スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

丹沢「読図」取材

071017丹沢読図
 
 本日は「山と渓谷」の読図講習の取材で丹沢へ行きました。標高500mそこそこの里山に近い山地ですが、道なき谷や尾根をいき、藪こぎも随所出てきました。

 講師はヤマケイにも書いているライターの平塚さんで、一般の参加者が3人。編集部のKさんと生徒役でイラストレーターの鈴木みきさんも同行しました。

 国土地理院の1/2、5000地形図とコンパスを使います。

 私は高校山岳部時代から読図を行い、大学時代は部の合宿で地形図は必携でした(特に登山道が分かりにくい積雪期には地形図は必需品となります)。
 
 かつて仕事で航空写真と地形図をにらめっこして地形、植生判読をしていた経験もあり、地形図はお手のものと認識していましたが、コンパスの正しい使用方法は認識したことがなく目からウロコでした。
 
※特に最近はGPSも持って行くことが多く、文明の利器に頼りがち。しかし谷などでは使えないこともありますね。
スポンサーサイト
23 : 00 : 00 | kazの仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

03 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。