スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ナショナルジオグラフィック日本版掲載

本日は大晦日ですね。昨年の今日は北アルプス常念岳の山頂でテント泊でした。天気が安定していたため無風快晴で初日の出は荘厳そのものでした。

今年は残念ながら山での年越しではなくなりました。本日はこの冬一番の寒波とのこと。今頃、北アルプスはおそらく猛吹雪でしょう。

さて、ナショナルジオグラフィック日本版の152ページにKAZが紹介されています。

071231ナショナルジオグラフィック1


記事を見て訪れた方もいるかな。

1ページの扱いで希少高山植物の保護の取り組みが中心です。
本当はあの記事の内容以外にもっといろいろ伝えたいことがあるのですが、スペースが限られ、このブログで少しずつ紹介していきたいと思います。

で、来年はいよいよ本州でもアツモリソウの保護区の指定が始動するとのこと。礼文島のレブンアツモリソウ保護区並みになるまでの道のりは長いかと思いますが、

今年6月には県の「森林環境部みどり自然保護課」の担当者とも意見交換をしました。担当のY副主幹もやる気でいます。私も後方支援など積極的に関与していくつもりです。


それと八ヶ岳のホテイラン自生地でも保護区の動きがあります。これに関しても期待できそうなので皆様の応援もお願いしたいところです。今後、動きがありましたらアップしていきたいと思います。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 53 : 24 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

冬の果実とMTB整備

日本列島は冬の嵐で大荒れとのこと。でも湘南地方は風こそ強いものの良く晴れて日中は日差しに暖かみを感じます。

本日は仕事の合間にMTBのタイヤ交換、そして3年ぶりくらいにMTBのチェーンなど駆動系の砂落としを行いました。

前後のタイヤを外し(クイックレバー式なので簡単に外せますこの作業はブラシを用いてチェーンや変速機、ギアなどに油がこびりついて固まった砂を石油で洗い落とす作業で結構大変でした。

071230みかん

合間に庭のみかんの収穫。この寒い時期に収穫したみかんが一番美味しいですね。
生ゴミを堆肥にするコンポストを根元に置いてから甘みが劇的に増しました。

籠が溢れてるくらいの豊作。実は今日が最後の収穫でトータル籠7個分くらい収穫できました。

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

22 : 11 : 33 | 身の回りあれこれ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

「大人の遠足magazin」早春号と年賀状作成

JTBパブリシングから刊行されているウオーキング~ハイキング雑誌である「大人の遠足magazin」の早春号が発売されています。

割と新しい雑誌で首都圏を中心に発売されています。

071230大人の遠足


主なテーマは「早春の花巡りハイキング」「スノーシューハイキング」「社寺詣でウォーキング」となっています。JTBらしくヤマケイとは違った路線ですね。

今回は1ページのみと少なかったものの、写真と文章でセツブンソウとフクジュソウの群生の紹介を担当しました。




さて、本日は朝から雨でした。そして朝から晩まで年賀状など雑仕事に追われた1日でした。

年賀状ですが比較的安価で入手できる年賀状ソフトを使えば、デザインから宛名印刷までテンプレート通り簡単に出来るようですが、

プロとしての意地か(?)Adobeにこだわってしまい、ビジネス、プライベートの2通りのデザインをIllustoratorで作成し、宛名面はInDesignで作成しています。

071230年賀状作成
一部分だけ公開です。

その後カラーマッチングで色がしっかっり出るかいろいろ試行錯誤したり...しましたが、

PhotoshopでRAWから作成したアツモリソウのデータやや色きつすぎたかな....。

その後、メッセージ書いたり…。


北岳バットレスの時、KAZの写真を撮影してくれたD-SUKEさんありがとうございました。
※職業柄なにぶん自分の写真は少ないんです。

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

23 : 45 : 47 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

束の間の湘南ライフ

目の前に広がる青い海と、

その向こうに霞む富士山。

反対には烏帽子岩と江ノ島。

行き交う釣船…

海岸通りを自転車乗れば、

風を切って走る爽快さが心地良い…

071227mtb茅ヶ崎漁港

現在実家のある、茅ヶ崎にいて、こちらで仕事をしています。

こちらはKAZが小さいころよく親父に連れられて釣りをした茅ヶ崎漁港です。

昨日はこのMTBを買った平塚のヒジカタサイクルへ久しぶりに行きました。

新しいタイヤを購入し、調子が悪かったフロントギアの調整をお願いしました。

時代の流れか、土地柄からか、現在はMTBの扱いはなく、ロードレーサーしか販売していないとのことでした。

多摩丘陵のシングルトラックだったら断然MTBだけど、この辺は確かにロードの方が軽いし、早いですね。

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

22 : 45 : 57 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

仕事裏苦労話3:モニターキャリブレーションの日

本日PCのスイッチを入れるとモニターのキャリブレーションの警告表示が出ました。

デジタルデータが本来の発色をするように専用測定器を使ってキャリブレーションを行っても、経年変化でモニターの発色は変わってきます。

KAZのモニターは3ヶ月に一度キャリブレーションを行うよう設定してありますので、今日は3ヶ月に1回のキャリブレーションの日となりました。
※ちなみに大手印刷所では1週間に1回だそうです。


071225キャリブレーション

これはRGBのゲインコントロールを調整しているところです。

 
測定器はColor visionのSpider2を使用しています。かかる時間はおよそ30分未満。プリンターのキャリブレーションとセットのタイプですが、プリンターは現在プリンター独自に組み込まれたカラー設定がかなり進歩しているので、それほど神経質になる必要はないとのこと。


その代わり、モニターは現在販売されているモニターのほとんどはデフォルトの設定がやや明るめとなっています。このため印刷用の画像データを作成する場合「基準」となるカラーマッチングが必要となります。

ちなみにモニターはナナオ電気(EIZO)の24インチです。EIZOは国産の高級高品質モニターのブランドで、プロの現場では多用されています。

ポジフィルム時代は、しっかりとしたライトテーブルとルーペを基準にしてポジをチェックしていましたが、デジタルの場合基本はまず高品質なモニターとなります。

ちなみにこちらが元のモニターの色
071225キャリブレーション前


こちらがキャリブレーション後の色。
071225キャリブレーション後

写真にすると分かりにくいですが、実際にはかなり違います。ほとんどの場合キャリブレーションをおこなうと「赤みが増してややトーンが落ち着く」といいますが、このモニターも例外ではありません。


プロならば、やはり専用測定器を用いてカラーマッチングをするのが大原則です。
このような設備とそのメンテナンスで印刷用のデジタルデータは作成されています。


テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

19 : 31 : 21 | カメラ、PC関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

エコなハシ

本日は晴れなかったために気温も低めでひんやりでした。

最近購入したものからピックアップ

モンベルの野箸
折りたたみ式の携帯箸です。

金属部分はステンレスと木の部分の組み合わせ。これにケースがつき1890円。
071225モンベル箸


割り箸より高級感漂いますね。

これから外出時はバックに忍ばせるつもりです。

以前このブログで書きましたが、日本で流通している中国製の割り箸のから違法な漂白剤が検出されたとのこと。

これも日本人が白い割り箸を好むからだそうです。なんでもその漂白剤入りの割り箸を浮かべた金魚鉢の金魚が5日目に死んだとか…
オークラ出版 中国禁止 より引用

...○福や○い恋人は賞味期限こそ偽ったけど、違法な化学薬品までは使ってないですよね。



さて、そこでこの携帯箸を買うことにしたのですが、最近この割り箸の安全性がにわかに騒がれているせいか、なんと2ヶ月も待たされたのです。

COOP東京では買い物袋が有料で5円しますが、マイバック持ち込みなど省資源にも役立っていると言えます。国内でも中国製割り箸の値段が上がっているとのこと。この際、ゴミ削減も目的に割り箸も有料にしてみたらいかがでしょう?

こちらの携帯箸、来年の流行になるかも。

テーマ:ナチュラルスタイル - ジャンル:ライフ

23 : 25 : 28 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

八ヶ岳にタカネミミナグサの分布発見?

本日もカラリと良い天気ですね。山へ行きたい気持ちを抑えて本日も仕事です。

この時期には夏に撮影した写真の整理など。さて、今年の夏に撮影したデータの整理をして気づいた疑問点を一つ。

八ヶ岳にはCerastium(ナデシコ科ミミナグサ属)の高山植物としてミヤマミミナグサの分布が知られています。南アルプスではかなりメジャーですが、北アルプスでは分布が限られます。実際にKAZも八ヶ岳で何回か確認しています。

こちらは今年8月1日に横岳付近で見た個体。花弁が細かく裂けるのが特徴です。
071224ミヤマミミナグサ


一方、同じ属でタカネミミナグサ。こちらは本州では北アルプスのみに分布があります。
こちらは特に北アルプスの北部では時々見ます。

撮影2004年8月2日、白馬岳。花弁は2裂するだけ。クモマミミナグサに似ますが、背は高く、葉の縁全体に短毛が散生します。
071224タカネミミナグサ


※ 両方とも「高山に咲く花」山と渓谷社2002年清水建美編・著による。
他に「長野県植物誌」信濃毎日新聞1997年、「日本の高山植物」山と渓谷社1988年も同様。「日本の野生植物」平凡社のみ中部地方とおおざっぱな表現だが、こちらの資料は1982年とやや古い


ところが今年の夏8月16日、八ヶ岳南部で見たこの個体、その時は特に気に留めませんでしたが、いろいろ比較してもタカネミミナグサとしか思えない個体があったのです。花弁は細かく裂けず、葉の縁にも毛が散生していました。確認地点はややメジャーコースではない登山道沿いで標高2300mでした。
071224タカネミミナグサかも


この件に関して何か情報をお持ちの方お知らせ願えたら幸いと思います。

テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

12 : 00 : 56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

昨日のテレマーク動画

自慢できるほど上手くはありませんが、動画をアップしてみました。


テーマ:テレマークスキー - ジャンル:スポーツ

12 : 38 : 51 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

かぐらテレマーク初滑り

本日は甲斐駒ヶ岳の黄連谷へアルパインアイスの予定でしたが、仲間の都合が付かないのと、日曜日に天気予報が良くないのでキャンセル。

大学時代の友人と初滑りへ行ってきました。標高が高いかぐらスキー場でしたが、予想外に雪は少なめでコース脇のパウダーはそれほど楽しめませんでしたが、今シーズン初&NEW板の足慣らしにはなりました。

071222かぐら
背後に神楽峰が見えました。見通しが良くバックカントリーの人も大勢いました。


 さてブラックダイヤモンドの新しい板のブードゥーですが、185cm、124-88-115とファットながら軽量でピステでも雪面をしっかりとエッジで捉えやすく、取り回しも比較的良い方だと思いますが、181cmで体重68kgとやや軽量なKAZでは短めの175でも良かったかなという印象でした。

※ 以前はK2のワークスティンクス、若干太めで短めのファットに乗っていましたが、重く、ピステでは特に扱いにくい印象でした。

次回はこの板の真価を発揮すべくパウダー狙いで行きたいですね。

それにしてもテレマークは2000年に突発的に購入して始めて以来8年目となりますが、敢えてヒールフリーの不安定さだけあり、難しいですね。

最近はカリカリなど大変なところは敢えてテレマークターンでいかなくてもいいじゃないか、と割り切って楽しんでいます。

やはり適度なパウダー斜面がいいですね。

ボードやゲレンデスキーが簡単で飽きたからといってテレマーク始める人もいるようです。確実にテレマーク人気の広がりを実感します。

難しさゆえ、習得して上手く決まった時の喜びは何事にも代え難いものです。

テーマ:テレマークスキー - ジャンル:スポーツ

23 : 43 : 12 | テレマーク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ニューロープ MAMMUT Infinity 9.5

071221マムート


新しく購入したロープが届きました。マムートのインフィニティ9.5です。主にフリークライミング用です。

 今まではベアールの10.2㎜、50mのロープでしたが、最近は細い径でも強度も保てて、長めのルートでもロワーダウンできるなど、利便性から長めのロープが主流になっていることから,、今回は60mロープにしました。またマムートの評判がいいとよく聞くのでマムートにしました。

58g/mなので重量3480g。ちなみに従来のロープは64g/mで3200gでした。

やはり、長くなった分重量増は免れないようです。
※いや、でも最小限かな?

使用レポートは後ほど、実際に使用後まで記したいと思います。

テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

10 : 05 : 13 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

週刊新潮グラビア掲載


071220週刊新潮

今週、木曜発売の週刊新潮49号の巻末グラビア3ページ分にKAZが撮影したシモバシラの氷の華の写真グラフが掲載されています。

シモバシラ、コウシンヤマハッカ、カシワバハグマなどの植物で見られる冬の風物詩で、撮影地は高尾山、陣馬山、三ツ峠山です。

今頃は高尾山が見頃かな。ちょうどダイヤモンド富士も冬至の今頃、山頂から見られますね。

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

09 : 30 : 37 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

国産食材のフランスパン

食材はなるべく国産にこだわりたい。

フランスパンが好きなKAZが最近スーパーで見つけた北海道産の小麦粉(強力粉)280円でした。

071218強力粉


これに薄力粉、塩、水、ドライイースト、バターがあれば、ホームベーカリーで簡単にフランスパンができます。

071218フランスパン


レーズン入りフランスパン。

国産の方が美味しいかな?

味覚が鋭くないKAZではその違いは分からないけど。

80円らくいの差なら、国産の方、なんとなく買いたいよね。

日本の地方、農業を応援できるよね。

生産者のおじちゃん(お兄さんかな?)の元気さを応援できるし。

きっと。

※日本の小麦の自給率はわずか10%程度だそうです。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

17 : 08 : 18 | 社会問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

山と渓谷2008年1月号...表紙裏話

昨日うちに「山と渓谷」の1月号が届きました。

071216yamakei0801


今回表紙がKAZの写真です。

2007年の1月号から編集長の交代とともにデザインが一新され、白地に切り抜きの写真の組み合わせとなりました。

ちなみにこちらが元の写真。

071218ヤマケイ用足和田山富士山

山梨県の足和田山からの撮影で、日没直前、夕日に輝いています。

確か11月、MTBで紅葉台から登った時のものです。トレイルはなだらかなためMTBでも楽しめ、厚く積もった落ち葉に澄んだ空気が晩秋を感じさたと記憶しています。

今回はK編集長からイメージに合うような富士山の要望があり、20近い候補から選ばれました。

候補から漏れたもの特別公開

071616ヤマケイ表紙候補

こちらは二十曲峠からでした


一方、記事ではKAZの担当は42ページ富士山の写真。こちらは三ッ峠からの黎明の富士山です。

それと新種植物であるリシリハタザオ発見のニュース。こちらは発見した北海道の植物写真家、梅沢俊氏に取材しました。

それと乗鞍高原のスノーシューを2ページ。こちらは今年2月にチジュールとスノーシューをしたときのものです。このコースは変化に富んでとても楽しめました。本誌に載らなかった写真で

オススメの休暇村乗鞍高原での喫茶休憩シーン。コース中にこんな休憩がたのしめるからいいですね。ケーキセットとおやきが美味しかったです。

071216ヤマケイ乗鞍休暇村


それとパウダースノーの白樺林を歩くシーン。スノーシューはMSRのライトニングアッセントを使用しています。

071216ヤマケイ乗鞍シラカバ林


コースのハイライトである氷結した善五郎の滝は本誌278ページをお楽しみに!


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

20 : 47 : 48 | kazの仕事 | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑

湯河原幕岩講習会

本日は湯河原幕岩で相洋高校山岳部のフリークライミング講習に助っ人で行きました。
晴れ時々曇り。晴れて日差しがあるとポカポカと暖かいのですが、陰って風が吹くと寒い冬の1日でした。

最初はてんとうむしロックエリアでKAZがリードしてTRをかけて現役部員がTRで練習。
合間にヘルプ 5.11aをRPなど。
071215幕山講習


次に茅ヶ崎ロックエリアへ行き10~11台をやりました。課題の「マグネットうりがもも」のRPはまた次回へと繰り越しとなりました。

若手顧問のK保村先生、しっかりとリード出来るようになってよ~。

そして、忘年会の一コマお疲れ様でした。
071215幕山忘年会

左がKAZが高校生の時からの恩師であるK見先生

テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

23 : 06 : 34 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

クライミングジムでの事故について

071215クライミングジム事故

※画像=イメージ

KAZが時々行く川崎の中野島にあるクライミングジムでの話です。

「この前、ここで事故があってクライマーが死んだんですよ」と昨日、仲間が話をしていました。
その前にも山岳会の例会でちらりと噂は聞いていた。

別の友人に聞いたところ、やはり居合わせたわけではなく、人づてに聞いた内容で「11月中旬くらいか、100°くらいにハングしているリード壁でボルト3本目のクリップでミスして、たぐり落ちして頭から落ちて、グランドフォール。その時は意識不明で救急車で運ばれ、後日に死亡したらしい」

しかしもっと気になったこと。それは

“○月○日、○エリアで、以下のような事故がありました。皆さん安全には十分気をつけてクライミングを行ってください。原因は~で、経緯は~です」

とのような注意書きのような類が一切無いことだった。


確か以前、同じ系列で横浜にあるボルダリング専用のジムではロッカールームで盗難があった時、その盗難に対する注意警告文が半年以上は張り出されていたのだが…。

数字に響くことを恐れているのか、これではまるで「クライミングは事故があっても別にたいしたこと無い、騒がなくても良いスポーツなんだ」と示しているようなもので、
クライミングの世界をあまり知らない人から見てもやや異質にとられやしないかと思うのです。

やはり告知するべきことは告知し、事故は事故として今後の安全に生かしていく姿勢が大切であると感じました。

テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

23 : 59 : 40 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

打ち合わせと復刊したい本

本日は午後から都内へ打ち合わせです。

最初は文一総合出版社、生物、自然科学系の図鑑や専門書を多く扱っています。特に鳥類に関してはかなり豊富な種類を取りそろえているようです。

071213打ち合わせ


編集担当のTさんからアプローチがあり、いろいろ企画の話をしました。

脇道にそれたとき話が出たのが

「日本の植生」…学研、この本KAZは専門として植物社会学を学んでいた時から知っていましたが、現在絶版となっています。

今年も春と夏に三ッ峠で植生調査をした時など、(専門分野で学んで植生調査の経験もあるKAZはともかく)一緒に調査をした、保護関係者への指導のための参考書として、

また環境と植生に関わる基礎として、この本ほど相応しいものはないのです。

実のところKAZの脳はどっちかというと感覚的で感性で考えがち、あまりアカデミックでないため(^^;)、文字ばかりの専門書は苦手なのですが、

この本は写真が多く、パラパラ見ていても分かりやすく、自然と植生のことがなんとなく理解できるのです。

なんとかこれに代わるような分かりやすい本も期待したいですね…。




打ち合わせついでに購入した2冊
071213打ち合わせ購入本


「日本のスゲ」…カヤツリグサ科スゲ属は非常に同定が難しい種でして、普通の図鑑ではあまり触れていません。そのスゲに特化した図鑑です。


「植物群落モニタリングのすすめ」…これもKAZの専門に近く、三ッ峠やら保護現在動きがある保護区のための参考として購入しました。
保護対象となる各地での事例が中心です。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

12 : 18 : 46 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

仕事裏苦労話2

さて昨日の続きです。

雑誌やカレンダーなどで「写真 新井和也」と出て、なんだか華々しく見えているようですが、その裏の地味で大変な作業のこと...もっと詳しく明かしましょう。

071212スライドカッター


このように効率化のために、ポジフィルム専用のスライドカッターを使って裁断し、不要なカットはスリーブに戻しライトボックスの上に並べ、1カット用のフィルムパックに入れます。

PCの画面に移りAdobe Illustratorでラベルを作成します。
※かつては手書きだったためもっと疲れて、時間もかかってました。

071212イラストレーター

このソフトはグラフィックの自由度が高くさすがにプロ用ソフトですね。ワードやエクセルで作成すると苛つきますが、Illustratorならサクサク作成できます。バージョンはCS3です。


ラベル用紙に出力しカッターを入れて剥がして貼っていきます。
それをおおざっぱに仕分けて、その後科ごと、種ごとに分けます。
071212分類


その後、20枚収納できるクリアシートに入れるのです。一つの箱に150シートくらい入るでしょうか。この作業もまた大変...。

071212ケース

このようなケースが20個くらいあります。各種植物の他、山岳、自然風景、登山、イメージ、海外などジャンル分けして入れてあります。

071212ケース外観


アナログ的な作業のため手間がかかり、この整理だと1日頑張ってもフィルム20~30本がいいところ。それに対しフィルムの数は…
071212ポジ袋


1年間でこの箱の2/3程度。かなりデジタルが増えてきて、今年はショット数だけで数えるとデジタルの方が多かったとはいえ、大きく伸ばせる決めカットはフィルムとして撮影していたため、年間500本以上フィルムを使いました。

そうなんです。とても整理が追いつかないんです。


でも、500本、全てこのような整理ではなく、ルポ的要素が強い撮影フィルムは切り出さず、このまま編集部へ見せて託すだけなのでまだラクですね。

実際には取材や原稿書きなど他の仕事もあるのでこれだけに集中できず、文字通り、仕事はENDLESSにあるのです。

都内へ新たな企画の話やらいろいろあり、営業活動行きたくてもなかなか行けないですね。

という訳で猫の手も借りたいほどですが、アシスタントを頼む余裕もないし...(^^)
頼んだとしても植物学や分類学の知識も必要だからなか難しいですよね…。でもこの作業は手伝ってほしいというのが本音ですね。


現在、八ヶ岳、霧ヶ峰エリアのフィルムから優先的に整理しています。というのも来年春に植物手帳を出版する関係で、ここから整理が必要なんです。

先日も打ち合わせたときJ出版社のNさんから「1月中旬までには全てもらえますか?だいたい1ヶ月はかかるかと思いますので..」と釘刺されてしまいました。(^_^;)

切り出して箱に入れ整理した後、写真選定、ページレイアウト作成、原稿書きなど膨大な量の作業が待ち構えているんで、今から戦々恐々です...。


まあ頑張るしかないですね。


デジタルの場合、別の整理方法があり、確かにポジほどの負担にはならないのも事実。

来年には完全デジタル移行したいのだけど。

それに立ちはだかる問題はまた改めて論じましょう
22 : 34 : 51 | kazの仕事 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑

仕事裏苦労話1

朝、運動不足解消にと、いつもの里山のジョギングコースを走ると、かなり落葉が進み冬に近づきつつあるのが実感しますね。

071211写真整理1

 さて、毎年この時期は写真整理に追われます。最も大変なのが植物写真。

ライトボックスの上で、スリーブから切り出して1枚1枚入るトレファンに入れ、種名、場所、日時など記入したタグをAdobe Illustratorで作成し、ラベル用紙で出力して切って張り、それを1シート20枚入るクリアファイルに入れます。

それにも○○科の○○などラベルをつけて分けて入れます。

 そうしないと例えば「次号の記事でキタダケソウを貸してほしい」とか「カレンダー用にハクサンコザクラは…」などに対応出来ないからです。

とても地味な作業で根気がいります。しかもまだこれで終わりではありません。仕事に戻らなければならないので、続きはまた次回…。

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

17 : 29 : 10 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

テレマーク板

今年の2月の事故で失ってからテレマークの板をようやく購入しました。

ブラックダイヤモンドのBODOO(ブードゥー)で最近の流行の流れを汲み、ファットながら軟らかめで、軽いのが特徴で、前評判も良く今年の注目とのこと。

ゲレンデからパウダー時期のツアーまで対応とのことです。
071210スキー


それに03バインディング、フリックロックカーボンのポール、42Lのアナーキストというスキー用ザック。すべてブラックダイヤモンドで揃えました。

そろそろ滑りの時期ですね。

仕事の合間にまずゲレンデ足慣らしかな。

テーマ:テレマークスキー - ジャンル:スポーツ

17 : 43 : 43 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ロクスノ編集長のMさんと幕岩へ

本日は11月までROCK&SNOW誌の編集長だったMさんと湯河原幕岩へクライミングでした。

初冬のこの時期、相模湾に面した暖かい幕山は今がまさに紅葉のピーク。紅葉といってもコナラやクヌギを主体とした雑木林のため暖かみのある黄色に色づきます。
071208幕山


天気も良く混雑気味なので、奥地へと分け入りました。

場所によっては落ち葉の厚さは30cmを越え、ザァザァ…と落ち葉をかき分けながら岩場へ。
落ち葉のなかに赤く色づいた葉。海沿いなど暖地に分布するハゼノキはウルシ科の植物らしく、真っ赤に色づいていました。

071208ハゼノキ

まず、茅ヶ崎ロックへ

アリババ 5.10b…レッドポイント トップロープを掛けMさんは、左のvar.を登るが、クライミング自体が久しぶりのため途中で断念。アップのつもりがそこそことなってしまいました。

さらに奥のサンバリーエリアへ

ホット・コールド 5.11a…オンサイト ハング越えのパワー系でしたが、カチ持ちムーブでいけて久々の11のオンサイト

ドロドロトロ 5.10a…オンサイト 幕岩チックなルート。Mさんはこの後、トップロープで完登
071208幕岩ドロドロトロ



演歌の花道 5.10c…オンサイト 意外とスラブの方がバランシー

071208幕山演歌の花道
演歌の花道 5.10cをリードするKAZ


次に喜望峰の奥へ

マグネットうりがもも 5.11c...2テンション、リード 下部の細かい核心は解決したが上部も気が抜けず。見た目以上に難しい。
「日本100岩場」ではaとなっていましたが、aにしてはは難しいなあ...と思っていたところRS34号でcとなっていました。



Mさんは所属山岳会も同じなため、取材など仕事以外でも、小川山、瑞牆、谷川岳、北岳バットレス、大谷不動などいろいろ山へ行きました。

しかしここ1~2年、非常に激務で、ほとんどプライベートで山へ行く機会がなかったとのこと。
KAZも以前から気になり、気分転換にでもと山へ誘っていましたが、すでに遅く11月をもって仕事に一区切りつけることにしたとのことです。

仕事経験と登山界のことや装備の知識など豊富で何とも惜しい気はしますが、健康が一番である以上仕方がないのかも。


でも、これからも頑張って下さいね。

そして、また一緒に登りましょう。

テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

23 : 24 : 43 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

八ヶ岳広河原沢アイスクライミング

本日は仕事関係の編集者(といってもヤマケイや岳人ではありませんが)Tさんと八ヶ岳の広河原沢へアイスクライミングへ行きました。


昨年は暖冬の影響で氷は全然ダメでしたが、今年は氷結状況もいいとのこと。

まず舟山十字路からアプローチ。林道に続く足跡。人に加えて、ウサギかな、イタチかな?
071206広河原沢アプローチ


目指すは右俣のクリスマスルンゼです。途中、2箇所出てきた滝も氷が張っていて登れました。ビスターリで1時頃着きました。氷の張り具合も良い感じです。

071206クリスマスルンゼ


1段目はフリーで、2段目はKAZのリードで登り始めます。
凹角にバックフットを決めたところ

071206クリスマスルンゼ2


昨年からリーシュレスです。腕が疲れたらシェイクして打ち込んだ方が決めります。

シーズン始めのため氷の発達は初期段階で傾斜がややきつく85°くらいか。
グレードはⅣ+~Ⅴ-くらいでしょうか。

1年ぶりなので慎重にこまめにスクリューを決めて抜けました。
071206クリスマスルンゼ3


久々のアイスはなかなかで、手頃な足慣らしとなりました。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

23 : 14 : 50 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

アツモリソウの陶芸の皿

先日絵を描いたアツモリソウの陶芸について。

その後、チジュールママに任せたものが、焼き上がり完成しました。


071205アツモリソウの皿


部分的に塗りが厚すぎたためか(?)焼き上がった作品は、ムラがあり、特に葉の部分は弾けてしまいました。

色味的にはまあまあでしたが、とても作品とは呼べないですね。

難しい...。

奥が深い陶芸の世界を垣間見ました

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

14 : 16 : 58 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

新型コンパクトデジカメ RICOH GX100

新しいコンパクトデジカメであるリコー GX100を買いました。
071205gx100


今まで保有していた高級フィルムコンパクトカメラ、リコーのGR-1sの下取り交換です。

 
 GR-1sは軽くコンパクトであり、レンズ性能も素晴らしく、カメラでポケットに入れておき、手軽に撮影を楽しんでいました。
 しかし、フィルムで撮影することは最近はややかしこまってしまい、こうなるとむしろフィルム一眼レフでの撮影となります。それで使う機会が大幅に少なくなってしまっていたのです。
 
 
 そこで手軽にポケットに入れておきながら、画質にもこだわったコンデジを探していました。リコーのGR DIGITALⅡも魅力的でしたが、ズームと手頃な値段でGX100にしました。


 RAW撮影に対応しているのもポイントの一つでした。その場合ファイル形式はAdobe準拠のDNGファイルとなるようです。
 しかし、ここまでこだわるならどうせなら色空間もAdobeRGBが選択出来るようにしてほしかったのが少々残念なところ。


 現状ではAdobe Bridge CS3でファイル情報を確認したところ色空間は表示されませんでした。業界では印刷対応のデータを作成する場合基本的に色空間はAdobeRGBとなるのです。


 またRAWでは書き込みに時間がかかり、連写が出来なくなりますが、コンデジだからここまで求めるのは厳しいでしょうね。


 それから外部ストロボ端子に装着するビューファインダーはややゴツく、できれば本体にファインダーをつけてほしかったところ。まあ着脱可能なので必要ないときは外せますが…。


 使用レポートについてはまた改めて…。


テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

13 : 20 : 01 | カメラ、PC関係 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

原油高と車、環境問題の考察

原油高の時代です。

今回は持論も交えたやや辛口の意見です。
071203ガソリン価格1
※画像=イメージ

本日のレギュラーガソリンの平均価格は1㍑145円とのこと。
さらに今月中に155円前後まで上がると言われています。


KAZは今の時期はあまり車を使いません。
近場の山や買い物も自転車や公共交通機関を使います。


希少高山植物の保護増殖活動をおこなっているN氏は「環境面から考えると今の原油高は決してマイナスではない」と語っていましたが、

それは一理ありとKAZも感じます。

今から提案する政策を国が実行すればですけど。

また以前、ヤマケイの○○氏は野口健氏のことをBMWのクロカン4駆車に乗っていているから格好いいと言っていましたが、???と感じました。

車で判断するならプリウス乗っているディカプリオの方がそりゃクールでしょう。

※ KAZは別にディカプリオのファンじゃありませんが、世の中に発信するメッセージとしては評価できるでしょう。


 日本の自動車の平均年間走行距離は1万キロとされています。

仮に燃費を1㍑=10kmとした場合、年間のガソリン代は15万5千円となります。
ハイブリット車、プリウスの場合、実用燃費1㍑=25kmとして6万2千円となります。

ハイブリットシステム搭載で加わる追加費用は30万円と言われていますから、155円ですと3年ちょいで元が取れる計算となります。

実際には中国、インド、ブラジルなどで経済発展に伴いエネルギー需要が急増していて、産油国も増産は見込めないでしょうから、3年後は200円になっているかもしれません。

※ 世界的に見ても京都議定書どころかCO2排出量は増えており、90年レベルからEUの一部の国でようやく横ばいなものの、アメリカは合意に消極的、中国、ロシアなどは反対の上、消費量が大幅に増えています。

2004年の1月には100円だったことから、現在のまま世界の情勢が変わらなければ
このままの推移でいくと、本気で3年後には1㍑=200円になるかもしれません。

最も変わる兆しなど見えませんが...。

ちなみに200円の場合、1㍑=10kmの車とプリウスで比較した場合、それぞれ20万円と8万円となり、2年ちょっとで元が取れることになります。


特にロシアとOPECはエネルギー囲い込み戦略をとっているようです。
ロシアは新たな強国政策を掲げるプーチン大統領がエネルギーを実効支配し、巨万の富をロシアにもたらせているとされています。

我が国も新たな戦略の元、抜本的な脱化石エネルギー戦略を速急に計ってもらいたいところです。

様々な要因があり、原子力発電所の問題などは別に論じるとして、

 車に限ると特に今後新たに生産する自動車は全てハイブリッドシステムを義務づけるという案。
薄型テレビがそうだったように、普及が進むと性能はさらに上がり、価格は下がって10万円を切ることも可能と思います。
そうなると直ぐに元が取れるでしょう。もちろんのことですがエネルギー消費も減り、環境にも優しくなるでしょう。
 
 GT-RだのF1だのと騒ぐのもまあ結構ですが、省庁と経済界が一体となって、直ぐにでもこのような省エネ戦略を打ち立てなければ、さらにロシアなど産油国の思うつぼ。

国内経済は疲弊し、もちろん環境にも良くないでしょう。


さらに大事なこと、

それは技術立国である我が国の威信をかけて、世界へ発信するメッセージにもつながるからと思うのです。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

00 : 58 : 46 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

黄葉ならぬコナラの紅葉

本日も晴天のなかMTBで散歩&買い物でした。
車で行くより健康によく、ガソリンも使わず済みます。

071202mtb

KAZのMTBは8年間に購入しました.。

アルミフレーム、パーツはシマノXT、フロントサスペンション付きで重量約11kgと軽量。
ペダルはビンディングペダルのクロカンレース仕様車です。

当時20万円弱と、モノはしっかりと作られているので持ちが良く、
適度な整備で今でもキビキビとした走りを楽しめます。
※安物は直ぐに錆びて結局長持ちしないですね。

明るい雑木林のシングルトラックを、落ち葉をザーを踏みしめながら、風を切る感覚はこの季節ならではです。

確実に色づきが進んでいました。

ガマズミ
071202ガマズミ


コナラ
071202コナラ黄葉

雑木林のコナラは黄色く色づき、モミジのように真っ赤になる派手さはないものの、特有の深い黄色です。

ところが本日はそのようななか、

なんと真っ赤に紅葉したコナラを見つけました。
071202コナラ紅葉

ここまで色づいたコナラの紅葉は初めて見ました。

ここ数年は赤くなるはずのカエデ類やナナカマドが黄色や茶色になるという
温暖化の影響といわれる例は至る所で見ているのですが、

逆のパターンはほとんどなく不思議な出会いでした。


テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

23 : 15 : 09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

初めての聖人岩

本日は今ノリノリでクライミングを頑張っているR君と越生の聖人岩へ行ってきました。

KAZは小川山以来1ヶ月振りで、聖人岩は初めて。

岩場は杉の植林のなかにある石灰岩。林床にはフユイチゴが実っています。「食べられるのかな」との質問。食べたこと無いけど、美味いって聞かないからたぶん美味しくないのでしょう。

ダイエット・シェイク 5・10a...オンサイト..まずアップ

コーヒータイム 5・10b...オンサイト

ウォーミングアップ 5・10b...オンサイト...結構辛めに感じた。

ルミちゃんは気が早い 5・10c...3T断念、のちT.R.でムーブを探る のち再リード1トライ目レッドポイント...左上のアンダーを使ってはダメとのこととても10cとは思えず。「杉野保氏は11cあってもいいのではと言っていたと」岩場に居合わせたクライマーが言っていましたが、KAZのムーブでは(普通と違うかも)11ab程度に感じた。

痛い魚の目 5・10a...オンサイト

黒山賛歌 5・11b...リード断念、ボルト3本目で小指を怪我してしまい今日はここまで。次こそやりますよ~。

石灰岩は磨かれたスタンスがイヤらしいですね。黒山賛歌は課題となりました。

※本日はカメラを持って行ったものの電池が切れてしまい画像なしでごめんなさい。

テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

23 : 37 : 30 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。