スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

トレッキンググローブ

071130mont-bellクールグローブ
今回はトレッキンググローブの話です。

この時期、主に春~秋に使用するグルーブとして最近使っているのがモンベルのクールグローブです。
メッシュ地なので夏でも暑すぎず、春や秋は素手よりははるかに保温効果があるのです。

このグローブはとてもコンパクトになるのでザックの蓋の奥に忍ばせておいてもかさばりません。

手のひら全体に細かい滑り止めのゴム加工がしてありますので、トレッキングポールとの相性も良いでしょう。もちろんクサリ場でもピッタリです。

しばしば軍手で山を登っている人を見かけますが、肌触りがイマイチな割に収納は大きめ。濡れると寒く、クサリ場なのでは滑ってしまい役に立ちません。

実際に軍手でクサリ場で滑ったという事故はしばしば聞きます。

安物はやはりそれなりというわけですね。注意しましょう。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

22 : 19 : 24 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

サプリメント

今日はサプリメントについて。

山で酷使する体のコンディションを整えるため、最近はサプリメントをとっています。

登山では特に膝。クライミングでは指。

このうち膝についてはヤマケイ12月号でも「膝痛予防のためのストックワーク」が記事になっていますがが、KAZの場合、カメラを持ちながらのストックは意外と煩わしいのです。

膝のクッションを効かせるよう気をつけていますが、やはり連日登っているこたえますね。

これに効くのが、軟骨を補う働きがあるグルコサミン。

評判を聞きFANCL試したところなかなか良かった。
071129グルコサミン

山やクライミングをして関節に負担がかかっているときに飲みます。結構効きますね。

徳用パック約7000円で約1年間持ちます。


次に指先です。冬になると気になるのが、クライミング後の指先。

そう、乾燥した状態で指先の皮が剥がれやすいのです。

そうなるとパソコンのキーボードもしっかりと打てず仕事もはかどりません。

知人のクライマーのススメでコラーゲンも買ったところ本日届きました。
071129コラーゲン




テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

23 : 09 : 00 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Mountain Dax 広告撮影

本日は2日間、登山用具メーカーMountain Daxの広告撮影の仕事で城ヶ崎でした。

天気は初日曇り、2日目は小雨とあまりぱっとぜず、残念ながら海も鈍色でした。

Dax社から社員2人が来て、アドバイザーを勤める山岳ガイドの保科さんがディレクター役。

撮影モデルはDaxが代理店となっているCASSINがスポンサーである若手クライマーの中原栄君でした。

海岸沿い、常緑樹のなかにポツポツとハゼノキが真っ赤に紅葉していました。
071127城ヶ崎


シンデレラボーイ 5.13a/b

071127シンデレラボーイ城ヶ崎

またまたユマーリングでの撮影です。結構大変です。


サーカス 5.12b/c

071128サーカス城ヶ崎

サーカスは保科さんが開拓した★★★★の名ルート。
RP最高12aのKAZのレベルじゃまだまだきびしいなあ...。
でも登れたら気持ちいいだろうなあ

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 57 : 13 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

秋の深まり

秋も深まりベランダに出ると畑の向こうに広がる雑木林がだいぶ色づいていました。

うっすらと気づく臭い。

里山の秋の香り。

いつもの日課、仕事の合間に自転車で買い物

谷戸では畑を焼く煙でもやがかかり、どこ郷愁を感じさせる臭いが漂っていました。
071126畑焼き


コマユミの果実をみつけました
071126コマユミ


ミズキも紅葉していました

071126ミズキ

ゴンズイも果実をつけ、コナラはまだなものの緑から茶色へとなりつつあります。

この谷戸がいつまでも開発されず残っていますように...

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

23 : 34 : 49 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ホテイラン保護区に向けてお願い

今回は皆様へのお願いとなります。


絶滅危惧種のホテイランについてです。
071125ホテイラン保護
 

 亜高山帯の林床に希に咲く地生ランで、花の美しさからしばしば「森の妖精」と湛えられます。

 世界的に見ると、北半球の亜寒帯に分布するヒメホテイラン(日本では青森県に分布)の変種となり、距が2本、ヒゲ状に長くのびるのが特徴です。本州中部地方の八ヶ岳、南アルプス、奥秩父が知られていますが、花の美しさから盗掘され、自生地はどこも個体数を大幅に減少させ、絶滅状態の場所も多いのが悲しい現状なのです。

 これまでの保護監視活動にも限界があること、

このままでは本当に絶滅が危惧されることから、

八ヶ岳にある自生地では礼文島の「レブンアツモリソウ保護区」のように保護自生地の設置が計画されています。

 現在、2008年度の設置に向けて地元行政と、山小屋など地権者、有識者との協議が予定されている段階ですが、

 実際の保護区整備等、行政への働きかけ、運営、管理にはホテイランの保護を願う多くのの人たちの意見の声や、力があればなお心強く、

特に長野県や周辺の人へ有志を募っています。ホテイランの保護に理解を示してくれる方、メールにてご一報いただくと幸いと存じます。

その後、必要に応じてご案内などしたいと思います。よろしくお願いします。

残したい氷河期からの大切な遺産...

盗掘されなくなりつつある悲しい現実...

美しい森の妖精は国民の共有財産のはずだから...


※KAZのHPにも案内をしてあります。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

16 : 25 : 16 | 希少植物保護問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

アバランチビーコンについて

11月23日に十勝連峰で4人の登山者が雪崩で亡くなりました。
雪崩は比較的大きな規模でアバランチビーコンを持っていた人は11人中4人だけとのことでした。

「山と渓谷」12月号でも今年の春に八甲田山で起きた雪崩事故の検証を8ページにわたって紹介していますが、このなかで「3種の神器」...アバランチビーコン、スコップ、ゾンデを持つことの意義を説いています。

KAZはアバランチビーコンを2台所有していますが、よく雪山へいくのに「ビーコンは高いから...ね」との声を聞きます。

確かにビーコンは高い。

でも確実に言えること

「命よりは安いはずだ。きっと」

今年2月、KAZが蔵王山で山スキー中、事故を起こしたときも、直接の救助要因ではなかったものの、仲間はビーコンでKAZの状況を知ることが出来ました。

水没した2台のカメラと2台のレンズはビーコンよりはるかに高かったが、働いて金を出せばまた買えました。

しかし命の場合、そうはいきません。

危険を避けること。これが一番だけど、パッシブセーフティーとしてビーコン持つ意味は大きいと思います。

071124ビーコン

マムート パルスバリヴォックス...トリプルアンテナ・デジタル式。直感的で操作しやすいビーコンです

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

22 : 38 : 45 | 登山 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

林床に光る氷の華

じばらく続いたデスクワーク

山の空気を吸いたくなりブラリと出かけた。

家から1時間半ほど。目的地は三ッ峠。いわずと知れた富士山の展望台。

冷え込んだ森の中を登り始める。森の中にポツポツと輝く氷の結晶。
071123三ッ峠コウシンヤマハッカ3

霜柱?かなり違う。植物の茎、根元から形成されている。


ほら、下に見える霜柱とはこんな違いがあった。
071123三ッ峠コウシンヤマハッカ4



シモバシラ?ちょっと違う。でも原理は同じ。
071123三ッ峠コウシンヤマハッカ2


枯れた地上部へ、まだ生きている根から

吸い上げられた水が地上に出て氷結したという。


だから近寄ってみるとこんなに綺麗。

まさに冬に咲く森の花ならぬ「華」...
071123三ッ峠コウシンヤマハッカ5


その名はコウシンヤマハッカ。シモバシラとは同じシソ科だけどこちらはシモバシラ属ではなく、ヤマハッカ属。
カメバヒキオコシの仲間で葉の先端が3裂しない。長野県と山梨県にだけ分布するそうだ。
071123三ッ峠コウシンヤマハッカ1



登山道沿い「氷の華」を見ながら登り切ると富士山の大展望が待っていた。

清々しい眺め...
071123三ッ峠富士山

その後はお決まりのパターン、展望台に立つ三ッ峠山荘でコーヒーを飲みつつ主人と会話。

植物の話、保護の話、会話は尽きない...。


登り足らず、ついでにもう一山登った。同じ御坂山塊の毛無山。西湖と河口湖の中間から登り始める山。
071123毛無山富士山

日没前の斜光に浮かび上がる足和田山の向こうに富士山。手前にはカヤトの原が印象的だった。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

23 : 45 : 44 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

機材・装備のページを更新しました

「山と渓谷」12月号の年末年始軽量化縦走の記事でアナウンスした機材装備の詳細なインプレッションです。
遅くなりましたがHPの方にアップし更新しました。

・ピッケル
・アイゼン
・ダウンインナーパンツ
・ウールアンダーシャツを更新しています。

やや辛口なコメントもありますが独断と偏見ということでご容赦下さい。

071120機材装備
13 : 58 : 20 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

京王電鉄ポスター

本日は京王電鉄のポスター、車内吊りポスターの仕事の校正戻しでした。

2005年4月からスタートしている、高尾山の魅力を伝えるシリーズのポスターで高尾山で撮影をしている自然、植物、風景写真家など十数人が担当しています。

12月、1月と京王線の駅や車内のほか、京王電鉄のホームページである「とことこ高尾山」でお目にかかれるかと思います。

071118高尾校正

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

16 : 35 : 20 | kazの仕事 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

エゾシカ肉料理

 現在、北海道のみならず全国でシカの害が問題となっています。

 取材ついで聞いただけでも霧ヶ峰ではニッコウキスゲを食べ始め、屋久島でもかつてないほど勢いで増え、日光ではサワグルミ林の林床(通常は様々な植物が出現する豊かな植物相で15×15のコドラート調査でも50種くらいはでてくる)が丸坊主。

 南アルプスでは三伏峠がひどく食害にあい、高山帯に進出も時間の問題と言われています。

 ここ北海道でもシカの食害は例外ではなく、アポイ岳のヒダカソウ群生地内でさえ見ましたし、道東、道央地方でも道路や線路に出て車と衝突し、車もめちゃくちゃになる事故が発生しているそうです。

ズバリKAZは

シカをもっと食うべき

だと考えています。そうすれば

・山野のシカ食害も軽減されるばかりでなく

・若干ではありますが食糧自給率もあがり

・ハンターなども育成され、地方の活気も出てくる

など1石3鳥にもなる気がします。


道内では数箇所で、昨年あたりからシカ肉料理が実用段階になってきているとのこと

本日は新千歳空港内にあるレストランあびよんで食べてきました。
エゾシカ肉ジンギスカン定食...1550円
071117アビヨンシカ肉ジンギスカン


肉は淡泊で、臭みはなく、食べやすいのには驚きましたが、さらに驚いたのはそのヘルシーさでした。

牛肉と比べて
・カロリー1/3
・脂肪1/10
・タンパク質 ×2
・鉄分 ×8.5
・DHAもはるかに豊富


とのこと。これはもう革命的というほかありません。※エゾシカ協会による資料

ただし、まだ全体の流通量が少ないのと、精肉加工にコストがかかることから
値段は若干高めです。ラムのジンギスカンは1250円のところ、シカは1550円でした。

今後精肉業者にも取材とか本格的に考えています。

日本全国の自然保護に関心がある皆様、シカ肉は美味しくてヘルシーなので是非とも食べましょう


テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

23 : 00 : 00 | 環境保護問題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

本日のスイーツ

071116白いティラミス

洋菓子の館の「さっぽろ白いティラミス」…441円 さっぽろスイーツコンペティション2007でグランプリとのこと。限定商品です。午前中、買いに行きました。

テーマ:おすすめスイーツ♪ - ジャンル:グルメ

23 : 39 : 05 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

山と渓谷12月号

071116山と渓谷12月号

本日はまた北海道からです。

「山と渓谷」12月号が15日に発売となっています。

今回はやや担当記事が多く、原稿作業など大変でしたが、なんとか終わらせることができました。

①昨年末年始の燕~情念岳~上高地の単独縦走…グラフ、記録、装備など8ページで
軽量化がテーマの今回は入山時、全重量17kg、カメラを入れて24kgでした。その装備の選択方法などあります。

②雪山技術解説テクニカル編…モデルと文章はアルパインガイドの木村道成さんが担当しました。木村さん、編集作業の補助など、いろいろありがとうございました!

③黒斑山、高峰高原雪山取材...撮影を担当

④付録カレンダー…2008年付録のカレンダーでテーマは「FLOWER」です。ぜひ壁にでも掛けて下さいね。

⑤膝痛防止のためのトレッキングポールの使い方...撮影を担当しました。

その他、制作に携わった方々にはこの場を借りてお礼申し上げます。

では書店でよろしくお願いしますね。m(_ _)m

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

20 : 09 : 38 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

陶芸体験

本日は陶芸体験をしてみました。
といっても絵を描いて、粘土でこねて形を作るくらいですが…

実は、かつて小学生だった頃、図画工作はもっとも好きな教科だったのです。なんでも作るのは基本的に好き。

そこで皿にアツモリソウの絵を描いてみました。
071114陶芸体験アツモリソウ

頭の中で今まで見てきたアツモリソウをイメージしてみて
しばらく頭になかで考えた鉛筆で下書きしました

形はどちらかというとホテイアツモリです。

すでに焼き上がっている皿はチジュールママの製作。10年のキャリアを持つベテランです。

今回は合作というわけです。

1日で完成する訳ではなく、この後、釉薬をつけて再び窯に入れてから。

完成が楽しみです。

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 00 : 00 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

晩秋の彩りと小樽バインと

小樽市にある「小樽バイン」という店でエゾシカ肉のピザがあるというので行って食べてきました。
約1年前から始め、観光客を中心に好評とのこと。

道内の人は抵抗とのことですが、食べやすいように挽肉を使用しているとのこと。

エゾシカミートピザ..840円
0711小樽バインシカ肉ピザ

まったくクセがなく、それといわれなければ何の肉かわからないほど。小樽市の中心部にあり店も洒落た感じの良い店でした。

このあたりはツルウメモドキとツタが多く、どちらも季節の彩りを添えていました。

ツタはブドウ科の植物です。紅葉は意外と綺麗でした。
071113ツタ紅葉


ツルウメモドキはニシキギ科、晩秋の果実は飾られたりしますが、とりすぎないようにしたいですね。
071113ツルウメモドキ


テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

15 : 32 : 39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

lynnと申します

071115LYNN

2625gでこの世に出てきました。Lynnといいますが、立派な大和撫子ですよ。
00 : 45 : 00 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

白いノコンギク

 急遽、北海道へ渡りました。一気に季節が進んだよう。紅葉はまだ残っていましたが落葉が進んでいました。カラマツはここでも色づきが遅めで、黄金色に輝いていました。

遅めに咲くキクの仲間ですが、こちらの純白のノコンギクはまだ咲いていました。
071110ノコンギク

いったん病院へ行き、帰ったあと再び呼び出され病院へ…

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

23 : 23 : 22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

モンベルショップで買い物

冬が近づいてきました。冬用の服なども用意する時期です。

本日はモンベルショップで買い物をしました。まず
「U.L.サーマラップジャケット」
071109モンベルサーマラップジャケット

中間レイヤーとして最近はダウンが流行っています。

同じコンセプトでU.L.ダウンインナージャケットもありますが、ダウンは取り扱いの注意が必要であり、また羽抜けもするので、

KAZは軽量コンパクト化を計る本格的な山行では持って行きますが、日常生活~簡単なフィールドではこちらの化繊タイプのものを愛用しています。

 重量はダウン200gに対し240g。値段はダウン12800円に対し12500円とほとんど変わらず。フロントは圧着タイプのファスナーなのでボタン留めタイプのダウンと比べて楽です。
071109モンベルサーマラップジャケットカバー

こちらは収納袋です。収納サイズはやはりダウンが上かな。でも日常生活ではあまり関係ないけど...。

次に「U.L.ダウンインナーパンツ」
こちらも同じコンセプトのパンツです。
素材はダウンで重量190g、価格12800円でした。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

23 : 09 : 53 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「ナショナル ジオグラフィック」誌取材

071109ナショジオ

 本日は自然科学系のグラフィック雑誌で、高いステイタスがあるナショナルジオグラフィック誌の取材でした。

といっても、どちらかというとKAZが取材を受けた方でした。

 担当編集者が事務所を訪問し、KAZが取り組んでいる希少高山植物の保護啓蒙活動についていろいろ話を聞いたのです。その後、写真を選んで貸したりなど。

 掲載は来年の1月号で1ページになるとのこと。年末に刊行されるとのことです。
とにかく希少植物の置かれた現状と、保護の必要性はもっと明確なメッセージで広く発信していきたいですね。

 ちなみにこちらの雑誌ですが、グローバルなテーマで大きく切り込んだ取材内容、持ち運びやすい手頃な大きさ。力強いメッセージが込められた綺麗な写真。鮮明なグラビア印刷。やはり一流雑誌ですね。

 KAZも定期購読しています。3年契約ですと980円のところ630円と断然安く、送本されるので手間がかからないのもいいですね。

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

22 : 27 : 46 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2008年カレンダー

  郵便局でも年賀はがきが売り出され、そろそろ2008年版のカレンダーを用意する時期となりました。
今回はKAZが関わっています2008年版のカレンダーの紹介です。

まず壁掛け用で
「日本花紀行」
071108カレンダー2008 

月めくりで花の花の群落風景、計13枚の写真で構成されています。

複数の写真作家による構成で私作品は7月のシラネアオイと、8月のハクサンコザクラと2年連続で2点採用されました。山と渓谷社刊行で1260円です

次に卓上サイズでは
「プチカレンダー Mountains」
071108カレンダー2008

月めくりカレンダーで計13枚の写真で構成。

ページの裏側は山関係のイベント情報も盛り込まれたスケジュール帳とユニークで実用上便利。縦横15cmと手頃な大きさで800円と値段もリーズナブル。山と渓谷社刊行です

複数の写真作家による構成で私の作品は表紙となっています

次に日記帳形式のカレンダー&ダイアリーでは
「フラワーカレンダー2008」
071108カレンダー2008

週ごとに1枚の写真で構成され、複数の写真作家で合計約55枚の花の写真が載っています。

私は.ユキノシタ、エゾキスミレ、ベニバナヤマシャクヤク、ヒメシャガの4枚の写真が採用されています。価格は2100円。

このフラワーカレンダーですが、根強い人気を持ちながら、徐々に部数が低下して来年は刊行の危機にあるとのこと。背景にはブログの躍進などがありそうですね。

 しかし公開したくないプライベートな内容やちょっとした手書きのイラスト、気持ちなどはやはり日記帳に書き記したいもの。このようにKAZのうちでもつけています。(毎日じゃないけど...)
071108カレンダー2008 

なんといっても季節を感じる写真がすがすがしいですね。みなさんできれば部数回復に協力して刊行の危機回避にご協力願いします。m(_ _)m

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

22 : 15 : 33 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

みなかみ町、谷川岳、法師温泉周辺取材

本日から2日間でハイキング雑誌の取材・撮影で群馬県みなかみ町です。
天気予報は良くなかったものの、初日はなんとか薄日に晴れ間も射し込みまずまずとなりました。

まず有名な谷川岳一ノ倉へ。断崖絶壁が広がるこの景色。アルパインクライミングのメッカにもなっています。KAZも過去に2回登ったことがあります。
071105谷川一ノ倉沢

谷の両側のブナ林は落葉が進んでいましたが、コミネカエデやサラサドウダンでしょうか?下層の低木類はまだ紅葉真っ盛りで十分見応えありました。ここは芝倉沢付近までブナやミズナラ、サワグルミなど深い森の雰囲気が良く森林浴の散歩道といった感じなのです。

森の中で季節の彩りも発見しました。ムラサキシキブの実です。
071105ムラサキシキブ

一ノ倉の岩壁に昇る月をあしらったお菓子「谷川の月」土合駅近くの「お菓子の家」で製造直売されていました。クリームがしっとり美味しくいただきました。
071106谷川の月


翌日は法師温泉周辺です。法師温泉から三国峠へと登るハイキング道を歩きました。こちらは森と清流歩きの感じは良かったものの、昨日とは違いあまり整備されておらず。

山や森など、自然資源に恵まれたみなかみ町ですが、全体的にハイカーを呼ぶための整備をもっとしたほうがお客さんも増えると思います。
071106法師ブナ林


下山後は有名な法師温泉の混浴風呂で温まりました。古き良き雰囲気を色濃く残す山の宿でした。
071106法師温泉


やや終わり気味でしたが紅葉狩り楽しめました。
071106法師温泉紅葉

温暖化のせいか、やはり赤の色彩が弱く、黄色が中心です。赤も楽しみたいところだけどね...

最後に観光まちづくり協会のKさん案内、運転役ありがとうございました。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

23 : 00 : 00 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

小川山深まりゆく秋

本日は2日間で小川山でした。

 廻り目平周辺では紅葉の最終段階。シラカバとミズナラは紅葉を終えて落葉が進み、色づきがやや遅めのカラマツが黄金色に染まっていました。ナナカマドも赤い果実だけとなっていました。071103小川山ナナカマド

日も短くなり、登れる本数も限られてきました。2日間屋根岩、思うほど登れなかった今回の内容は

生木が倒れたよ 5.9…オンサイト
甘食 5.10b…オンサイト
スラブの逆襲 5.11c…レッドポイント(3トライ目)
裏ジェットストリーム 5.11b…1Tリード(2トライ)
チキチキバンバン 5.11b…4Tリード
と2日間にしては寂しめ。
071103裏ジェットストリーム
「裏ジェットストリーム」核心のハングをリードするKAZ。2回目はもうすこしでレッドポイントのところで力尽きる

今回は新しく購入したクライミングシューズで臨んだところ、キツキツで足先を曲げて押しつける感覚が掴めず、結局「スラブの逆襲」のレッドポイントした時のみ、以前のシューズ(アナサジ、リソール済み)で登りました。

この靴早く緩んで慣れないかなあ…
071103小川山ミウラー
でもエッジングはバツグンでした。クライムワークス井上さん。ありがとうございました。


 今回の同行は相洋高校山岳部の後輩OBの古川慧君。熱心な顧問のお陰でOB参加が活発な山岳部では、1年に一回くらい現役生徒にフリークライミングを教える山行があります。

 KAZも10年以上前から教えていました。その後、時代とともに高校生の間でもフリークライミング競技が盛んになっていきました。

 現役高校生の時教えた古川君も、卒業後は大学時代にクライミングジムでバイトをしてメキメキと強くなり、あっという間にKAZのレベルから引き離されてしまいました。
 
今回もつなげてのレッドポイントはならなかったものの「エンドルフィン」5.13aのムーブを解決していました。愛用の「巨礫」Tシャツと=ボルダーのことですね。
071103小川山古川2


朝晩はかなり冷え込んだものの、日中は晴れて紅葉と落ち葉が印象的でした。
071103小川山晩秋の森

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

23 : 00 : 00 | クライミング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

ジャーナリストの使命感とは...

071102ミャンマー動乱
画像=イメージ

 今回はやや悲しい話です。少し前の話になりますが、民主化デモが発生したミャンマー(ビルマ)で日本人ジャーナリストの長井健司さんが軍の治安部隊によって射殺されました。

それに対する抗議の署名を受け付けているとニュースで聞き、サイト=ミャンマー軍による長井健司さん殺害に抗議するがありましたので署名しました。1万人近い署名が集まっていました。経歴も書かれていて、留学経験もあったようです。

 流れ弾に当たったと当局から説明を受けたとのこと。しかし、ビデオテープを見る限り至近距離から撃たれて、しかもカメラも奪われています。

使命感を持って取材を進めていたのでしょう。分野こそ違うもののKAZも似たようなフォトジャーナリストとして活動しています。希少高山植物の盗掘問題など人が知らない問題に切り込み発表すること…少しは共通点あるかな、いやいや、長井さんの方がもっと大きく普遍的なテーマですよね。

 遺品のカメラは未だ変換されず、関係者の摘発に至っては???という状況とのこと。

かつて自己責任という言葉が流行った時期がありましたが、今回「どうかと思いますが…」にはいささか違和感を覚えますよね。というのもテロリストやゲリラではなくミャンマーの治安部隊に殺害されたということは、ミャンマー国家によって殺害されたのと本質的に同じではないでしょうか?

 我が国の首相は「お悔やみ申し上げる」といったものの記者団からの経済制裁について問われたら、「もっと状況を見る」とはぐらかしたまま。まるで面倒くさいことは関わりたくないという冷血無関心な今風人間そのものですね…。

 軍事政権が圧政を敷き人民は自由が奪われています。ノーベル平和賞を受賞した民主化活動家のアウン・サン・スーチーさんは何年も軟禁状態が続いています。
 
 グローバリズムを推し進めるアメリカには必ずしも共感はできませんが、一貫して軍事政権に厳しい姿勢をとってきたことは理解できますね。

北朝鮮の拉致問題も解決しないまま、もっと一国の宰相としてはぐらかしたりせず、キチンとした姿勢を示してほしいというのはKAZだけの願いではないと思います。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

21 : 34 : 49 | 社会問題 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

水彩画はがき

小野木さんはがき

先日、取材でお世話になった小野木さんから、ご丁寧にもはがきが届きました。

実はその時分からなかった紅葉の樹木があったのです。
周囲にはシラカンバ、ウダイカンバとダケカンバがありました。

緑色をこよなく愛する彼は端から見ると全身緑で一瞬びっくりしますが(失礼!)、きっと少年時代をそのまま大切に残したような方で、情熱にあふれた人でした。

高い芸術的センスからも感じられますね。

テーマ:草花 - ジャンル:趣味・実用

10 : 04 : 10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。