スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

The shot of lynn 130404

保育園まで自転車通学

1330404-6964.jpg



途中の道くさ
ミツバツツジの臭いをかいでみる

1330404-6981.jpg

ジンチョウゲは良い香り、ヒサカキはくさいかな。

ホトケノザ、ナズナ、スミレ...少し覚えて得意そう。

でオオイヌノフグリ

1330404-7016.jpg

この語源の説明に、思わず「そのうち分かるよ」

さて、どこまで説明したらいいのかなぁ???




スポンサーサイト
01 : 00 : 46 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

新型マスク導入

今回は脇道、耳より情報を少し。


このところ急に暖かくなり
蓄熱暖房は「切」。消費電力も少なくなり、電力自給率も向上してきた。

130311-4057.jpg


3月は天気が良く、10日過ぎた段階で239kwhの発電量となっている。



今年は花粉が例年以上にスゴイとの評判だが、
kazは花粉症歴が長く、20年以上で、

以前、耳鼻科で検査した結果、「普通の人の200倍スギ花粉に反応する」
と言われたほど。

例年この時期は修行の日々だが、今年は新しいマスクを導入したところ
いつもよりも症状が軽くなり、調子も今のところ良いようだ。


130311-4068.jpg

3M 9010 N95対応マスク

耳に掛けるのではなく、頭の後ろにゴムで掛けるタイプで密着度が高い。
ノーズ部分は、針金ではなく、形状記憶素材の金属のため隙間ができにくい。




息を吐く時に通常の薬局で入手できるマスクよりも明らかに眼鏡が曇りにくい。
外で撮影していてもこれはいい。

表面の素材はかなり緻密で何層にもなっているようだ。

130311-4064.jpg


正直やや息苦しいほどだが、前面は突起状に膨らんでいる分、
空間があるので圧迫感はそれほどではない。


通常のマスクでは目が粗すぎて透過してしまう、
PM2.5対応のマスクでもあり、1ヶ月ほど前ニュースになった時に購入したが、
想定通り、花粉にも有効だった。黄砂にも効くとのこと。

130311-1200.jpg


価格は50枚入りで5000円程度。

医療関係では頻繁に交換するらしいが、
もったいないので1~2週間に1回程度

さて、これで鼻はかなり楽になったが、
あとは目か。
これはなんとか良さそうな対策はないものか。。。



テーマ:花粉症対策 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

10 : 27 : 27 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

てれまくり:マムートビーコンゲーム

てれまくりで毎年行われているのが
マムートのアバランチビーコンを使った探索ゲームだ。

130303teremakuri-2762.jpg


JAN(日本雪崩ネットワーク)の指導員による
基本的な知識と操作を教わった後に

実際に雪の下40cmほどに埋め、発信状態になっているビーコンを


探索モードに切り替え、ゾンデ棒で探し当てる内容。
埋められたビーコンはPCソフトケースに収まっているため
人間の感触に近いか。



今年はマムートの「ぬいぐるみ」も景品として一緒に埋められているというので
lynnも参加してみた。

130303teremakuri-2745.jpg



結果、デモ機と同じパルスバリーヴォックスを持っているkaz
も手伝って、ゾンデで見事ヒットと言いたいところだが、


やはりまだ子供だからそう簡単にはいかず。
しかし10人ほどの参加者がいて、


なんと親切な人がぬいぐるみをlynnにくれた。

130303teremakuri-2772.jpg

※ありがとうございましたm(_ _)m



リビングルームに飾られたマムート君のぬいぐるみ

130304-3161.jpg

ロゴマークより少し鼻が短かめか。


参加賞の景品はシールで

これはシール帳に張っていた。

130304-3157.jpg

キティちゃんとマムート
ちょっとイメージが違うけど、まあアリでしょう。







21 : 06 : 29 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

白馬岩岳スキー

2/10-11はファミリースキーで白馬岩岳へ。


岩岳スキー場は昨年「てれまくり」で初めて訪れ、
白馬連峰の展望が素晴らしかった記憶がある。


そのためチジュールが再び行きたいとのことだった。リフトも割とリーズナブルだ。

しかしユニークなのはハイブリッド車やEVの場合、
エコカー割引という制度があることだ。

今回、宿提携の方がもっと安価だったため、宿に車を止めて行った。

しかし駐車場に止まっている車はHVの比率は決して多くなく
最近プリウスやアクアを中心によく見るようになった、
多摩地区の方がずっと割合が高く感じる。


HVは雪道弱いとか、電池+モーター分の投資が回収できないという
固定概念を持っているのだろうか?


実際はそんなことはなく、登りではトラクションが逃げやすい
ミニバンFFよりも強いのだけどなぁ。



lynnはもう、そこそこのコースはスピードを出してボーゲンで下りられるようになった。

130215ski-9238.jpg


さて、テレマークはいつ頃始められるか???



今回2日間とも残念ながら天気は良くなかったが、
雪質は良かった。頂上付近のブナの森の雰囲気が良かった。

130215ski-9561.jpg

細めが多かったので原生林ではなく二次林だが、
森はすっきりとしていた。

130215ski-9580.jpg



130215ski-9578.jpg


130215ski-9590.jpg


スキー場のリフトから見ていると
ホオノキがかなり多い。

冬芽についた雪と

130215ski-9630.jpg


こちらはオオカメノキの冬芽。
ウサギの形をしていて面白い。

130215ski-9602.jpg


この森でlynnとチジュールは遊んでいる間にkazは森の撮影。

130215ski-9365.jpg


遊びは旺盛でこのような幼児用自転車スキーも借りてみたり。

130215ski-9535.jpg


遊んだら次はお菓子


130215ski-9341.jpg


お気に入りのラスク。


kazは乗鞍の時と同様、スカルパT1ブーツにセンター86mmのBDカレントで
ゲレンデテレマーカーでした。

130215ski-1.jpg





テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

21 : 19 : 57 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

新しい巣造りの向けて

昨年初夏にツバメが家に巣を作った。

130123-8493.jpg

地面から2m以上で、近くに泊まれる場所があり、
ネコやヘビなど天敵からも比較的安全と見えて、


毎年だいたい作るが、同じ巣は利用しないようで
去年は2回ツバメが来たが、2回目はすぐ隣に作った。


130124-1761.jpg


春に向けてこの巣を二つとも除去した。
一から作り直す習性があるからだ。

130124-1764.jpg


未受精卵だろうか?
孵ってない卵もあった。


130123-8516.jpg

この春もこのような命のドラマが見られることでしょう。



14 : 48 : 08 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

万座ファミリースキー

12月22-23で群馬県の万座温泉スキー場へ。


チジュールの提携バウチャーを利用し
万座プリンスホテルに宿泊


今シーズンからプリンス系のスキー場は小学生以下のリフト券が無料になったほか
宿泊者には500円で一式レンタルが出来るという。

初日はガスのあいにくの天気。lynnは昨年おもちゃスキーから
エッジがある本格的なスキーを始めた。

今シーズン購入したが、発送など間に合わず今回は借りた。
しかしレッスンは割と高く2時間で8000円。

初日は昨シーズンを取り戻させるべく、レッスンを受けずに
まず感覚を取り戻させるべく、一緒に滑った。

最初に重宝したのが、このデイジーチェーンにスリング。

121223manza-0470.jpg
※写真は2日目の朝


山で「使える」ということが分かり、念ため用意したが、
子供にとってもやはり安心感が違うようだ。スリングを連結したが、


最初は2.5mほどだったが、後に物足りなく感じ、継ぎ足し
合計4mほどの長さがあるとより調節しやすいと感じた。



このような場面でもブレーキがかけられる。

121223manza-0801.jpg

しかしテレマークでも大丈夫だが、
ガリガリのピステでの講習はきつい。



慣れてくると、林間コースの道ではもう転ばなくなり、
初級者コースの緩斜面程度でも大丈夫になった。

121223manza-0838.jpg



しかし腰が後ろに引きすぎているようだ。
2日目はレッスンが「満杯」だったため

次回はやはりレッスンに入れようと思う。


標高1800m、長野県との県境に位置するだけあり、
気温は低かったが、雪はそれほど多くはなかった。


2日目の朝は10cmほどの新雪で、最初はフカフカだった。
ダケカンバの枝にもびっしりと雪が付着していた。

121223manza-0571.jpg


ゲレンデトップから見た、草津白根山
山の反対側にはバックカントリーコースがあり、
kazは2回ほど訪れている。

121223manza-0622.jpg


lynnはスキーだけなく、滑り台やソリでも遊んだが

121223manza-0880.jpg


この万座温泉スキー場、キッズパークは
ただ囲われた区画があるだけであまり充実してなく、

むしろ温泉自慢のスキー場という印象だ。

白濁した温泉らしい泉質に加え、
東北方面では珍しくないが、混浴もあった。

露天風呂は白根山も見渡せるなど展望が開け、
雰囲気は非常に良かった。

※残念ながらカメラ持ち込み禁止のため写真はなし


バイキング形式の食事もなかなかで

121223manza-0382.jpg

※チョコレートフォンデュ

客室もスタンダードなプランではやや狭めのものの
まあまあだったが、


唯一の「及第点」と感じたのが、客室やロビー、廊下の窓だった。

121223manza-0974.jpg

標高1800m、立派な寒冷地で
この季節は-10~-15℃程度まで下がると思われるが

なんとシングルガラスで金属サッシのみ
このため、室内の温度はかなり高いが反対に、


窓の近くは急激に寒く、
それを温めるためか、オイルヒーターは相当熱い。


121223manza-0975.jpg

1の電気で3~6の熱を生む、ヒートポンプ(=エアコン)と違い、

オイルヒーターは消費電力≒暖房能力(COP1)のためエネルギー効率が悪く、
おそらくものすごい量の電気を使っていると思う。

もっとも騒音がなく、安全でもあるためホテルなどでは時々見るが、
やはり寒冷地ではもっとも手短で効果的なのが、内窓、LOW-Eガラスなど、
窓断熱であり、

今は関東の平野部でもペアガラスが珍しくない。
省エネのみならず、騒音も減り快適性も増すので

このシングルガラスには少々驚きで、

原発が止まり、省エネが叫ばれる時代のなかでは
全然「乾いたぞうきん」ではなく

省エネ産業の活性化という意味からも
まだまだ、伸びしろが大きいとも感じた。






テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

22 : 43 : 27 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

エコプロダクツ2012

12月14日、東京、国際展示場で開催されているエコプロダクツ2012へ。

http://eco-pro.com/eco2012/





一昨年、昨年も出かけてみたが、
今年はLynnを連れて行ってみた。


子供向けの学習、体験コーナー、クイズラリーも多く、
実際に小学生くらいの団体がバスで遠足で来ている。


保育園を休ませでも行く価値はあるだろうと、
2人で来たワケだ。


しかし、実際にはクイズラリーは小学生以上が多く、
5歳ではまだ少し早めだったか。クイズのほとんどはkazが教えた。


一人の時はEV、PHV、太陽光発電など、
エネルギー関連の展示を中心に回っていたが

子連れだとそうはいかない。lynnが面白そうなコーナーや
飲食コーナー、遊び場に手を引っ張られる。


でも学習体験コーナーではかなり熱心に取り組み楽しんでいた。

121214ecopro2-8233.jpg

戸田建設のコーナーでは家造り体験。
kazは環境省事業で長崎五島列島の浮体式洋上風力発電の展示などを見ていた。



121214ecopro3-8249.jpg


日本塗料工業会のコーナーではフォトフレームと、鳥のマグネットの塗り絵体験も。
ここでは鉄道模型のNゲージのジオラマにも見入っていた。




しかし、それより長い時間遊んでいたのが、
木の玩具コーナー


121214ecopro3-8278.jpg


企業ブースに比べて派手さはなく、景品もなく、
スペースも小さいものの、


121214ecopro3-8295.jpg



このサルボボに似た玩具「つみぼぼ」に夢中。

http://yamakyo.shop-pro.jp/?pid=40531406


岐阜県木育研究会という組織もあるようだ。
木材を通して子供たちの心をはぐくむということか。




また出展元は分からなかったが、
ウッドチップを敷いた遊び場、兼休憩コーナーも。
121214ecopro11-8318.jpg




ここの建物の反対面はミニクライミングボードで、
先日体験済みのlynnはこれにも取り付く。

121214ecopro4-8329.jpg



中はカウンターキッチンになっていて、

121214ecopro4-8348.jpg


ここでも遊ぶ

木材を用いた遊び。自然の素材を用いた遊びを
通して自然に親しむというのは良いことと思う。



「エコ」な製品を選ぶことの重要さと、山登りや自然観察など
「自然のことを知る」ことの大切さ

両方をバランス良く理解してほしいと願っている。





日経コーナーでは撮影した写真を新聞にまとめるサービスも

121214ecopro4-8373.jpg


気づいたら時間が押していて、17時30分過ぎまで会場にいた。



こちらは持ち帰った家とフォトフレームの作品。

121214ecopro-8396.jpg


左がlynnの描いた家だが、ピンク色と黄色の太陽電池パネルの発想が面白い。




こちらは南三陸町から来ていた、夢多幸鎮「オクトパス君」
ピンバッチ。

121214ecopro4-8382.jpg


kazも南三陸で購入した。
こちらは380円だったが、復興応援の意味も込めて購入した。



テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

11 : 32 : 38 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

寒さ本番

今年は急激に冷え込むようになり、
12月上旬にして真冬のように寒い日々が続いています。


121213syokan-8160.jpg

近くの雑木林ではまだ色づきが残る
もののかなり茶色になり、夜中の気温は氷点下。



12月は初旬は曇りや雨で、発電量は伸び悩み気味なものの
その後は冬型気圧配置で関東平野は晴れの日が多くなり

5日以降は連日20kwh越えで、13日までで251kwh。


さて、発電はそこそこ調子がいいものの
オール電化にはまた厳しい季節になってきました。

121213syokan2-8219.jpg





特に深夜電力の消費の伸びがスゴイです。
電力自給率は50~60%程度になりそう。





それにしても蓄熱暖房(アルディミニ)、深夜電力も電気料金の値上げで
調節「大」の時は7kwh消費するため、

121213syokan-7740.jpg



今まではkwh=約9円で一日ああり63円でしたが、
今は11円で77円に。


電気料金の面のみならず、暖かさや雰囲気的な面からも
今後は薪ストーブなどバイオマス燃料の方がますますメリットが大きくなるように思います。



同時に電気料金値上げを考えた時、
一昨年、震災前に施工しておいて良かったなあ、
と思う点にインプラス内窓があります。


2010年11月18日記事:インプラス内窓工事


実質的に1/3の費用はエコポイントがつき、
この時期はもちろん、夏でも断熱効果が非常に高く、
静粛性からも価値が大きいと実感します。


主要な窓は施工済みですが、
構造の関係で内窓が設置出来なかった場所にはケチケチ作戦のプチプチで。

121213syokan-7737.jpg


これでもそこそこ効きます。工夫が大切だと感じます。

しかし、あと深夜電力のかなりウエイトを占めているのあ
エコキュートだと思います。

これに関しては,別途作戦を考えています。
まだ成功するかどうか不明ではありますが。。。



00 : 53 : 10 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

良く晴れて発電すれど雨恋し

山に加え、デスクワークも多くなり
早めに仕上げなければならない業務もあり、また更新が滞っています<(_ _)>


8月は前半から中盤にかけては高山では不安定な天気が続いたいたら、

後半は厳しい残暑で晴れ続きのようです。

お陰様で8月は月間発電量過去最高記録を記録しそうです。

120830pv1-6467.jpg
※30日の段階です。


これまでの過去最高記録は2011年4月:727kwh(kwあたり144kwh)
なので、記録越えは確実で、750kwhくらいいくでしょうか?




しかし極端な天気のもと、反対に大地はカラカラのようです。

心配なのがその影響を受けやすいラン科植物など


120830miyamauzura1-1474.jpg


ミヤマウズラ(ラン科)



花弁の先を見ると、開花し始めなのに
すでに少し茶色くなりかけ。。。


特に心配なのが腐生ラン。
トラキチランは花がかなり早いようで、しかも状態があまり良くないとか。


今週末は重要な種の撮影が控えているので、
お天道様、たまには雨も下さ~い。m(_ _)m







テーマ:太陽光発電 - ジャンル:ライフ

23 : 49 : 30 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

PCゴタゴタなど

6/19~20で2日間の慌ただしい北海道、道東取材。


その後帰ると、なんとメインのデスクトップPCが超調子が悪く、
なかなか起動せず。

SAFEモードで、システムの復元やスタートアップ修復を試みるも
なかなかうまくいかず。





メインのPCは
2009年2月に導入 BTOで
・Core i7 940 +ASUS P6T Deluxマザーボード

2010年からWin7 Ultimate 64bitの環境でした。

HDDは購入直後は1+1の計2TBだったものの、
デジタル画像データがどんどん増えるにつれて1.5TB、2TBを追加。

それだけでは足りなくなるとUSB3.0の外付けHDD2TBが3台分。




さすがに、3年少しでPC入れ替えるほどの余裕もなく(^^;)
あと2年ほどはなんとか頑張ってもらいたいと考えました。



起動ディスクのHDDは駆動時間も長いことから、安全面から
この際、HDD交換の再インストールをすることに。


「う~ん、よりによってこのあちこちの山に飛び回る忙しい時期に~」

この手の作業は通常、割と時間に余裕が生まれる冬季に行うのですが、
今回はなかば強制的。


ところが、急遽購入に走ったHDDもどうも調子が思わしくなく、
またまた起動しなかったりと、購入したパソコン工房に筐体を持って行くと


HDDが初期不良らしく、交換に。
この際、再インストールを兼ねて、検査預かりに。


もちろん、この間すべての仕事には大きな支障が出ていました。(T_T)


さて、PCケースが帰ってきてもすぐ万々歳ではありません。


数多くのソフトの再インストール、メールのデータ移行、
再設定、仕事関連のデータの移行作業。



120703_pc3.jpg

HDDは1+1+1.5TBの3台を外し、2+3TBの2台に交換

これでCドライブも余裕が生まれ、データ用の内蔵3TBにより、
ハードディスクの台数も減ることから、高温も緩和され、多少省エネに?


全てのソフトは難しいけど
Photoshop lightroom は3から4にアップグレード
Adobe Creative Suite Design Premium も3から6にアップグレードしました。


しかし
特にやっかいなのはRAW現像ソフトのPhotoshop Lightroom です。

膨大な数のデータのカタログ登録には時間がかかり、
現像パラメータの引き継ぎがうまくいかず。。。。



この後モニターキャリブレーション、プリンターのカラーマッチングも設置し直し
など結構な作業になりそう。。。


まあ今は、安定したPC環境あってこその仕事なのだなあと、改めて実感しました。








19 : 09 : 15 | 身の回りあれこれ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

kaz-arai

Author:kaz-arai
山岳、植物、自然科学、環境系の各種媒体を中心に、撮影、執筆をはじめ広く活動しています。
多摩丘陵の自然豊かな里山に住んでいます。
HP「新井和也フォトギャラリー」では作品を始め、出版物や機材装備インプレッションなども行っています。是非いらしてくださいね。

最新情報はFaceBookでも発信しています。ご気軽に申請どうぞ。

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

Amazon商品一覧【カテゴリ別】

オススメ新刊本

最近のトラックバック

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。