写真整理


知床硫黄山で懐かしいので少しだけ公開。

とてもワイルドな山とコースでした。

クマに遭遇しそうな道を単独で登り振り返ると背後にオホーツク海。蒼く済んだ色が印象的。
080114硫黄山


こちらはシレトコスミレ。知床山系に固有のスミレです。
080114シレトコスミレ


頂上まで登り撮影に夢中になっていると、気づいたらもう夕方。急いで下りましたが、レンタカーの返却時間に間に合いそうになく、カムイワッカ湯の滝は諦めた記憶があります。

次回行ける機会あればカムイワッカ湯の滝入りたいな…。

現在、登山口までの道路は規制されているとのこと。やや遠い山になったようですね。

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

23 : 43 : 49 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

環境省絶滅危惧種検索

このところ微妙に忙しく、こもって仕事の毎日が続き、更新もやや滞り気味です。

本日も3連休初日だというのに、仕事の打ち合わせで午後から都内。その準備で午前中は写真選定、原稿書きの続き。

『花の百名山』『新・花の百名山』に登場する植物で絶滅危惧種を調べました。

実は昨年8月に、環境省版レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)のうち植物Ⅰ(維管束植物)が1997年の策定以来、初めて見直され発表されました。

レッドリストとは日本に生育する野生生物について、生物学的観点から個々の種の絶滅の危険度を評価し、絶滅のおそれのある種を選定し、リストにまとめたものであり、この10年の間に広く認知されてきました。

ちなみに日本に自生する野生植物のうち25%にあたる1690種が絶滅危惧種となっています。

レッドリストはレッドデータブックとして市販されているほか、インターネットで環境省生物多様性センターHPである、絶滅危惧種検索からも調べることが出来ます。KAZは仕事柄こちらでよく調べます。

ところが、KAZが昨年の『山と渓谷』10月号に1ページカラーで詳細をまとめた際、環境省に問い合わせた際

「今後このレッドリストを元にした環境省版レッドデータブック改訂版を刊行する予定はなく、新しく加わった種のみ付属説明資料を作成する予定とのこと。また絶滅危惧種検索に関しては年末までに新しいカテゴリーの対応をしたい」

とのこと。しかも1月12日現在、依然旧カテゴリーのままのようでした。

となると検索で調べられないため28ページにも及ぶ発表資料の一覧表から探すしかなく、非効率なため大変な作業となりました。


小さい省で予算も限られているとはいえ、8月3日の発表から5ヶ月以上。やや対応が遅すぎるような気がしますね~。

種の多様性を守るための基本資料となる絶滅危惧種の検索なのですから、国民への絶滅危惧種の意識づけ、理解のためにも速急な対応を望みたいところです。

問い合わせたときも「市民の皆様の要望の声が大きければ大きいほど対応に迫られることになりそうですが...」とのこと。

KAZも絶滅危惧種検索など含めて要望を書いて送りましたが、絶滅危惧種、希少植物保護に関心のある皆様、環境省に要望文を書いて送るのもいいかと思います。

080112タカネマンテマ



080112ユウバリソウ


タカネマンテマとユウバリソウ。『花の百名山』『新・花の百名山』に登場する絶滅危惧ⅠA類の絶滅危惧種です。ともに8月にラックがアップしました。

テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 23 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

ひたすらデスクワークです。

本日日中は晴れ間がでて、太陽の光が射し込み日中は暖房がいらないほどでした。

さて今週はひたすらデスクワークの日々が続き、相変わらず遅い筆で格闘中です。

本日、進行中の仕事ですが岳人別冊で田中澄江さんの「花の百名山」にちなんだ企画。
資料しらべたり、原稿書いたり、その後写真選定でしょうか。

明日まで終わらせさらに別の仕事...仕事。


そうしているうちに年末に依頼を受けた京王電鉄の高尾山関係文字色の三つ折りパンフレットの表紙に使用する写真のことを思い出して、データを急いで作成しました。

2、3月の早春の季節のイメージがほしいとのこと。

アブラチャンの花です。
080109アブラチャン

こちらはヤマエンゴサク。
フォトショップでスクエアフォーマットにしてあります。
080109ヤマエンゴサク


どちらが使われるかな...

それは出来てからのお楽しみ...かな。

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

17 : 20 : 50 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

束の間の湘南ライフ:鎌倉までサイクリング

午後からトレーニングを兼ねてブラリと出かけた鎌倉。

国道134号、茅ヶ崎から西風にのって40分くらい。

やや遅い初詣。しかし予想を超える混雑ぶり。
080106鶴岡八幡宮


道は渋滞、渋滞…。でも自転車だからスイスイ。

鎌倉へ来ると時々寄るパン屋。ドイツパンとお菓子の専門店、ベルグフェルド。
080106ベルグフェルド


15年くらい前にドイツ人を案内した時に知った。

ライ麦食パン340円。ドイツパンは結構重い。
080106ベルグフェルドパン


帰り道は海を眺めながら…

稲村ヶ崎。今日は富士山も雲がない。日没後は輪郭がくっきり見えるに違いない。
080106稲村ヶ崎


七里ヶ浜。江ノ電も併走する。
080106七里ヶ浜



左には江ノ島。大学時代ここでヨットも時々やっていた。クルーザーじゃなく、スポーツ感溢れるディンギーの方。

傾きつつある夕日に海が染まる。眺めながら走る

自転車の開放感がいい。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

22 : 21 : 20 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

仕事裏苦労話4:デジタル化と機材について

正月は山どころか…ひたすら缶詰状態で仕事、仕事…でした。

今まで整理していなかったフィルムを切り出して、仕分けたり…。

080104フィルム整理


大変だからフルデジタル化したいのが本音。

さて、「デジタル化」の展望を以前、12月12日に書きましたが、実はキヤノンEOS-1DS MarkⅢ注文したものの、品薄でまだ入手できていません。



 ところが、いろいろ調べると、このカメラ本当に価格相応の価値があるのか?と疑問も出てきました。

というのもここ数年、活発に巻き返してV字回復して、新機種を次々出しているライバルメーカーとなるニコンの存在です。

11月には話題のNIKON D3を発売し、その高性能ぶりが騒がれています。

いくつかの項目で比較、対比してみると


大きさ、重さ…ほぼ同じ
画素数…CANONは2200万画素、NIKONは1200万画素
高感度でのノイズ…圧倒的にNIKONが優位
背面液晶…CANONは23万ドットNIKONは92万ドットでNIKONが緻密で見やすい
ピクチャースタイル…あくまでも主観的だがCANONの「風景」モードよりNIKONの「ビビッド」の方が従来のフィルム「ベルビア」のようにメリハリのある色となっている。特に黄色~赤ではその傾向が顕著に現れている
広角レンズの周辺描写…CANONは周辺部の諸収差が目立つ。付属現像ソフトのDPPで補正できるが、NIKONはカメラ内部で色収差の自動補正が行われる。余計な手間はやはり省けた方がいい。
連写性能…CANONは5コマ/秒だが、NIKONは9コマ/秒。さらにフォーマットを切り替えると11コマ/秒
最新交換レンズ…NIKONのナノクリスタルコートはフレアーやゴーストに圧倒的に強い
センサーダスト対策…CANONは対策済みだがNIKONは装備されていない

実用上気になる点を9つあげてみました。

CANONに軍配が上がるのは⑨センサーダスト対策と②画素数でしょうか。画素数に関しては雑誌見開きの場合、理論上2000万画素が必要とされていますが、実際の印刷、製版現場ではPhotoshopのリサイズ機能で2倍程度までの拡大はよく行われているといいます。

※使用サイズ(cm)×138(pixel/cm)=必要なピクセル数

また、スポーツ、報道分野と風景、商品撮影分野では求められる緻密さも異なるので一概には言えませんが、ポスター用途でない限り1200万画素で十分という人も多いと思います。



 つまり、画素数を問題にしなければ、センサーダスト対策を除き、残りの項目でNIKONが優位のようです。特に③、⑤、⑥、⑦は大きいと思います。

実際にKAZが仕事で知り合った信濃毎日新聞社のカメラマンさんは「D3は報道写真の現場で相当支持されるだろう。一時EOSの方に多く流れていたが戻ってくると思います」と語っていた。

また別の週刊誌を出している出版社の編集者であるTさんも「CANONは(EOS-1D MarkⅢの)リコールもあってボロボロですよ。サービスの対応も良くない。NIKONの方がいまは誠実に対応してくれる」と語っていました。


この先はやや毒舌入ってしまいますのでキヤノン関係者、ファンの方、読まないでくださいね。(^^;)
確かに、2年くらい前まで独走状態だった最近のCANONはやや驕り高ぶっている気もします。これもトップが(居丈高になってアメリカ追従路線を突き進む)話題の経団連会長も勤める○手洗会長の影響もあるのでしょうかね。これでは買う気も...↓ですね。

Nikonはここ最近着実に努力しているようです。2007年はシェア1位を奪い返したとのこと

気を引き締め直し本気で改良を望みたいところです。1月後半には新機種の発表も噂されているとのこと...こちらも気になりますね。

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 48 : 08 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

初日の出

明けましておめでとうございます


080101初日の出


今年もこのブログ、およびHPをよろしくお願いします。

HPを開設してから1年が経ちました。開設当初、月にアクセスが1000いけばいいかなと思ってたので1年で13500は一応目標達成となりました。日記をブログに移行して約3ヶ月になります。

HPの方はリニューアルの構想をもちつつAdobe Dreamweaver cs3、 Flash cs3がインストール済みですが、写真整理の仕事に追われて、手が回らない状態ですね。

しかしこのブログの日記だけはしっかり更新していくつもりです。

さて今年の年越しは山ではありませんでしたが、海岸まで自転車で行き、海から昇る初日の出を拝みました。三角状の岩が湘南の名物、烏帽子岩です。海から突き出てそそり立っています。

昨年は常念岳山頂だったせいか、自分一人だけの世界。背後に聳える朝焼けの槍穂高連峰の大パノラマを独り占めでしたが、今年はかなりの人が海で初日の出を拝んでいました。

080101富士山


ここでも振り向くと背後には朝焼けに染まる富士山が聳え立っていました。

テーマ:朝陽・朝焼けの写真 - ジャンル:写真

21 : 02 : 21 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。